家族の肖像

2009.05.11.
アッケに触発されたわけではないが、ちょっと気になっていたとこなど片付けてたら、「これ、どうする?」と、夫が戸棚の奥から取り出した箱、から出てきたのは、mormor (母方の祖母)が持っていた額入の写真の数々。 

スウェーデン人(に限らずだと思うが)は、家族の写真を室内によく飾ります。 特にお年寄りになると、自分の親兄弟、子供や孫達、ご先祖様・・・自分に関る身内の写真が、壁いっぱいに飾ってある。

Mormor の部屋の壁にあった、そんな写真のいくつかを、夫は形見分けで貰ったのでした。 しかし、そのまま箱に収められ何年も眠ってて・・・ 私は、その存在すら知らなかった!

新聞紙に包まれていたのを、ひとつひとつ開けていくと、mormor 達の結婚式の写真があるじゃない! 「あ、これは mormor の寝室に掛けてあった」って、そんな大事なものを、なんでアンタが持っているの!?

mormorfoto1.jpg

系統だって並べてみました。 中心を(夫の母方の)祖父母の結婚式にして、下に mormor 50歳の誕生日の写真を置き、右側に祖父の祖父母たちと両親。 左側が祖母の祖父母たちと両親や兄弟。 

祖父母の祖父母って・・・ つまり夫から5世代前かぁ。 

額の裏に、mormor の手により説明が書いてあるので、いつの写真か、誰だか分かります。

mormorfoto2.jpg

例えば(以下、名前等の部分はイニシャル)、
「これは
Oの母方の祖母、S城で料理人をしてた、そしてOの母方の祖父は御者だった。
Oの母方の祖母の名は K O で、旧姓は P。
Oの母方の祖父の名は P O。」

「これは
私(E)の父方の祖父と祖母、S地方のA出身。
彼の名前は*Sで鍛冶屋だった、彼女の名前はJ N、1839年2月20日生まれ、1925年1月16日没。
*S A (注:赤字でフルネームが付け加えられている)1835年7月11日生まれ、1923年1月20日没」

当時にしては、かなり長生きですねー。 (Mormor側の親族は、皆長寿で、90歳でもしゃきしゃきした人が多かったらしい。)

なかに、とっても立派な額縁がありました。 「ずいぶん豪華だねー、これ」。 「博物館で不要になったものを貰ったんじゃないかな」。 (Morfar=母方の祖父は、博物館の管理人をしていた。)

mormorfoto3.jpg

そうよねー、写真用の額縁じゃあないですよね、これ。 美術館で絵画が入れてある額っぽい。 

さて、これらの写真をどうしたものか。 義母に聞いてみると、両親の結婚式の写真は欲しいとのこと。 他は義母もコピーを持っている写真が多いので、私達がこのまま保持することに。 

ちょうど壁の絵なども替えていたとこだったので、家族の肖像を、ベットルームの壁に飾ってみようかしら。 アンティークな趣(?)になるかも。

「でも、知らないご先祖が写った古い写真なんて飾って怖くないの?」と夫は心配そうに聞くが、うーん、外国人だから怖くない。 (日本のお化けは心理的にとっても怖い~。)
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
らくだのせなかさんへ
素敵だと言ってくださり、ありがとうございます♪
写真が一般的になる前は『肖像画』ですねー。 でも肖像画を描いてもらえるほどのご先祖様は、相当立派な方ですよね。
30代前! 28の墓石! 素晴らしいです。 写真じゃなくても、大切にしたい家族の歴史です。 そういえば、欧州(地域や宗派にもよりますが)では、「写真付の墓石」って見ませんか!?
素敵だなあ
夫の実家はそうでもないけれど、以前ホームステイしたオーストリア人家庭では、ナポレオンのモスクワ遠征で功績を挙げたご先祖様の『肖像画』まで飾ってありました。こういうのをみると、家族の歴史を大切にしているんだなとつくづく思います。

そういえば、日本の父の実家のお墓には、「先祖代々」の墓石と並んで、30代くらい前までさかのぼって、28ほどの墓石が残っています。中には、消えそうな字だけど「享保O年」なんて書いてあって、これも歴史を感じさせます。(なんでもない、百姓の家柄なのですが。)
でも、できれば、肖像画や写真の方が、墓石よりもいいなあ。
ゆたさくさんへ
わざわざお越しくださり、ありがとうございます! 嬉しいです♪

スウェーデンは憧れを抱きやすい国ですが、住んでみるとたいしたことありません。 バルト三国とは地理的に近いためか、古い伝統や民芸、自然や食べ物などに、リトアニアとスウェーデンには幾つかの共通点が見られるんですよ。 下に書いた記事のような乳飲料、リトアニアにもありませんか? 「ヨーグルトのようだけどヨーグルトじゃない」って親友家族が飲んでたんだけど・・・ (当時はビニールパックに入っていて、それを立てていれる専門の容器もあって、不思議だったです。)

