工芸博物館 コペンハーゲン

2009.05.21.
コペンハーゲンにあるKunstindustrimuseet工芸博物館、英語では The Danish Museum of Art & Design なんて、かっこよく表記されている)。 その名のとおり、工芸品を始め、産業デザイン関係のものが展示されています。 (水曜が無料入館日!)

kunstindustrim1.jpg

1926年から博物館として使われているロココ様式の建物は、1752-57年のFrederik V 王の時代に建てられ、以前は病院だったそう。 このような古い建物だと、広々として落ち着いている上に、建築物自体も満喫できますね。

kunstindustrim2.jpg

カフェもある中庭を囲んで4棟になっているので、ぐるっと周るように歩いて鑑賞していきます。 近代の産業デザインから始まって、年代を遡り家具や工芸品等が展示され、2階に行くと陶器や食器が陳列された部屋があり、また刺繍やテキスタイルのコレクションの部屋があり、中国、そして日本のコーナーもあります。

日本の部屋に何が展示されていたかというと、酒樽とか・・・ 圧巻だったのは、日本刀の鍔(つば)のコレクション。 部屋の片隅の引き出しに、莫大な数が収められているのです。 (引き出しを開け鑑賞できるようになっているんだけど、とても全部見切れません。) 元は個人のコレクションで博物館に寄贈されたそう。

それより夫が喜び興奮したことには、最後の部屋に、大好きなドラえもんがいた! 現代のものが展示されてあるショーケースのひとつに、日本の漫画や携帯電話、そしてキティちゃんと並んでドラえもんのお面やぬいぐるみも展示されていたのでした。 知名度や人気はキティちゃんにまだ及ばずも、世界に羽ばたいてくれ、我らがドラえもん!

ドラえもんは置いといて・・・ それより私が感動したのは、現在行われている企画展。 デンマーク人画家 Lorenz Frølich (1820-1908) の生涯に渡る作品を一堂に展示したもの。 (開催期間:2009年5月8日~8月30日)

kunstindustrim3.jpg

フランス時代の子供向けの絵本や、北欧神話や歴史をモチーフにしたイラストなど、繊細な画風は私好み。 イラストレーター、デザイナーとしても活躍し、当時アンデルセンのお話に挿絵も描いたとか。 彼のデザインした家具や、彼の絵をモチーフにしたタペストリー等なども、全て見ごたえありました。

Kunstindustrimuseet は、Kongens Nytorv から Bredgate という通りを、人魚姫がいる Kastellet 方面へ歩いて行くとあるのですが、途中信号待ちしていたら、ラッパや太鼓の音が聞こえてきて・・・

gardet1.jpg

デンマーク女王の衛兵 Den Kongelige Livgarde の交代の時間でした。 この通りには女王の居城のひとつ Amalienborg城 があり、そこから出て来たのですね。 (思いがけず見れてラッキー♪)

gardet2.jpg

衛兵隊は Amalienborg城の前にある教会の方へ歩いて行きました。

さて、この通りには、もうひとつ私のお目当ての場所があるので、そちらへ向いましょう。 (そこはどこかというと → Mormors コペンハーゲンのカフェ
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
ANTさんへ
コペンハーゲンはアンデルセンが住んでいた頃の街並みが残っていて、とても美しいですね。 でも、郊外に行くとNZの田舎と大して変わりないかも・・・?
きれいな街並み
とても美しい街並みですね。一度ゆっくり歩いてみたいです。私はNZの田舎町(人口3000人ほど)にすんでいるので、2階建て以上の建物がありません。牧畜、ワインブドウ畑と、果樹園ばかりです。
Gunvaldさんへ
アメリカの刑事(ドラマ)もの、昔はずいぶん日本でも放映されてたのですね。 私は女の子だったから♪見てないな~。 こちらスウェーデンのテレビでは、イギリスの刑事ものをよく放映していますが、どちらかというと年配の人たちが好んでみていますね。 アメリカのドラマは若者向けばっかりだけど、イギリスものは派手さはないが人間味があるからのよう。 
子供の頃は、外国=アメリカだったような気がします。

ところで、「軍人さんのこめかみに指先をつける敬礼の起源」。 Gunvaldさんのコメントを拝読し、早速夫に「ねぇ、知ってる? 知ってた?」と聞いたらニヤニヤして「知らない」と言うので、かくかくしかじかと教えてあげてるのに笑ってるんですよ。 だから「本当だよ、Gunvaldさんがおっしゃったの」と言ったら、爆笑してた。 (どうでもいいことを真面目にさも重要そうに話すのが可笑しいうえ、ネタ元がGunvaldさんというのが、また・・・)
プリンさんへ
日本より一足遅く、菜の花開花中です♪
私も、鉛の兵隊を思わずにはいられませんでしたよ~。
実際その地で見ると、感慨深いものがありますね。
アメリカのドラマ
多分「マッハ Go,Go,Go」の頃ですともっと古くて、
「アダム12」http://www.youtube.com/watch?v=9Z1LK4HU6t4
「鬼警部アイアンサイド」http://www.youtube.com/watch?v=zNS0u6USBT8
とかの時代だったのではなかったなぁ(遠い目)。アダム12はパトカーがお目当てだったのだろうけれど、アイアンサイドは子供の自分にとって何が面白かったのかは今や謎です。
もう少し後になると
「刑事コジャック」http://www.youtube.com/watch?v=KcptnoEL5fo
「ドクター刑事クインシー」http://www.youtube.com/watch?v=08cXyrDewlQ
「ロックフォード氏の事件メモ」http://www.youtube.com/watch?v=9C8EUrtEhfM
等がありました。
子供の頃にこんなに多くのアメリカが身近にあったにもかかわらず未だに行ったことはありません。

