チョコレートボール、またの名を・・・

2009.02.07.
バレンタインデーが近いので、プレゼントにぴったり、手作りチョコのレシピでも。 

と言っても、スウェーデンのバレンタインデー alla hjärtans dag では、チョコを贈る習慣はありませんが。 (男性が女性に赤いバラや甘いお菓子を送ったり、恋人同士でロマンチックなプレゼント交換したりします。 それでも、この日はビックイベントではありません。)

スーパーでも売ってるし、ケーキ屋さんやカフェなどで必ず置いてあるスウェーデンの代表的なお菓子、チョコレートボール (chokladboll フォックラッドボッル)

chokladboll.jpg

日本人の口にも合うようで、お土産に買って帰ったら、おいしいと喜ばれたと聞きます。 作り方は、いたって簡単。

材料:
バター、またはマーガリン 50g
砂糖 1/2 dl (2/4 カップ ←訂正 1/4 です!
バニラシュガー 小さじ1 (風味付け用のバニラ、なくてもよい)
カカオ 大さじ1~2 (製菓用ココア 甘くないもの)
オートミール 1 1/2 dl (3/4 カップ)
濃い目に入れたコーヒー 大さじ1~2(あるいはインスタントコーヒーを粉状にしたもの 小さじ1~2)
ココナッツロング 適量

chokladball2.jpg

作り方:
室温で柔らかくした(もしくは湯せんで溶かした)バター(またはマーガリン)に、砂糖とバニラシュガーを入れ、よく混ぜる。
カカオ、コーヒー、オートミールを加え、さらによく混ぜる。
小さなボール状にまとめ、ココナッツフレークをまぶし、冷蔵庫で冷やし固める。

chokladball3.jpg
(上記のレシピは約15個分の材料のハズなのに、6個しかできなかったとは、どういうこと・・・?)


モカ風味なので、スウェーデンのお菓子にしては甘さが抑えられているのが、おいしさの秘密でしょうか。 火を使わず、手軽に出来て、これを素敵なパッケージに入れれば、立派なバレンタインデーのプレゼントになる、かな。

ところで、今はチョコレートボール chokladboll と言うのが当たり前のようですが、このお菓子、スウェーデンでは長いこと別の名前で呼ばれてきました。 それも、今日では口に出来ないような呼称で。 それは・・・

Negerboll

英語で書けば、negro ball, nigger ball (ニグロ・ボール、ニガー・ボール)

90年代の終わりまでは、一般的にこう呼ばれていましたし、お店などでこの呼称を使うのが禁止されたのは2000年代に入ってから。

黒いから、またカカオはアフリカから来くるから、誰もが違和感なく、そう呼んでいた。

例えば、小学校の家庭科の授業では、
先生「みんな、今日は negerbollar を作りましょうね!」
生徒「はぁ~い!」
なんて、光景が。

お店に行けば、札には Negerbollar と書かれている。
客「Negerbollar 5つください」

絶句してしまいますが、でも日本だって、こんな感じだったよな~。 スウェーデンも、大して意識が進んでいるというわけではありません(でした)。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
yukaさんへ こちらこそ、ありがとう!
美味しく好評だったとは、良かったです。
やはり作る人の腕が良ければ、問題ないということで♪
他のレシピでも、疑問等がありましたら、また気軽にコメントしてくださいね。
彼氏さんに聞くという手もあります(彼の好みも大切だしね)。
返信ありがとうございます(o^-^o)
実は家族・友達へのバレンタインチョコ用に1/2カップで作ってしまったのですが、とっても美味しくて問題なしでした!家族にもとても好評でした☆
彼氏がスウェーデン人なので、バレンタインにスウェーデンのお菓子を作りたくて、探しててこちらに辿り着き本当に助かりました(o^-^o)他のレシピにもいろいろ挑戦してみます♪
sarahoctavianさんへ
濃厚なチョコレートケーキのうえに Ne...bollar もとは、殿方たちにとっても幸せなバレンタインデーですね♪ 美味で良かった~。
このレシピは15個分なので、プラリネサイズに小さくするべきなんだと思います。 売っているのは、けっこうデカいんだけど・・・
何だか間違った分量を載せてしまって、ごめんなさ~い! でも手作りの場合、分量等は自分の好みで調整できるので、いいですね(ということにしといてください)。
私も昨日作ってみました~。美味です~。なぜか小さくプラリネサイズに丸めちゃったけど・・。今日の記事にChakyさんのお名前を一杯登場させてしまいました。事後報告でゴメンなさいね。あ、お砂糖の量?私は2分の1カップ(100g弱)でちょうどよかったです。
yukaさんへ
作ってくださったとのコメント、とっても嬉しいです♪
また、間違えのご指摘、ありがとうございます!!

