カルデムンマすこーぽー

2009.03.06.
Skorpor (スコーポー)は、ドイツの zwieback(日本ではラスクと呼ばれる)と同じ、2度焼きした軽くてサクサクの小さなパン。

スウェーデンの一般的なものは、細長の丸みあるものを半分に切った形をしています。 

kardemumma1ny.jpg

ビスコッティのような2度焼きした甘いクッキータイプも Skorpor と呼ばれますが、これは甘くない軽食タイプ(お茶請けでも食べますが)。 お気に入りは、スウェーデン王室御用達でもある Pågen の(Krisprolls という商品登録名で輸出もしている)、kardemumma 風味。

kardemumma3.jpg

甘く、ちょっとピリッとした刺激がある、清々しい香りの kardemumma (カルデムンマ)は、スウェーデンのパン菓子などによく使われる香料。

日本では香料の効いたものに疎かったので、この kardemumma の香りも、知ってるような、でも全然馴染みのないような、最初は口にする度とても不思議に思っていました。 しかし、その風味よりインパクトがあったのは、kardemumma (カルデムンマ)という名称。

カーデムンマ(と、こっちの人の発音は、私にはこう聞こえる)なんて、へーんな名前。 いっつもこの名を聞いたり言ったりする度、おかしくって。 なんか、弱い怪獣の名前みたい。

ところが、ある時、義母が持っていたドイツ語の雑誌に載っていたレシピを見ていて気づいたのです。

Kardamon(独語)= Cardamon (英語) KとCの違いだけで一目瞭然。
でも、もしかして、
Kardamon(独語)= Kardemumma (スウェーデン語)

つまり、カルデムンマって、カルダモンのことだったのか!

カルダモンという響きは、雅で高貴な香りを私に連想させます。 でも、
カルデムンマといわれると、その語感から連想するのは、サンマ・メンマ・トンマとか。

赤毛のアン (新潮文庫)の中に、アンが「いつか本に、ばらはたとえほかのどんな名前でもおなじように匂うと書いてあったけれど、あたしどうしても信じられないの。 もしばらが、あざみとかキャベツなんていう名前だったら、あんなにすてきだとは思われないわ」というセリフがありますが、正に私にも、カルダモンとカーデムンマが同じように匂うとは思われないのです。

