復活祭の飾り付け Påskpynt

2009.04.04.
復活祭(イースター)と言っても、スウェーデンはプロテスタントだからか、ただ休暇になるってだけで、宗教行事的な盛り上がりもなく、味気ない。

それでも、ちょっと Påsk (ポスク=スウェーデン語で復活祭)っぽく窓辺を飾りました。

paskpynt1.jpg

木の枝に色の付いた羽を飾る Påskris はスウェーデン独特のようで、今の時期、花屋さんでも色とりどりに売られています。 (お金出して買うようなものじゃないから、もちろん自分で作った。) 小さな木工細工のうさちゃんはドイツ製。

この卵のイラストは、ドイツの伯父さんの手描きで、数年前にいただいたもの。 可愛らしい絵を割るのが偲びず大事にしまっておいたので、中身は干からびかけています。 (でも、誤って割ったら大変なことになるので、取り扱い注意なのだ。) スウェーデンでも復活祭に卵を食べますが、ドイツの方が卵の色彩に凝るし、デコレーションとしても大量に使われますね。 そういえば、スウェーデンではイースターの朝の卵探しをする風習もありません。 もともとイースター定番のうさぎ、卵、にわとりといったキャラクターは全てドイツが発祥のよう。

paskpynt2.jpg

スウェーデンの製菓会社はイースター用のチョコも製造しないようだし。 で、毎年買うのは、デンマーク王室御用達 AnthonBerg の小さな卵型チョコレート。 (北欧のチョコは甘ったるくて口に合わないけど、これはダークだし少量なのが手頃。)

あ、この卵が入っている青いお皿は、ドイツのものなんですよ。 義父の故郷の工芸品であります。 職人さんの手描き。

そんなわけで、北欧とドイツが混じった Påskpynt (復活祭のデコレーション)になりました。

おまけ: これはないんじゃない!?

職業訓練校付属のパン屋さんで見つけたケーキ↓
paskpynt3.jpg
も少し絵心が欲しいです。

おもちゃ屋の店先にあった↓
paskpynt4.jpg

このうさちゃんが・・・ゴルゴダの丘で十字架に磔にされたイエス・キリストを彷彿とさせ、怖い!

イースターのお菓子が入っていたプラスチックの卵の殻(空)↓
paskpynt5.jpg

最初これを窓辺にデンと置いといたら、「これはないんじゃない!?」と却下されたので、冒頭のように飾り直しました。

(キリスト教国に住む)皆様も、楽しい復活祭休暇を! Glad påsk!
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
sueさんへ
それがですね~、ここはスイーツ後進国なので、これで全然OK!みたい・・・
普通のケーキ屋さんでだって、これと大差ない見栄えのケーキ売ってるし。
皆、この技量で卒業しちゃうのかしら!?
シンプルな手描きの模様が、青地に映える素朴なお皿です。 参考にしてみてくださいな!
Mevrouwさんへ
花屋さんで買うのではなく、公園や緑地から取ってきちゃんですね~。
って、私のこのネコヤナギも近所から採って来たものですが・・・
この国の人たちも、もっぱら食べるだけで、神様を思う人は少数派。
ケーキに爆笑してしまいました(笑)
訓練校って言ったって~これは売り物にならないですよね・・・
でも美味しいければいいのかしら~?
イースターの卵可愛いですね♪
お皿も気になるところです。青い器って浮きなんですよね~私。
飾り付けの習慣
オランダ人も公園や緑地で枝(ベルクとか柳など)を切り取って帰ってオーナメントなどをつけて飾りを作るみたいです。
卵型やうさぎのチョコレートもたくさん売ってます。
我が家ではもっぱら食べるだけです。すみません、神様。
めたるさんへ
なんでも、世界で卵を一番多く消費する国は日本だとか。 卵料理の数や種類も一番多いと思います。 こっちの人は、茹でる以外の調理法をあまり知らないのよ。 人生損してますね。
えっ、大掃除がまだ終わってない!? 待っててください、私が参上するまで♪
アリスさんへ
アメリカに留学中の知人に「イースター休暇は?」と聞いたら、「私のいる州は祝日じゃないよ。 いろんな宗教の人がいるから、公休にはならない」と言われたことがあります。 そちらではイースターって祝いますか?
チェコの卵? ぜひぜひ紹介してくださいな♪
シンナーの香りって・・・ ケミカルなもの使ってるってこと? 不良じゃあるまいし(←って、年代が分かりそうな発言だわ・笑い)
Setteさんへ
黄色も可愛いらしい色ですしね~♪ 
いいなぁ、チョコレートのサービスなんて。 (そんなサービス、こっちではないですよ。)
十字架のうさちゃんには、ぎょとしました。 偶然、それとも意図的なのか・・・謎。
かおにゃんたさんへ
Fastelavnsbolle食べにデンマーク行ったとき、色とりどりの羽根を見ましたよ! スウェーデンでは Fastlag は何もしないので、隣国の風習は珍しい。