ご指摘の通り、
> 砂糖の分量は1/2dl(2/4カップ)とありますが1/4カップの間違い
です!
早速、訂正させていただきますね。
重ね重ね、ありがとうございます!
作ってみました♪
初めましてm(u_u)mこちらのレシピを発見して作ってみました、とても美味しくできました☆
あとから気付いたのですが砂糖の分量は1/2dl(2/4カップ)とありますが1/4カップの間違いですか?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
sarahoctavianさんへ 大統領
今Wikiの日本語サイトで「大統領ハインリヒ・リュプケ」をチェックしました。 笑っては可哀想な、不幸な方だったんですね・・・ はい、英語できない首相って、その人(笑)。 あの人はそこまで言ってなかったか。 
義父は、この先ドイツに住むことはなくても、ドイツの政治家にはいつも憤慨しています。
あはは、やっぱりレモンマフィンにはクリームが入っていましたね! こちらこそ、いつもsarahoctavianさんからいただいたドイツ情報を、周りに披露してますよ。
はいはい、アフリカ訪問で大失言したのは1962年当時の大統領ハインリヒ・リュプケです(Wikiの日本語サイトにも載ってますので、是非ご参照くださいまし~)。あ、その英語できない首相って、退職後イギリスに語学研修したいとか言ってたアノ人でしょ?今ではガスプロムでがっぽり稼いでますね。その辺の普通の人たちなら許されても、政治家には国民の代表としての責任がありますから~ちゃんとして欲しいわね。日本もドイツも情けないヤツが多い。
Lidlさま、北欧で北欧スペシャルはやっぱり無いですか、ハハ。今日のティータイムにそのレモンマフィン食べたよ。このクリーム入ってるのがスウェーデン風なのよって、Chakyさんの受け売りしちゃいました~。持つべきものはブログ友!
LINDA☆さんへ
ちょっと危険な Negerbollar。 安直なネーミングが時代を物語っています。
デンマークとスウェーデンのお菓子って、けっこう違うんですよ。 私もデンマークでこのNe・・じゃなくって、チョコレートボールを見たことはありません! うん、デンマーク人は、クリームとかマジパンをペストリーの中に入れるのが好きだと思う。 
たまには隣国、スウェーデンの味もお試しくださいな♪
らくだのせなかさんへ
使う方は気づかないけど、言われた方は嫌な感じ・・・ 外国に住んでいると、自分がその対象になっていることもあります。 本当に、伝統的な名称を変えるのは寂しいですが、人種や民族に関る言葉は不快感を与えるので難しいですよね。 でも何故か、食べ物に多く使われているような気がする。

バター(マーガリン)で固めるのがちょっと不健康だけど、オートミールを使うのでヘルシー(?) 簡単ですので、お試しあれ~。
Gunvaldさんへ
市販のものより、ずっと小さめに作ったんですよ~。 これ以上小さくしたら、くえっくえっチョコボールになってしまいます。

日本でチェコのココア!? (私の地図帳ではチェコスロバキア) 本当ですねぇ、鉄の壁が崩れたのが、ついこの間のような気がしますが。 リンクまで、ありがとうございます。 パッケージの絵が、なかなかおいしそう。 元から砂糖が入っていると、ちょっと甘過ぎるきらいがありますが、エスプレッソを混ぜたり楽しんでいらっしゃるとは、ヴァンホーテンで練り練りといい、Gunvaldさんはグルメ、そしてグルメな人はマメですね。 
うちではココアに塩を入れません! スウェーデンでは入れる人がいるか、ちょっと調査してみましょう。