・・・やっぱり、スウェーデン語って、マヌケね。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Gunvaldさんへ 瑞典
やはりViktoriaはIKEA店舗向けなのですね。 果たして本国のIKEAでは・・・ 今度行ったときにチェックしてみます。
台湾人の友人が、台湾で「スウェーデン」と言っても皆「スイス」だと思っちゃうのよねーと、こぼしていたのですが、中国語でスウェーデンは瑞典、そしてスイスは瑞西と書くからだそうです。 でも、アメリカ人もスウェーデンとスイスをごっちゃにしてしまう人が多いようで。 (SwedenとSwissは確かに、swで始まるし・・・ 両方とも中立という特殊な国だし・・・ 流石にヨーロッパ人でスウェーデンとスイスをごっちゃにする人はいませんが。)
IKEAで売っている?
見つかりましたか!
Viktoriaのスコーボーは輸入者名が「イケア・ジャパン」となっていて、袋に合計18ヶ国語で成分表とスウェーデン国旗を囲むように「PRODUCT OF SWEDEN」と記載されているので各国のIKEA店舗向けの商品かもしれません。
18ヶ国語の中には”SE”表記もあるので本国のIKEAでも売っているのではないでしょうか。(中国語でもスウェーデンは”瑞典”なのだと知りました)
Gunvaldさんへ Viktoria
今日、輸入品なども取り扱っている大型安売りスーパーに行ったところ、発見したんですよ、Viktoriaを! finaxのもので、パッケージはフランス語のみ。 (フランスでスウェーデンのスコーポーが人気だとは聞いていました。) 逆輸入品のようで通常の半額という値段。 カルダモン風味ではなかったのですが、購入しましたよ。 昨日の今日で見つかるとは!
Gunvaldさんへ
早速、日本からのカーデムンマ情報、ありがとうございます~!  IKEAで売っているんですね。 Finaxはパンやミューズリなどの穀物食品のメーカーですが、こっちでこのメーカーのラスクは見たことないですよ。 (私が知らないだけ? でも、今日スーパーをチェックしてみたら、やっぱりありませんでした。) パッケージに各国語で表示があるということは、イケア用の輸出用なのか!?
私は「skorpor スコーポー」という響きが素朴で可愛らしく思うので、そのまま使って欲しいのですが、やっぱりクリプスロールとか言ってるんですね。 この私が「かわいいスウェーデン語」だなんて言ってるんだから、そのままスウェーデン語の名称を使えばいいのに。
カナッペ風に、上に色々乗せる食べ方もあるようですが、カルダモン風味はそのままコーヒーのお供に、が一番合うと思います。 でも、マーマレードを添えたら、おいしそう! ほんのりスパイシーなカルダモンとほろ苦く甘いマーマレードのハーモニー? 早速試してみます!
Viktoria
IKEAに行ってきたので食品売り場で探してみました。ありましたよ、それらしきものが。
黄色の袋に赤い帯が入っていて、帯の部分に”Viktoria”というブランド名が入っています(http://www.finax.com/se/の輸出用みたいです)。ご丁寧にも「MIT KARDAMON,S KARDAMONEM,AU CARDAMOME,WITH CARDAMOM」と書かれています。オレンジ色の袋の別な味のもありました。
日本語のラベルには「Viktoria crisprolls cardamom(クリプスロール カルダモン)」と書いてあります。
食べて噛んでいると口の中にカルダモンの風味とかすかな甘さが広がります。袋には色々と具を載せている写真が写っていますがあまり癖の強いものだとせっかくのカルダモンの風味が消えそうです。合いそうなのはあっさりした魚系か癖のないチーズかな。甘いものはどうかと思っていたのですがマーマレードも合うことを発見しました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
RENEさんへ
おお~、流石 RENEさん、きちんとカレーに入れるんですね! でも、お菓子にも合いますよね、この香り。 日本から持ってきたブリオッシュのレシピに、ハーブ(タイムかカルダモン)入りというのがあり、もちろんカルダモンで作ったところ、とってもおいしく好評です。
ラスクも、お家での手作りに、ちょっとカルダモンの粉末を落せば、(多分)味わえますよ~。
言霊という言葉もありますし、言葉にはマジックがかかっているものです。
カルダモンだぁ♪
この香辛料、家にもありますよん☆
カレーに入れることが多いけれど、私もこの芳香好き~

カルダモン風味のラスク?
これ日本でも手に入るかしら?
またまた試してみたい衝動に駆られました(笑)

Chakyさんの言葉のマジックの解説も、楽しかった♪
NaokoTBさんへ
うむむむむ~。 
スウェーデンは地域によって発音やイントネーションがかなり違います。 そして、スウェーデン人からはスウェーデン語を話しているとはみなされてはいない、お前らはデンマーク語を話しているとバカにされているのが、私が住む地域。 なので、私たちのスコーネ弁は、スウェーデン風じゃなくって、デンマーク風の発音になるんです(笑) 訛りが強い人が言えば、まさしくカーデモンメですよ! 
でも、デンマーク語の発音はやっぱり難しいですし、デンマーク語の印象って・・・ 本当に・・・ 
Gunvaldさんへ
このスコーポー、違うブランドのものが日本にも輸出されていたと聞きます。 でもラムローサのようにもう輸入されてないのかな? 「wasa」はスウェーデンのブランド(王室御用達)ですよ。 クネッケと言うライ麦100%の板のようなパンがメイン商品なのですが、これがドイツでも人気商品で、工場はドイツにもあるため、輸出用はドイツ製らしいんです。 

「シクラメンテ(sicuramente)」
やはり布施明と憂いのあるメロディを連想してしまいます(笑)

「センソ・ウニコ(senso unico)」意味深いような響きですが、そういうものこそ、何のことは無い場合が多いんですね・・・

「カルデムンマ」もちょっとイタリア語っぽい?

