スウェーデン人のセンス、ドイツ人のセンス

2006.05.23.
先週末、夫の実家に行ったとき、義母がドイツで買ったガーデンニング雑誌を、ペラペラめくっているうちに、目がチカチカしてきました。 普段見慣れている、スウェーデンのガーデン雑誌と、何かが根本的に、違う・・・

スウェーデンの雑誌を開いてみる。 緑が生い茂る庭。 そこにインテリアとして、青いペンキを塗ったシンプルな木の椅子や、色の塗ってないブリキのじょうろなどが置かれている。 木目あらわなベンチやテーブルは、自己主張することなく、自然の中に溶け込み、石をあしらった一角は、見た目涼やか。 

Gardenmagazine

かたやドイツのガーデン雑誌、どのページも、緑より花が生い茂っている。 それも、濃いピンクや紫、赤など。 (それで目がチカチカしちゃったのね。) しかも、庭に置かれているテーブルとイスは、ショッキングピンク! その上に、花柄模様のクッションまで~~!! 一緒に雑誌を見比べていた、義母と夫も、絶句。

夫は一言「でも、親父にドイツ人の色彩感覚について、聞けないしな~」。 義父は色盲なのである。

関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
sarahoctavianさんへ
私は普段、アンチ北欧、アンチスウェーデン派なんですが(住んでいると、どうしても悪い面に目が行き、批判的になりますよね)、住宅やインテリアに関しては、北欧のセンスに脱帽します。 雑誌にしても新聞の広告にしても、実際のお家を拝見しても、ステキ~と溜息。 ところが、自分でチャレンジしても、なかなか上手くいかなくて・・・ しかし、スウェーデン人の義母や夫の手にかかると、ささっとセンス良くまとめられる。 う~ん、やっぱり生まれ育った生活環境の差なのかしら。
スウェーデンの雑誌
私、現地で雑誌(ガーデニングやインテリアなど)を調達するのも旅の楽しみの一つなの。去年はスウェーデンで「住宅設計」的なのあたりかまわず(?)買いまくりました~。だって、どれも素敵なんだもん。北欧のインテリアセンスをちょっぴり拝借したいものだ・・と。こちらではそういった雑誌が手に入らないので、せめてイケアのカタログを参考書にしてますです。
HISAさんへ
確かにドイツには、HISAさんがおっしゃるような印象がありますし、
機械工具などは、デザインも良く実用的なものがありますね。 
しかしガーデニングは違うようで・・・ やはり色彩感覚が違うのか・・・ 

日本ではイングリッシュ風ガーデンが流行っているそうですが、
こちらでは、園芸雑誌や園芸番組でも、日本風庭園が取り上げ
られること、多いですよ。 やはり自国風のものより海外のものが、
エキゾチックで素敵に見えるのかな。
園芸誌を比べるなんて面白い!私のドイツの印象
はおかたくて暗くて整然としている、なんですが園芸誌
を観たところ全然違いますね。ここに日本のが入ると
どうでしょうね。イメージとして日本庭園、盆栽などしぶい
感じと思われるかもしれませんが、最近はイングリッシュ
風ガーデンが流行っています。園芸誌もやはり流行を意識
しているようです。
隣の芝生は・・・
わー、来てくださりありがとう! ママくまさんの
ノルウェー日記は、毎日チェックしていますよ。
これから続々写真もアップされるとのことで、
嬉しいー。 ノルウェーの様子、とても興味深いです。

日記を拝読していて、分かるわー、同じ!と思う箇所が
あれば、スウェーデンと全然違うんだ、と思うことも。

それにしても、どうしても、普段接しているものより、
外国のものの方が素敵に見えてしまいます。 
(ドイツのセンスはイマイチですが、食事は断然
ドイツが良い。 そういえば、ノルウェーの食事も
質素だというコメントがあったような。)
なるほどー
ママくまです 家にもついに光ファイバーが導入され
電話代を気にせずインターネットができるようになりました!

ドイツ人・スウェーデン人のセンス、なるほどーと読んでしまいました

スウェーデンとノルウェーはやっぱり似ているんでしょうね
それとも結構違うのかしら?

ドイツに以前住んでいた友人がイギリスに来て
「わー子供服が色とりどりでいいなぁ」って買いだめしていたのを
思い出しました(子供服はドイツは地味なのかしらん?) 

いろんな好みも国によって違うんですよね
そういう視点でこっち(ノルウェー)でも見ていったら面白いかも!
さっそく見てみまーす

ちなみにイギリスに住んでいたときトンネルをわたってフランスに
いったら みんなの着ている服が色とりどりですごく素敵に見えましたねー 

管理者にだけ表示を許可する