離婚が多いイメージがあるスウェーデンですが、けっこう家系を大切にする面もあるんですよ。
さっそく遊びに来させていただきました♪

家族写真、貴重ですね~!随分古いものですよね。
5世代前の方々の写真がきちんと保管されているなんて、家系をとても大切にするお国柄なのでしょうか。

スウェーデンには勝手に憧れを抱いていますが、実は国のことは何も知りません。先のアッケさんの記事も拝見しましたが、抱いていたイメージと若干のずれを感じましたが(^^;、それはそれで、興味深いです。
これからも、ちょくちょく遊びに来させていただきます♪
naconaさん
そうですね、この方々のDNAを受けているんですねー、この人(夫)は。
私も、ベンチに腰掛けている夫婦写真を見てると、ホンワカします。 そう言ってくださり、うれしいです♪

naconaさんスリランカのご実家では、きれいに沢山飾られていそうですね! 壁に掛かっている写真の数々には、その家の家族史が凝縮されているようで、本当に興味深いです。 でも、自分たちの写真を見るのは・・・ やっぱり恥ずかしいですよね☆
余談ですが、タイ出身の友人の家にいったら、ご自身の結婚式の写真がポスター並の大きさで額に入れられ応接間に飾られてあり、しかも、その額にはライトまで付いていました・・・
Gunvaldさんへ
こっちには額縁屋さんもあり、額縁にも凝りますね。 (制服を着ているのは軍人さんです。)

Gunvaldさんのお仏壇の描写を読んでいましたら、なんだか確かに不思議じみていると思ってしまいました(笑) でも、うちのは、「日本では、こうなんだ」とそのまま受け止め、手を合わせていますよ。 どちらかというと、このような伝統は良いものだと思っているようで、私も、そうかぁ、尊いものなんだなぁと、日本再発見!
LINDAちゃんへ
おお、もしかして、そのTHEご先祖様写真は家宝として、いがらしゆみこ先生のキャンディ・キャンディの横に飾ってある!?
本当に大切なものだと思います。
が、売りに出されている場合も、ありますね~! (この場合、どうしたらよいのだろう・・・)
ウェディングドレスや結婚式のポーズなど、流行があるでしょうね。 
sarahoctavianさんへ
1枚の写真ながら、多くを語ってきますよね。 義母は子供の頃から、写真をきれいにアルバムにまとめてあるのですが、そのイトコたちは親戚も含めてのファミリーツリーみたいなのを作成している模様。 
パソコンやCDは便利だけど、壊れちゃったらそれまで~という危険性も。 やはりアナログな家族史を残しておいたら、子孫にも感謝される?
tulpさんへ
昔の写真って、趣があり良い感じですよね。 インテリアとして飾りたくなります。 でも、やっぱりちょっと不思議な感じも・・・ いや、ここで会ったのも何かの縁!
アリスさんへ
日本だと、江戸時代末期かな~。 写真が普及し始めた頃なのかも。
北欧人はデカいといっても、昔の人はやはり小さいですよね。 今でも私より背が低い人たちも、いますよ。 でも、体格がまったく違うのよね。

そうだね~、地図を知らなかったら運転できても、どこ走っているのか分からないと大変かも・・・ そんなショックなことがあったのね・・・
Setteさんへ
丁寧な説明が書いてあり助かりました。 (マメだな~と感心。) この楕円形に入っていると、中の人物もステキに見える♪
5世代の写真がこんなにきれいに残っているなんて・・・!!
こうやってご主人が生を受けたんですものね☆
ご夫婦で仲良くベンチに座っていらっしゃる写真なんてほんわかします~☆

スリランカでも実家には写真が沢山飾られています☆
結婚式の写真はもちろん、大学卒業式、亡くなられた方々・・・・
日本ではあまり見ない風習(?)で知り合いの家で見ると新鮮で楽しいのですが
自分たちのはちょっと・・・・恥ずかしくてあまり飾りたくないと思ってしまいます・・
日本のお仏壇
結婚式と制服を着た(軍人さん、警察官?)大きな写真は額縁の細工が凝っていますね。

ふと思ったのですがChakyさんの旦那さんは日本のお仏壇のことはどう感じているのでしょうかね?
何やら箱の中で蝋燭に火を灯して変な臭いのする小枝から煙が出て、小さな鐘を鳴らして字が書いてある板を拝んでいる姿は何の事情も知らない人が見たら結構引く場面の様な気がします。
ワタシん家も!
こんにちはChakyさん(^-^)

ワタシん家にもあります!
ファーモアが亡くなった時に
もらってきた
親族の写真が
(ひい爺ちゃんひい婆ちゃんまで)
色々入った大きな額縁!
THEご先祖様です(*^_^*)

ルーツですから
ありがたく毎日見えるところに飾ってます。

なぜか
向こうのアンティックショップ行くと
額縁にIN THE ご先祖様のままの
ものが売ってたりしますよね(汗)

ウェディングドレスのお写真
見覚えある感じ。
当時の流行なんでしょうね。きっと。




ご先祖様の写真を見るの好きです。その当時の髪型や服装に始まって、彼らの人間関係や職業・時代精神まで伝わってきますよね。撮った写真はパソコンやCDに保存する今の世の中ゆえ、一層貴重なものに思えます。私の義母もせっせと昔の写真を集めて家族史を作ってるわ。実家の両親にも勧めてます。もうつながりのない親戚関係とか、私たちの代ではどうしようもないもんでね。
5世代前のご先祖さまから写真が残っているだなんて
とても貴重なのでは?!

額も素敵だし、当時の写真の落ち着いた色
なかなかいい雰囲気をかもし出しそうですね。
ご先祖さまとはいえ直接あったことのない方々
不思議な感じといえば不思議ですよね(笑)


すごいねー。5世代前というと日本で言えば何時代でしょう。。。
写真があるのね。
どこの国の人も昔の人は今の人より小さい気がしませんか?
大切にしないとね!

今日は運転免許の試験を受けたのだけど、実技、見事に落ちました。。。考えてみれば街を知らないと受からないと思う。
早く済ませたかったからすごくショックです。は~~~。
写真
ただの写真じゃなくて、説明まであると、分かりやすいですね。丸い写真入れとか、かわいい。

管理者にだけ表示を許可する