瑞典の儀仗兵は毛皮の帽子ではなく古風な鉄兜を被っていました。青を基調としたユニフォームが格好良いのですよね。
そうそう、軍人さんのこめかみに指先をつける敬礼の起源をご存知ですか?あれは西洋甲冑の兜の眼を覆っている庇を上げて顔を見せるのが始まりだそうです。
以上、知っててもこの先余り役にたちそうに無いミニ情報でした。
すっかりご無沙汰で、申し訳ありません。
黄色一面のお花畑に癒され中です(*^_^*)

刀の鍔のコレクションなんて、渋くていいですね。
現代のものも展示してくれているのが、また嬉しい^^

この衛兵さんを見ると、おもちゃの兵隊のお話が書かれたのが
よ~くわかります。やっぱり、百聞は一見にしかずですね♪
かおにゃんたさんへ
私も、スウェーデンの兵隊さんは見たことがありません。 ストックホルムには1,2回しか行ったことない(笑)。
デンマークでは、『クレヨンしんちゃん』を放映してましたよねー。 デンマーク語を喋るしんちゃん、それだけで笑えた。
リンクの件、ありがとうございます! 早速貼らせていただきます♪
tulpさんへ 衛兵
わざわざ調べてくださり、ありがとう~。
意外や意外、ないのですね、オランダには!
でも今や交代式って、観光アトラクションでしかないですもんね。 必要ないといえば、必要ないですよね。

ぜひっ、こちらへ遊びにいらしてください。 案内しまーす! 私もオランダは、大都市から小さな町まで、いろいろ見てみたい国。 しかし実現は・・・・
お互い、いつか必ず・・・
こんにちは。
私は今まで兵隊さんの交代を見たことがありません。ってそれほどコペンに行かないし、宮殿にもいかないんで、当たり前ですが・・・(笑
休暇中のオーフスのお城ではちらっとバスのなかから目撃したことがあります。

ドラゴンボール、キティに続きドラえもんも北欧のこどもに受け入れられるかしら・・・(苦笑)

メールありがとうございました。
もちろん、もちろんリンクOKです。私はもうつけさせていただきました。


後ほどメールしますね~♪
再びこんにちは(^^)

オランダ、やっぱり衛兵の交代なさそうです~。
インターネットでちょろっと検索したら
いくつかの宮殿で衛兵の交代式をしたらどうかという提案がでているなんて記事は何件かでてきましたが・・・。
その後どうなったんでしょう(笑)

かわいいドラえもんの遊びにおいでよ!なんて言われたらいきたくなっちゃう~~~。
いつかスウェーデン南部&コペンハーゲンを回りたいなあと思っているのですが、実現までまだしばらくかかりそうです(><)
tulpさんへ
「ぼくドラえもん。 遊びにおいでよ!」って、ショーケースの中の色褪せたドラえもんが言ってますよ♪
ここのカフェは日本の雑誌でも紹介されるほど素敵なのですが、今回は別のカフェでお茶する予定だったので見学だけ。 (それに、高いのよね、やっぱり・・・)
北欧ではスウェーデン、ノルウェー、デンマークと、王室がある国ではどこも衛兵隊及び交代式があるんですよ。 私も、オランダはどうなんだろう?と思っていたとこ。 あるのかなぁ?
Gunvaldさんへ
インダストリアル・デザインがお好きなら、ぴったりの博物館です。 自国デンマーク及び北欧の作家や企業の近代作品も展示されていますよ。 何があったか全部覚えていませんが・・・ いろいろ知っていたらもっと興味深く楽しめるはず。 

> 確かマルメには産業技術博物館がありませんでしたっけ?
マルメ博物館の一部として、別館であったように思います。 あのお城の周辺に。 実物のUボートがあった棟だったかしら。  

私、オスロでノルウェーの儀仗兵交代式も見ましたが、スウェーデンのは見たことないのです!

お互い外国のものに、自国にはないものを感じ、惹かれるんでしょうか。 アメリカの警察ドラマっていうと、『刑事コロンボ』とか!?
面白そうな博物館!ドラえもんに会いに行きたーい(^^)
庭園のカフェでちょっと休憩しながら博物館見学いいですね♪
デンマークでも衛兵隊の交代式あるんですね。
ん?!そういえばオランダはどうなんだろう??
今まで聞いたことないけどなあ・・・・・。田舎住まいだから(笑)?