あずきバーが米に進出ですか! アン(赤毛の、じゃなくて餡子)とミルクって合うんですよね。
rukoさんへ
いきなり「カルデムンマ」と言われたら、びっくりしちゃいますよね。
スウェーデンは地域によってかなり発音やメロディが違うんですよ。 東北弁に似ているのは、やはり北の方かな・・・ (南端に住んでいるので、標準とされているイントネーションも、よく分からない私・・・)

ヨックモックのお菓子、私も大好きです~♪ 日本のお土産としてスウェーデンに持って帰ったりします。 でもね、ヨックモックのお菓子って、フランス菓子じゃないですか~! 商品名も、全部フランス語だし。  だから、日本のヨックモック云々と説明しても、スウェーデン人には全然通じませんでした・・・ 
naconaさん
あ、もう一方、アンの愛読者さんが!
英語の原作が全巻あるのですが、日本語の『赤毛のアン』も日本から持ってきました。 慣れ親しんだ日本語訳の方がしっくりくるし、今でもちょくちょく開いて読んでいます。 そのときの気分によって読みたいシーンを選んだり、ちょっとしたことを参考にしたり。 本当、手元に置いておきたい本ですよね。

今度そちらの、おいしくてかわいらしいお菓子なども、紹介してくださいね!
sueさんへ
○モン と ○ンマ
この語尾の語感の違いは大きいですね。 しかし 
○モン からは、ドラえもんを即座に連想してしまいましたが。
私も、私も~、ラスクと言えば駄菓子屋の定番! 小さな食パンみたいで、かわいらしくって大好きでした♪
憧れることって、大切ですよね。 そして大好きなと言える国に住んでいれば、一番幸せだと思います。
アリスさんへ
あらら、インフルエンザ、大丈夫ですか?
こんな風に他国語をヘンテコリン扱いしてしまいましたが、果たして日本語は外国人に、どう響いているのだろうか・・・(汗)
な~んと、島嶼部ではバイキングの時代からアジアとの交易でカルダモンを取り寄せていたのですよ。 しかも、お菓子などの使うと、これまたカレーとはまったく違ったおいしさなのです!
アメリカに移住したスウェーデン人たちは、カルデムンマ文化を持っていかなかったかしら・・・
Mevrouwさんへ
カルデムンマにしてもオペレッタにしても、その言語で話されている分には滑稽ではないんですよね。 私たちの頭の中で、その響きが日本語化されちゃうゆえに、こんな風にもの笑いのタネにされてしまった。 気の毒な、カルデムンマとオペレッタ・・・
阿瀬王さんへ
あはは、まったく大発見!!です(笑)
なんとカルダモンは、バイキングたちの交易の品でもあったとか。 北欧の地でも古~くから欠かせない香辛料だったようです。
インドのチャイ、紅茶の葉をミルクで煮詰めて香辛料を加えたもの、にもカルダモンは欠かせません。 香辛料のコーナーで探してみてくださいな。 カレー以外にも用途はありますよ。

わぁ、阿瀬王さんもアンのモンゴメリのファンなんですね! 嬉しいっ♪ アンは多くの少女の憧れですが、大人になってから読み返しても、最初に読んだときの新鮮さが失われません。 私も『赤毛のアン』が一番おもしろいと思いますよ。 このセリフは、最初の方に出てきます。 でもセリフを丸暗記してたのではなく、手元に村岡花子訳の文庫本を持っているんです。 頭の中が疲れたとき、落ち込んだとき、ちょっと『赤毛のアン』を開き数ページ読むだけで、楽しい気分転換になるんですよね。 
らくだのせなかさんへ
ヨーロッパでは、同じ名前でも国(言語)によって発音や綴りが違うのが、また微妙・・・ 英語のジョージが、ドイツ語ではゲオルグで、スウェーデン語になるとヨーランなのですよ。 これも私にとっては、激しくイメージが異なってきます。
カルダモンって、神殿の名前みたいじゃないですか? カルダモン神殿。
(・・・あれは、パルテノン神殿でしたっけ。)
そうですね、カルデムンマって、カタカナで書くとまたイメージが・・・