このケーキ、ヘンな形だなぁと思っていたら、これって「鳥の巣」のつもりなんですね・・・ そう気づいたら、余計悲しくなりました。

食品の王様
 イースターとは関係ないんですけど、卵は素晴らしい食品ですよね。
お腹が空いて何も食べる物がない時にいつも卵料理を食べています。
 
 義理のお父様は絵心がありますね。卵に絵を描くのってなんとなく怖そうな感じがするけど(笑)

 お部屋の飾りつけも素敵。そういえば私はまだ昨年末の大掃除が終わっていない気が・・・(汗)
イースターか~。全く眼中になかったのですが、そういえばチェコの卵があります!紹介しちゃおうかしら♪
でも、最近体力気力が消耗気味なので、それきりになりそうな。。。

職業訓練校のケーキ、アメリカのよりましですから。
今日いただいたケーキは、シンナーの香りがした・涙
イースター
この時期、可愛い感じになりますよね~。ウサギも卵もかわいいし。今日は、買い物してもいないのに(友人は買ったけど)お店の人にチョコレートもらいました(笑) 十字架のうさちゃんは、ちょっと生々しいかな(汗)
お部屋を飾るとなんだか元気になりますね♪
スウェーデンはポースケリースなんだ。
デンではフェステラウンのときに枝に飾りますね。
あと、天井からぶらさげてるぐるぐる曲がった枝にペイントした卵をぶらさげます。

ふふふ、ケーキ強烈だわ(笑)
sarahoctavianさんへ
あっ、早い! ちょっと書き足そうかなとチェックしたら。
そうですね、スウェーデンはすっきりシンプルですね、ドイツに比べると・・・ 
> 北欧の家の窓辺って何てセンスいいのかしらと憧れの的なの。
絵になるんですよね~。 私も、やたら人んちの窓を覗き込んじゃあ溜息ついたり。
> 絵つきタマゴちゃんが入ってる青いお皿も好きタイプだな~。
実は、これドイツ製! (本文中にも追記いたしましたが)義父の故郷の工芸品なのです。 職人さんの手描き。
スウェーデンで売っているウサギや卵型のチョコは全てドイツとかオーストリア製です。 クリスマスのチョコもだけど。 需要(人口)が少ないからでしょうね。 
訓練校のケーキも、瑞典式でなかなかすっきりシンプルざんしょ。
はいっ!早速遊びに来ました。これが瑞典式イースターの飾りなんだ~すっきりシンプルでいい感じです。北欧の家の窓辺って何てセンスいいのかしらと憧れの的なの。ドイツのは下手するとゴテゴテの傾向で・・。絵つきタマゴちゃんが入ってる青いお皿も好きタイプだな~。
今日スーパーへ買出しの際に、イースター日曜日のタマゴ探し用タマゴやウサギのチョコを調達しました。冬場ニコラウスチョコが山積みになる場所に、ものすごい量のウサギやタマゴが・・・。やっぱりドイツ人なんですね、この甘いものマニアは。
訓練校のケーキ、ほほほっご愛嬌(汗汗)。

管理者にだけ表示を許可する