フィンランドとスウェーデン 200周年記念1kr硬貨

2009.04.19.
買い物をして受け取ったお釣りの中に、見慣れぬ模様の硬貨があり、ユーロでも混じっているのかと驚いたら、表は見慣れたスウェーデン国王 Carl XVI Gustaf の横顔。

myntfs1.jpg

でも裏側は、ライン模様。 目を凝らすと ”DEN UNDERBARA SAGAN OM ETT LAND PÅ ANDRA SIDAN HAFVET(海の向こう側にある国の素晴らしい物語) SVERIGE 1809-2009 FINLAND” と書いてあったので、スウェーデンとフィンランドが分割されて200年の記念硬貨であることが分かりました。 (この線は、両国の間にある海を表しているのね。 そういえば、郵便物に貼ってあった切手にも、この200周年記念があったっけ。)

2009年に造幣されるスウェーデンの1クローナ硬貨は、全てこのモチーフになるらしい。 

スウェーデンに住みン年になりますが、今までこのような一般に使われる記念コインを見たことなかった!

フィンランドは長いことスウェーデンの支配下にあり、両国間の絆や影響は強いものがあります。  (約300年前まではデンマークだったスウェーデンの南端は、地理的にも歴史的にもフィンランドをさほど身近に感じませんが。)

フィンランド国の歴史は複雑かつ悲劇的で、この200年前というのは、フィンランドがスウェーデンから独立し二つの国になったというわけではなく、ナポレオンによってフィンランドがスウェーデンからロシアに割譲されちゃった年。 

独立はロシア革命まで待たなくてはいけないが、1917年に独立を宣言しても、政情も経済も不安定、世界大戦も始まり、近隣の大国に翻弄される・・・

記念硬貨を眺めながら、そんなフィンランドの歴史に思いを馳せたのでした。

おまけ
myntfs2.jpg

スウェーデンの1kr硬貨の表側はスウェーデン国王の横顔ですが、よく見ると、若かりし横顔から、壮年以降になっている。 もっと古いものになると、前国王(左端のコインで現国王の祖父。 現国王の父親は王を継ぐことなく若くして事故で亡くなっている)の横顔もあります。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
LINDA☆さんへ
思い返してみると、日本の硬貨って、絵柄など全然変わってないような・・・
あ~、分かる「 ポッカの缶コーヒー」」ね!
微妙に変わってるんですね~。

デンマークのコインは、記念硬貨じゃなくても、ハートが付いてたり、穴が開いてたり(一瞬、色や形が50円玉かと錯覚しちゃう!)して、可愛いから大好き。 スウェーデンの味気ないコインに比べ、羨ましいな~と思うんだけど、コインの数が多くて、ちょっと大変でもある。

私も、普通に使える10kr硬貨で、アンデルセン生誕記念のを手にしたことあります!

> でも、今年度製造分は
> すべてこの硬貨になるってのがすごいですね。

でも、製造する数は少ないから。
こんばんは
本当だ!
1クローネ硬貨の国王陛下の顔が変わってる!
日本のコインもこういう遊びがあったら面白いのに。

なぜか、ポッカの缶コーヒーに
描かれている男性の顔思いだしました。
アレも、時代に合わせて微妙に顔変わってるんですよね。

デン国の記念硬貨なら
父や友人から頂いたもの何枚か持ってるんですけどね。
女王陛下や、帆船モチーフの。
確か20DKの。普通に使えるみたいでしたけど。

でも、今年度製造分は
すべてこの硬貨になるってのがすごいですね。


tulpさんへ
ちょっとお役に立てて、嬉しいです。
それよりも・・・
tulpさん、ハノイ・ロックス聴いていらしたなんて~~! 驚きの事実~(喜) 日本で人気の高かった全盛期の頃!? ハノイ・ロックスって、フィンランドのバンドだったんですよー。 マイケル・モンローとかアンディ・マッコイは芸名で、本名はしっかりフィンランド系の名前。
あ~、ハノイ聴きたくなってしまった(笑)
sueさんへ
sueさんは日本の歴史に強そうですね! でも国外の、マイナーな国の歴史って、知らないですよね。 私も、スウェーデンとフィンランドの歴史など、日本にいるときは知らなかったし知る必要もなかった。

私も、旅先の硬貨とか、思わずコレクションしてありますよ~。 でも欧州は通貨がガラッと変わってしまい、大きい金額のものとか、今見るともったいないな~と思っちゃう(笑)。
らくだのせなかさんへ
フィンランドからのホームステイだなんて、珍しいですね? らくだのせなかさんのご実家というと、山奥で!? 
> その後に支配していたロシアとの関係が悪かったので、スウェーデンには好意的なようですね。
とは、アジアの某小国にも当てはまりますね。 (日本の後に来た中国の方がもっと悪かったので、親日的になったとか。)
フィンランドの人たちは良い意味で愛国心が強く、自立しているという印象を私も受けます。 甘やかされてない、強さがありますね。 