えっ、何を血迷ってスウェーデン語を!? 当時(現在もですが)は日・瑞の教材等もないに等しかったと? (独語からだったら、それほど難しくはないのかな?)  スウェーデン語は独特の響きがあるので、何かが琴線に触れたのかもしれませんね。 
Setteさんへ
ラスク、美味しいですよね~。 あのミニチュア食パンみたいな形のドイツのラスクが好き♪ でもドイツ人にとっては、子供の頃お腹壊したり病気になったりしたとき食べさせられた・・・ものなのだとか?
sarahoctavianさんへ
ほんと、スウェーデンお得意ですね~、カルダモンとシナモンは。 お菓子やパンの印象が強くなったので、今ではカルダモンとカレーのイメージがくっつきません。
四六時中このマヌケな言語を聞いていると、ほのぼのともしなければ、いつまでたっても愛せませんよ~(笑)
どんな発音になるんだろう?と思って隣にいた夫に『スウェーデン風で』とお願いしました。(話せないので『風で』)なんだか可愛いですね~デンマーク語はKardemommeなのでカーデモンメと聞こえます。ジャガイモを口に含んだまま話してると言われるデンマーク語に比べるとスウェーデン語は歌ってるみたいで可愛いですよ~
でも確かに名前だけでイメージって随分と変わりますよね。夫の名前も日本とデンマーク、英語でも違うイメージになります。そして私は日本語以外には正確に呼べません(頭文字がRなんです)
イタリア語
またもや何やら美味しそうなものが。これは日本でも入手できますかね?以前に青地に黄色い王冠マークの入った「wasa」というブランドのクラッカーを買ったことがありましたがそれはドイツ製でした。

音だけ聞くと妙な外国語は多々あるもので私が印象深いのはイタリア語です。イタリア人が電話しているのを聞いていると必ずといっていいほど出てくるのが、
「プロント(pronto)」(モシモシ)、「アローラ(allora)」(相槌)、「シクラメンテ(sicuramente)」(確かに)
でした。「シクラメンテ」がそこはかとなくロマンチックなものを想像させたのは布施明の歌のせいでしょうか?
現地で初めて覚えたイタリア語は「センソ・ウニコ(senso unico)」でした。何となくアニメの主人公の名前のような響きとも「戦争に行こう」という物騒な響きにも聞こえますが何のことは無い「一方通行」でした。

最近の世界の和食情報
http://www.asahi.com/food/news/NGY200903030009.html
カルデムンマからヨックモックへ
こんにちはー!お菓子ネタですからしゃしゃり出てこなくてハ!
カルデムンマって聞いたのは、家に来たスウェ婦人が、私が作るカネアルブッレを見て、「で、カルデムンマは入ってるんでしょうねっ!!!」って聞いたとき。書くとわかりにくいけれど、そのイントネーションがびっくりするほど田舎くさいですよね。どこかのサイトにスウェ語は東北弁に似ていると書いてありましたが、関西人の私にとって、本当に東北地方のイントネーションに似ている気がします。
 で、お菓子ネタですが、本日の大発見。相当有名な話らしいんですが、私は今朝の朝日新聞ではじめて知ったので。。。日本で一番おいしいと思っているヨックモックのお菓子。これって、創業社長がお菓子の勉強にヨーロッパを行脚しているとき、名前がかわいいからってスウェ北部のJokkumokkuを訪問し、そこで食べた素朴なお菓子のおいしさを伝えたいって始められたものなんですね。なんだかすとんっと自分の中でそのおいしさが繫がりました。
「スウェーデンの北部、北極圏の線上にある、森と湖に囲まれた小さな町JOKKMOKK。それが私たちの社名のふるさとです。
そこには自然の厳しさとは対照的な家庭の温かさがあります。その語らいを弾ませるのは、いつも食卓を飾るホームメードのお菓子たち。その真心がこもった、手づくりのおいしさのイメージを目指して、私たちは社名をヨックモックと名付けました。 」ってサイトにあるのを知り、ますますヨックモックのファンになりました!カルデムンマはちょっといもっちいけれど、その素朴さを大切にしてもらいたいと思います。(^^)
ビスコッティ大好きです☆
chakyさんの様においしくてかわいいお菓子作りができるようになりたいな!