言葉って、最初から差別用語だった場合と、社会情勢の変化に伴い後に差別用語になるパターンがありますね。 Negerという言葉は、もとは蔑称ではなかったようですし。 食べ親しんでいるお菓子に、差別語なんて使いませんもんね。 「三国人」発言、誰も知らなかった言葉が、突然浮上した感がありましたが。 そうですね、問題は、言葉や名称そのものではなく、その裏に潜む人の意識なんですね。 
アリスさんへ
生ブタニクのお詫びに、このチョコレートをプレゼントしたらいかがでしょう?
そうそう、見た目ちょっとチョコレートボンボンみたいだし、下手にすごいの作るより、無難です。
「ちび○ろサ○ボ」、だっこちゃん人形、カルピスのマーク・・・ 差別なんて思わず、親しんでいましたよね。

Gunvaldさんのコメント内のリンク先、チェコのココアに飛びますよ!
めたるさんへ
世界的に見ると、男性が女性にプレゼントするケースが多いようです。 日本に女性として生まれてしまった故に、子供の頃からバレンタインデーの悪しき習慣に翻弄される運命とは・・・
チョコボールと言えば、くえっくえっ。 金が出たことはありませんでした。
めたるさんのガラスの心に、ショックを与えてしまい、申し訳ない!

tulpさんへ
こう見るとトリュフみたいで(味は全然違うけど)、なかなか可愛いですね(自画自賛)♪

けっこう、どこの国でもあるんですね、名称問題。 昔は、アフリカの人たちはヨーロッパに多くいなかったし、蔑称どころかエキゾチックな意味を持っていたのかもしれません。 
Setteさんへ
純粋な名称として使われていたのに、いつの間にか蔑称や差別語になってしまったのは、社会の方が変化したからですよね。 でも、今はやっぱり口にできない~(あ、お菓子ではなく、旧名称の方が。)
sarahoctavianさんへ
Lidlではイタリア週間、ギリシャ週間、アメリカ週間などのスペシャルをよく組みますが、さすが北欧スペシャルはこっちではないです~! あ、でもミートボールとかマフィンとか、スウェーデンのものは普通に売られているか・・・ (でもLidlが進出してくれたおかげで、マンネリなスウェーデンの食生活に、少し選択肢が広がったので、私にとってはLidl様様。)
レモンマフィンは、アメリカンみたいに大きくフワッとしたのじゃなくて、小さくペチョとして中にレモンクリームが入っているとこが、典型的スウェーデンのレモンマフィンなのです。
ドイツの”Ne・・kuss”、スウェーデンにも、名前は違うけど同じお菓子があって、義父が冗談半分に昔のドイツ名で言ったりします。 
ネガーって、昔は、差別用語ではなかったんですよね。 黄色人種だとか、アングロサクソンだとか、そのようなカテゴリーとして使っていて。
「その昔」って、どれくらい昔ですか~(笑) その人は、もしかして、英語が苦手だったドイツの首相? クククッ、一国のトップに立つべき人間が・・・ でも、日本の首相にもいましたよねぇ、そんな人(たち)が・・・
こんばんは!
Negerbollar!笑っちゃいけないけど
笑いました。ありがちですよね。そのての安直なネーミング!
写真見て、似たようなものは食べたことあるけど
中はクリーム(激甘)とかマジパン(激甘)だったような…。
中がオートミールと言われると…
多分食べたことないです。おいしそうですね(^◇^)
chakyさんのレシピで作ってみようかな♪
おいしそう~
ドイツだと、Mohr(もともと肌の色が濃い人の総称だったそうですが、後にアフリカ人を指す言葉と変化したそうです)ってのが、未だにチョコレートを使ったお菓子に使われていたりします。Gunvaldさんのおっしゃるとおり、色のイメージから生まれた呼び名じゃないかと思います。

呼びなれた言葉を「差別用語だ」と変えてしまうのは、さみしい気もしますが、その言葉が一部の言葉に不快感を与えるのなら、致し方ないですね。

ところで、これ、おいしそう。
これなら私も作れそうですよ。


拳大に作っちゃったのでは?
チョコレートというものが日本より遥かに身近な物なのだと感じたのが英国ででした。街中でついぞ自動販売機なるものをみなかったのですが、珍しく(駅の中だったかな?)1台の自販機を見つけてみたらそれはキャドバリーのチョコレートバーの販売機でした。「飲み物の自販機もめったに見つからないのに(実は無いのかも)チョコバーの自販機とは!」と思ったものでした。