北欧でユーロが導入されているのはフィンランドだけだし、各国独自の通貨をそれぞれ使っているので、外国のコインが混じることはなく、その点ユーロは羨ましいな。 コインを見て、はるばる遠くの国から来たんだなぁ、なんて思いを馳せられて。
めたるさんへ
フィンランド語と日本語の「酔っ払い」説は聞いたことあります。 不思議なのは、アキやミカといった名前が日本では女性の名なのに、フィンランドでは男性の名なこと。

>  でも、私たちメタラーがフィンランドで連想する人は、やっぱりマイケル・モンロー!
めたるさん、今はフィンランド出身のメジャーなメタル系バンドは多くいるじゃない。 マイケル・モンローって、年代がバレるって!
前にフィンランドではスウェーデン語も公用語というのを聞いて「なんでなんだろ?」なんて思いつつそのままになっていたのですが(苦笑)今日の記事を拝見してすっきりしました!
ありがとうございます。

そして記事には関係ありませんが
↑のめたるさんのコメントで初めて
マイケル・モンローがフィンランド人だったことを知りましたー!ハノイ・ロックスのCDは何枚か持っているのに!

と、こちらでもまたお勉強になりました(笑)
歴史は大好きなんですけど、国外の歴史って中々知る機会がないんですよね。
フィンランドがそんな歴史があるなんて知りませんでした。
波の線の硬貨なんだかオサレに見えます。
硬貨集めが趣味?なのでいつか行って手に入れたいものです(笑)
実家に
フィンランドからホームステイに来た男の子が、一週間ほど滞在したことがあります。
フィンランド人が語るスウェーデンは、ちょっと複雑な感情が混じっているようですが、その後に支配していたロシアとの関係が悪かったので、スウェーデンには好意的なようですね。(と、彼が言っていました。)
フィンランドから語学学校に留学してた女性の語学力は、素晴らしかったし、彼女はとても自立した女性でした。彼女が、「大国に挟まれ、右往左往した歴史から、フィンランド人は、どんなときでも自分を失わず、生き残る力をつけていかなければならないと学んだのよ。」と誇らしげに語る姿、忘れられないなあ。

ここは、ユーロが使われていて、いろんな国のコインが出回るから、楽しいです。でも、フィンランドのユーロコインを見ると、「珍しい。使わずにとっておこう。」という気がしてしまいます。
日露戦争
 フィンランドは日露戦争で日本が勝ってロシアが負けたのがきっかけで独立できて日本に対して好感を持っていると何かで読んだことがあります。
 また日本との共通点としてはアキやミカなどの名前の人も多く「酔っ払い」のことを向こうでは「ヨッポラーイ」というとか。
 でも、私たちメタラーがフィンランドで連想する人は、やっぱりマイケル・モンロー!
sarahoctavianさんへ
私はまだフィンランドに足を踏み入れたことがないんですよ~。 レニングラード・・・ ソ連・・・ (でも50年代60年代頃に建てられた北欧の町の建物って、共産主義っぽいのが多かったりする。)
フィンランドは今でもスウェーデン語を公用語のひとつにしているし、スウェーデン系フィンランド人、フィンランド系スウェーデン人は両国に多いし、切り離すことのできない関係に思います。
私も珍しいコインを見つけると、どうしても取って置きたくなっちゃう。 ユーロは他の国の柄もあるし、コレクションがすぐに増えそう! (スウェーデンはいつも同じ柄でつまんないな~と思いながらコインを見ていて、王様の横顔に気づいたのでした。)
アリスさんへ
フィンランドとスウェーデンは、共通点というか、本当に兄弟のようなものだと思います。 地理的にも歴史的にも。 スウェーデンで一番多い移民はフィンランドからだし、フィンランドの公用語のひとつはスウェーデン語だし。 (でもこの二つの言語は、語族からしてまったく異なるのですが。)
日本の歴史で、北欧は登場したかな・・・? 世界史を取っていたけど、ほぼ英・仏・独・米を中心にした歴史観だったような・・・
フィンランドに初めて足を踏み入れたのは、ミュンヘンに飛ぶ途中ヘルシンキに1泊せざるを負えなかった時でした。中央駅にレニングラード(あの当時!)行きの汽車が止まってるのを見て、ああここはソ連(あの当時!!)と隣り合わせなんだなぁと妙な感じがしたものです。ロシアの前はスウェーデン支配下にあった・・北欧諸国の力関係も複雑だったのね。私はスウェーデンぽいフィンランド人名や地名の二国語表記などで思う程度でした。
コイン上の王様の顔が年月とともに年齢を重ねてるなんて面白いな~。今度行く時は気をつけてみます。それからユーロのコインも随時新しい絵柄のが出回るとなぜか嬉しくなって(とりあえず)保存しますよ(で、結局いつの日か忘れて使っちゃうんだけど)。
たまたま目にしたブログでフィンランドで生活されている方のものがあり、スウェーデンと共通点はあるのかしら?と思いながら見ています。そういう歴史があるのですね。全然知りませんでした。
歴史の教科書にもでていたのかしら。。。北欧と日本は遠い国なのかな、勉強になりました。

管理者にだけ表示を許可する