スウェーデンヨーグルト Filmjölk

2009.05.07.
朝食や間食に、Müsli (ミィースリー。 ミューズリーのこと、シリアルみたいなもの)をよく食べますが、Filmjölk (フィールミョルク)をかけることが多いです。

fil1.jpg

Filmjölk は、ヨーグルトみたいなものですが、スウェーデンではヨーグルト (Yoghurt)フィール (fil) は厳密に区別されています。 見た目は、まるっきりヨーグルト。 味は、ヨーグルトのような酸味がないかな。 ヨーグルトとは製造過程(発酵の温度や期間)が違うため、含まれるバクテリアが異なっています。

スウェーデンにヨーグルトが入ってきたのは比較的新しく、伝統的に食されていたのは、このフィール。 だから年配の人はヨーグルトよりフィールを食べるけど、外国人は好んで食べないかも(例:ドイツ人の義父)。

それに、体に合わない場合もあるらしい。 夫が小学生の頃、インドからやって来た転校生が、給食のときヨーグルトだと思ってフィールを口にしたら、その場で即トイレへ駆け込むはめになったとか。 未知のバクテリアって、怖い!

私は食べても何ともないので、ヨーグルトもフィールも好きですが(フィールの方が、ちょっと値段が安めなのよね)。

動物の乳を飲む文化のある国では、その地域独自の発酵させた乳飲料なるものがありますね。 日本でも話題になっていたケフィア(ケフィール、ヨーグルトきのこ)とか。

そしたらスウェーデンにも、「ザ・ロシアン・フィール」と称して Kefir があった。 (今のパッケージはかわいいイラストだけど、昔は色褪せたクレムリンの写真が印刷してあり、いかにもソ連ぽかったとか・・・) 

fil2.jpg

しかも驚いたことに、「日本のフィール」なるものもあったのです! ロシアの横に。 その名も、ONAKA。 「穏」という字まで・・・ (立ち止まり、しばし考えてしまうパッケージ。 ロシア人もザ・ロシアン・フィールの前で考え込むのだろうか・・・)

fil3.jpg

こちらも新商品と言うわけはなく、15年前から存在しているそうですが、何故「日本のフィール」かというと、生きたビフィズス菌が入っているから。 裏にはお決まりの、ゲイシャっぽい女性の絵。

fil4.jpg

ビフィズス菌と日本の関係がよく分からないんだけど、説明によると、日本ではビフィズス菌はお腹に良いので人気があるとのこと。 確かに、ビフィズス菌ヨーグルトって名を打っている製品が多くありますね。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
にゃんこねんさんへ
郷土愛が深いのですよね。 うちも地元原産品を率先して買っていましたが、L○dlが進出してからは、安いLi○l商品ばかり買うようになりました。

手製の新鮮なライノット! (混じりけなし?) 濃厚なんだろうなぁ。
だって、スウェーデンの牛乳とか脂肪分が3%までですもんね。
日本で無調整のうしの乳を飲んだら、味がスウェーデンのものとまったく違った!
この国の人たちは、なんで不味いものばかり・・・
おらは食えません
うちのノルランド人 口に入れる物は可能な限り ノルランドな会社のばかりを買ってます
勿論 このフィルもですが あたしにゃ どれも同じに感じるんですが…

世帯主の実家近辺 すんごいド田舎で 彼の幼馴染みが 今も酪農やってるんですよ
で そこから 手製のフィルを分けて貰うこともあります

Chakyさん家では 逆にスコーネ特産限定なのかな?

あだす 牛さんの乳から作る物 全部嫌いなので食えません
 
ちなみにですが 我が家ではこれを ライノットと呼んでいます
(何のことか わかりますよね?)
ただ単に あたしがこの白い物体の名前を間違って覚えただけですが

あぁ 久々に日本のうしさんのおっぱい飲みたいです! 
sueさんへ
海外の日本を意識させるようなパッケージって、実際の日本とは程遠い、ほとんどファンタジーの世界ですよね(苦笑)
今日の日本人は色々な乳製品を食べ慣れているから、多分大丈夫なんだろうけど・・・ こっちにいらっしゃることがありましたら、ぜひお試しあれ♪
karinさんへ
コメントありがとうございます。
また情報満載のサイトのご紹介やリンクなど、その節はありがとうございました。