赤毛のアンのお話大感動!
実はわたし赤毛のアンが一番大好きな愛読書(幼少から)
今度日本から送ってもらおうとワクワクしてしまってます^^
アハハ、確かに○ンマって、高貴な響きは感じないですね(笑)
ラスクといえば小学生のころ駄菓子屋で1枚10円で買った覚えが。大好きだったな~なんて思い出しました。
そうそう、前回のエントリーの北欧に憧れっていうのは
日本は大好きですけど、他の国には憧れるんですよ(笑)
インフルエンザにやられました~。研修の初週からほぼダウン。。。
へんてこりんに聞こえる言語ってありますよね(笑)。
チェコ語だって厳しいものが。。。
カルダモンってインド方面でしか使われないのかと思ってました。
カルダモンをお菓子のスパイスに使うなんてなかなか洗練されてるじゃないですか!さすが島嶼部でもヨーロッパ!
アメリカはこしょうとシナモンくらいしか。。。
名前の音
ほんとですね。名前を発音した感じで、洗練されているものかどうか、っていう印象、(あるいは先入観)ありますね。 
オペラは高級だけど、オペレッタになると「なにするだ」ってな、ちょっと滑稽というか二流というか、そういう響きになるところが気の毒だし。。。。
すごい発見!!
おお、すごい発見ですね!
カルダモンって、カレーに欠かせない古~くからある香辛料ですよね。
ショウガ科の多年草で、胃に良いようです。
カルダモンって多分カレーに入ってるので食べてると思うのですけど、単独で食べたことが無いので、どんな味なのか解りませんけど、多分、
>甘く、ちょっとピリッとした刺激がある、清々しい香り
なんだと想像できます。ショウガ科だから、多分、“血行”を良くし、身体を温める作用もあると思います。

赤毛のアン、わたし大人になってから読みました!
こんな歳になってから、こんなに感動するとはおもいませんでした^^;
いっぺんに、モンゴメリ・ファンになってしまいました。
でも、アン・シリーズの中ではやっぱり『赤毛のアン』が一番お気に入りです。
アンがそんな台詞を言ってたのは……覚えて居ません^^;
Chakyさん良く覚えてますね~
ひょっとして、Chakyさんもモンゴメリ・ファンですか?
本当に
名前によって、同じ物質でもイメージが変わるということは、ありますよね。
これは、人間は言葉・知覚など様々なメディアを通して、脳に自称を記憶をしていくからではないかと思いますが、カルダモンが高貴なイメージとは、想像力の豊かなChakyさんらしいなあ。
カルデムンマって、私には情熱的な、汗くさ~いイメージがわきます。どっちにしても、美味しくなさそうですよね。

ところで、13年位前に2ヶ月だけスウェーデン語をかじって挫折したことのある私ですが、スウェーデン語の響きって、私は何とも懐かしさを覚えたのですが・・・。
カルダモンなのか!
と言っても、私、香りだけではなんだかわからない(笑) 名前も風味もぐちゃぐちゃです(爆)
ラスク、美味しいですね~。軽い感じで食べられちゃうので、結構な量いけます♪
マンマ
ははは~スウェーデンお得意のカルダモンですね~。カルダモンといえばカレーに入れるスパイスのイメージだったのが、スウェーデンを旅行中はひたすらお菓子やパンでお馴染みになったもので、以来この味はとても旅情をそそられます(=イケアで補充)。カルダマンマはネコマンマのような響き?まぁまぁ、マヌケだなんて・・・「ほのぼの・愛すべき」と言ってくださいよ~。

管理者にだけ表示を許可する