めたるさんへ
キティちゃんグッズは、いろいろ目にすることが多いです。 でもドラえもんだって充分かわいい~(と、夫が萌えている)。 一家に一人、旦那いらないから、ドラえもんがいたらなぁ・・・
さすが博物館フェチのめたるさんのお言葉!
アリスさんへ
日本昔話と並んで世界の御伽噺や童話も、本やアニメでありましたよね。 そこで欠かせなかったのはアンデルセンとかグリムとか、ヨーロッパのものが主流だったような。 子供の頃読んだ外国のお話や絵本は、夢と同時に憧れも与えてくれました。

私も、アリスさんのブログで、野鳥とか砂丘(サンドヒル)とか嵐(ジャニーズではない)とかに、親しみを覚えるようになりました(笑)。
あるんですね、菜の花畑!
しかしアメリカではサラダオイルは主流じゃなかったのね!? そういうスウェーデンも、伝統的に植物油はなく、動物性の脂やバターのみだったそう。 義母も、以前は料理で植物油を使うことがなかったそう。 (炒め物や揚げ物も伝統料理にはないしねー。) やはり健康上の問題と、外国のレシピも広がったため、植物油が一般的に使われるようになったようです。
Setteさんへ
夏には中庭でお芝居も上映されるとか。
この日、良い天気でした~♪
LINDA☆さんへ
ああ、またLINDAちゃんを泣かせてしまったわ。
ごめんね。

> ワタシがちびっこの時に、かの地に送った
> ドラえもんや「○○の秘密」シリーズ(犬のとか、宇宙のとか)
> 父の親友の娘の手に引き継がれ、
> 今やその子供たちに引き継がれ…

そして、いつの日か博物館に展示されるのでした。
秘密シリーズは、懐かしいなぁ。
儀仗兵の交代式
私は絵画や彫刻よりもインダストリアル・デザインとかが好きなのですよね。B&OのオーディオとかSTELTONのテーブルウェアの様な近代の作品も展示されているのでしょうか?
確かマルメには産業技術博物館がありませんでしたっけ?あそこもL.M.エリクソンの電話や飛行機が展示されていて楽しかったです。

北欧旅行中にノルウェーとスウェーデンの儀仗兵の交代式は見たのですがデンマークのは見逃したなぁ、残念。スウェーデンの交代式は軍楽隊が流行の曲を演奏したりして見せることにも重点を置いているような感じがしました。

アメリカ人は”マッハGo、Go、Go”が好きらしいです。実写版映画や実車を造ったりして楽しんでいるそうです。当時の日本の子供だった私はアメリカの警察ドラマやコンバットを喜んで観ていたので不思議な感じです。
ドラえもん
 ほ~。世界的にはドラえもんよりキティちゃんのほうが人気があるのですね。まあ、可愛らしさでいったらキティちゃんだけど、いたら便利なのはドラえもんだと思うのですが・・。
 それにしても博物館というのは何かしらの発見がありますよね。
デンマークはいつか旅行で行ってみたいなぁというぐらいにしか考えたことがなかったのですが、Chakyさんのブログで親しみを覚えるようになりました。
子供のころに夢を与えてくれた絵本はなぜか全てヨーロッパのものでした。日本昔話も好きだったけど(笑)。絵本と言えば私が子供のころは外国作家のものが多かったと思うんです。その画家は知らなかったのですが、どこかで目にしているかもしれませんね。

1週間の予定でサンドヒルに出かけたのですが、ストームが来たので予定を短縮して戻ってきてしまいました。中西部の街中にいるよりはサンドヒルの方がいいかもしれません。。。
菜の花畑、ちらほらと見かけたんです!こちらはこれから2週間後ぐらいに満開になるみたい。やっぱり北欧より寒い?!
Canola(菜の花でしたよね?)オイルは健康志向で最近でこそ見かけるようになったのですが、ちょっと前まではサラダオイル自体主流じゃなくて、あっても合成の安いものだったような気がします。
レストランのフライ物などは、安くて長持ちするショートニングかラードだと聞いた事があります。
わぁ
中庭もいい感じですね。
衛兵の交代、キレイにそろってる~!空の青もきれい♪
こんばん(にち)は~ヽ(*´з`*)ノ

うううう⇒⇒⇒(゚Д゚;;;)⇒⇒⇒ッッ!!!

やられました…

懐かしすぎます。(泣)

宮殿周辺!
黒い服の衛兵さん( ̄― ̄°)ぐすっ

ワタシがちびっこの時に、かの地に送った
ドラえもんや「○○の秘密」シリーズ(犬のとか、宇宙のとか)
父の親友の娘の手に引き継がれ、
今やその子供たちに引き継がれ…

藤子F先生は不滅です!

管理者にだけ表示を許可する