最初はヨーグルトとしか思えないのにヨーグルトではないという fil の存在や、その種類の多さに戸惑いますよね。 でも最近は、fil の方が好きで、私も色々な種類を試したりしてます。 a-fil は腸に優しい、これまた特別なバクテリアが入っているとか。 
chakyさんこんばんは!
スウェーデンヨーグルトのパッケージが可愛いですね♪♪
海外の日本を意識させるようなパッケージってたいてい???と思わせるものや日本を強調させすぎのものが多いですよね~(笑)
それにしても、トイレに駆け込ませるフィール・・・食べてみたいようなみたくないような・・・
初めてコメントさせていただきます。
Karin兼スウェーデン生活の手引き管理人です。その節はお世話になりました。
このヨーグルト色々の記事素晴らしいです。私がスウェーデンに来て最初に疑問に思ったことにたいする答が色々。
最近はa-filというのが気に入っているのですが、あれも違うバクテリアなんでしょうね、、。
我が家はいまのところお腹が大丈夫そうです。
Gunvaldさんへ
「ONAKA」ってありがちなネーミングなので、豆腐もありそうですね。
「カスピ海ヨーグルト」ってケフィアのことだったとは! まったく別物だと思ってました。 私は、その名からカスピ海の塩か何かを使ってるのかと・・・ (Gunvaldさんに教えていただいて、よかった!)

>賞味期限らしき表示にはその日の日付が印字されていました。
もしかして、年が違ったんじゃないですか? ヨーグルトになっていた牛乳・・・ イタリアならありうる、と思ってしまうのは、「日本=ゲイシャ」といった固定観念と同じか!?

壜に入った硬いヨーグルト、好きでした♪

フィンランドの「東郷元ビール伝説」ですね! 今でも存在するのでしょうか?
イタリアのヨーグルト?
以前どこかで「ONAKA」というブランドの豆腐が売られているというのを見たか聞いたか読んだかしたのですけれどこれのことなのでしょうかね?
日本で流行ったケフィアというのは「カスピ海ヨーグルト」とかいう名前でもてはやされた食べ物ですね。

イタリアに滞在していたときにパック入りの牛乳を買いました。(イタリア語のできる人に付き合って貰ったし、パックには確かにイタリア語で”牛乳”と書かれていました)
部屋に帰ってから飲もうとして口を開けて逆さにすると「ん、出てこない?」
どうなってるんだと思い、中を覗き込むと見事にヨーグルト(それも子供の頃に食べた壜に入った硬いヤツ)になっていました。賞味期限らしき表示にはその日の日付が印字されていました。
興味はありましたが外国で大事になってもイヤだったので食べてもみずに捨ててしまいました。今から考えると一口ぐらい試してみるべきだったか。

フィンランドには東郷元帥のビールがありましたよね?
Mevrouwさんへ
ああ、やっぱりあるんですね、色々と。 そして地元民は食べ慣れた伝統的な味の方が好きですよね。 フィールにもバニラ風味やベリー入りがありますが、そのフラーはまたちょっと違ったものなのでしょうか? ヨーグルトは「体にいい」けど、脂肪分と糖分を忘れがちー。 (←考えないようにして、おいしくいただいてますが。)
tulpさんへ
スウェーデン人が ONAKA と発音しても、全然かわいくない(笑・泣)
スウェーデン語特有の長母音とか高低のメロディやアクセントがついて、その響きはおぞましいー。 (「ウゥーナァカ」って感じかな・・・)

裏の説明には「ONAKAとは日本語で胃のことである」とか、ビフィズス菌についてとか、日本人の食に対する知恵みたいなことも書いてあったのですが、そうねぇ、ゲイシャじゃなくてフジヤマの絵でも、日本らしさはでますよね(笑・泣)
yukiさんへ
yukiさんは「おなか」をご存知なんですね! 私は、つい最近知ったのです。 (乳飲料は、普段このメーカーのものを買わないので。) だからパッケージもこれしか知らないんだけど、けっこう新装するので、以前は違ってのかも。
ヨーグルトきのこ、育ててたんだぁ。 どんな味? 
先日NZにいる夫の友人から電話があり、「もう海水浴できるのも今日が最後だよ」と言ってたそうで、「こっちはこれから夏になるのにねー」と、お互いすごく不思議な感覚になっちゃったって。
sarahoctavianさんへ
迷いますよね~、スーパーの乳製品売り場。 私、今でも、半分ぐらい分からないし、買ったこともないですよ。 
フィルミョルクはButtermilchとは、またちょっと違うみたい。 何が違うのか・・・ その点私も分かりません。 ドイツでケーキによく使うチーズっぽいクリームっぽいヨーグルトっぽいの、ありますでしょ? あれも、スウェーデンに似たようなのはあるけど、ドイツのとはちょっと異なるようで、乳製品って国によって微妙に異なるものなんですね。

> 日本の健康ドリンクといえば、ヤクルトがすっかり定着しましたね。
ドイツのスーパーには置いてありますよね。 でも、北欧にはまだ進出してないんですよ、ヤクルト! 