先日、紅茶を仕入れに行ったところこのココアがあったので買ってきました。
http://www.carla.cz/index.php?iMenu=1&iSubMenu=42&sLang=&iId=97
チェコ製の食べ物は随分昔にビールを飲んで以来です。(オジサンの若い頃は鉄の壁の向こう側の食べ物が日本で買えるようになるとは思ってもいなかったよ)
長年ヴァンホーテン一本槍で練り練りしていたのですが、これはお湯だけで溶けます。でも最初から砂糖が入っているんだよなぁ。このお菓子のようにエスプレッソ(コーヒー)を混ぜてモカジャヴァにするのも一味変わって楽しめます。子供の頃からココアを作る時は必ず塩をちょっと入れるように教わってきたのですがスウェーデンでも同じようなことをするのでしょうかね?

元々その言葉に差別的な意味が含まれていたかどうかはビミョーですよね。最初は見たまんま「黒い」から「くXXぼ」とかだったのではないかと思うのです。その対象が後年社会の中でどう扱われるかで差別的名意味が含まれるかどうかが決まり、それを分かりやすい形で是正するのに言葉の「言い換え」が行われると。日本でも一時期「三国人」という言葉が話題になりましたがこれも当時(戦後間も無く)一般の日本人には無かった特権的な立場でもあり羨ましいというイメージがあったそうです。当然その反対に妬む気持ちもあったでしょうから100%プラスの意味合いの言葉とも思いませんが差別的表現というほどのものでもない様な気がします。
いくら言い換えても発する人の意識が変わらなければまた何時かその言葉も言い換えなくてはならない日が来るのでしょう。
おお、すごいじゃないですか、本格的なレシピ!
こんなに簡単なんて!
チョコレートボンボンなんて作ろうと思ったらチョー大変ですよね。
挙句に失敗するに決まってる。
しかも、見た目もイケテイル。

これでゴロウに迫ってみようかな♡

ニ○ーボールのお話を読んで、「ちびくろサ○ボ」の絵本を思い出しました。
こっちがいい。
 スウェーデンでは男性が女性に薔薇や甘いお菓子を贈る。こっちのほうがいい!私も貰いたい!

 チョコレートボール・・・おいしそう。日本にはチョコボールなるお菓子を売っていますが、それとは全然違いますね(笑)

 旧名称にはショックを受けました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
チョコレートボール、
おいしそうな上に、作り方も簡単ですね~。
(しかも見た目もかわいいし、「手作りなのよ♪」なんてプレゼントしたら、喜んでもらえそうですよね(^^)/)

旧名称は・・・
けっこうこういうことあるみたいですよね。
当時の感覚では「普通」だったんでしょうが・・・・。
今あらためてきくとちょっとした衝撃ですよね(苦笑)。

うわ~
旧名称、きっついっすね~(汗) 
悪気はないんでしょうから、今使われている意味ほど強くはないんでしょうけれど。おいしそうですね♪
わ~これ~!今週ディスカウントスーパーLidlは北欧スペシャルだったの。私はミートボールとレモンマフィン(典型的北欧なのか不明)とイチゴとラズベリーのスープ(グリュッツェ用かな?)を購入しましたが、このチョコボールも売ってた~。買わないでよかった!Chakyさんのレシピで作った方がいいもの。これがスウェーデンでは”Ne・・boll”なんですね、ドイツの”Ne・・kuss”ご存知でしょう?あれも今ではSchokokussとかいうらしい。マシュマロにチョコがコーティングされてるお菓子、甘そ~なのでついぞ食べたことありませんがー。ところで、義父母の若い頃はアフリカの人をネガーと一括して呼んでたんだって。みんなが呼んでいたけど別に軽蔑つもり全然なかったそうだ。そういえば、その昔ドイツの大統領べき人間がアフリカ訪問中の挨拶に「紳士淑女、二ガーの皆さん!」って切り出したんだって。みんな目が点・冷や汗たらり・・・だっただろうな。

管理者にだけ表示を許可する