> 私は昔ヤクルトと牛乳のミックスみたいな飲み物が割りと好きでしたぁ。
「ジョア」じゃない? 私も、ヤクルトちょっと甘過ぎて、ジョアの方が好きだったなー。 それとも、「マミー」とかいう飲み物もあったような。
めたるさんへ
やはり人間は、先祖代々生まれ育った土地の食べ物を食べているのが、一番健康だと思います。 日本のお年寄りは乳製品など取らなくても長生きしているし、こちらのお年寄りは野菜なんて食べなくても長生きしています。
アリスさんへ
ヨーグルトの酸味が苦手なアリスさんに、フィールはぴったりかも! 酸っぱくないですよ。 
調べてみたら、ビフィズス菌ってフランスで発見されたものなんですって。 そしてケフィアは、ロシアというか、コーカサスが起源だそう。
こっちでグリーク・ヨーグルトというと、脂肪分が10パーセント以上あり、料理用に使われることが多いけど・・・ 何故に健康派?
ANTさんへ
はじめまして。 コメントありがとうございます!
私は日本でケフィアを食べたことないのですが、こっちではブームというわけではなく、常に存在しているようです。 このスウェーデンのフィールも、昔は牛乳を常温でほっぽっといたら出来たようなのですが・・・ けっこう涼しくても発酵するものなのかな? 
Setteさんへ
「アメリカ=カウボーイ」という連想みたいなものなんでしょうかねぇ、「日本=ゲイシャ」って。 
フィンランド・スウェーデンには、ネーミングが「Geisha」というチョコレートがあるんだけど、Setteさんはご存知ですか? なんだってチョコにゲイシャなんて名付けるのか・・・???
乳製品
オランダも乳製品の種類が多くて制覇できません。多分フィールに似ているのはクワルクというもので、オランダ人は好きですね。ヴァニラやチョコ風味のフラーというものもあり、これは子供が好きなおやつ。 ヨーグルトは「体にいい」ような気がするので、心理的にも健康にいいんじゃないかと。
ケフィアのパッケージ、かわいいですね♪
「おなか」は・・・ある意味そのまんまの名前ですね(笑)
私はその響きをきいてかわいいなあと思うけど
スウェーデン人にとってはどうなんでしょ?

いい加減なんでもげいしゃではなく
もちょっとひねりが欲しいですね~。
富士山とか?(笑)

おなか
スウェーデンに行った時に発見して、可愛らしい名前だなって思ってました。
パッケージってこんなだったっけ?昔からこれですか?
ヨーグルトきのこ、懐かしい。うちも母と一緒に育てて食べてましたよ。
スウェーデンに夏がやってきますね。こっちはもう寒いです。
雨が降ったりやんだりしてます。
スウェーデンのスーパーで牛乳を買おうとすると、同じようなパッケージで見知らぬ名前の製品が何種類もあって悩んだのを思い出しました。フィルミョルクもたぶんその中に入ってたはず~。ドイツだとButtermilch?それとも?そのへんよく分かってないワタシでした(汗)。
日本の健康ドリンクといえば、ヤクルトがすっかり定着しましたね。私は昔ヤクルトと牛乳のミックスみたいな飲み物が割りと好きでしたぁ。牛乳屋さんが配達してくれてたんだけど・・・あれは何だったんだろう。あ~しかしお決まりのゲイシャは悲しいよね。何年経ってもやっぱりこれしかないんかい・・・。
長寿
 コーカサス地方(だと思った)のお年寄りが元気で長生きなのはヨーグルトのおかげとテレビでやっていました。
 かと思えば日本の医師で著書の中にヨーグルトを食べている人に腸の綺麗な人はいないという人もいて。
要するに人それぞれの体質に合わせてということなのでしょうか?
ヨーグルトの酸味が苦手なので、そのフィールとやら私の好みに合いそうです。ビフィズス菌って日本の物なんですね。そしてケフィアはロシアのものなんですね!よい勉強になりました。
確かに乳酸菌にもいろいろありますものね。
この辺りでは最近グリーク(ギリシャだと思う)ヨーグルトなるものが健康派に人気なようです。私はヨーグルトを牛乳で薄めてグラノラにかけてます。
ケフィア?
はじめまして。地球の反対からお邪魔します。ケフィアて、同量のミルクと混ぜて、常温でほっておくと菌が繁殖して全量ヨーグルトになると5年位前にはやったあれでしたよね。でも国によっては朝晩の気温差が激しく繁殖しにくいということも聞いたことがあります。
ゲイシャ・・・・・・
日本っていうと、やっぱりそういうイメージなんですかね。日本人の中で何人もいないと思うんですけど(笑) ケフィアは去年結構流行ったみたいですね(確かめてないけど・笑) や○やかなにかも、結構CMありましたしね~。

管理者にだけ表示を許可する