裸足のイエス

2008.12.23.
音楽と祈りの夕べ夜の教会の常連さん、いつも後ろの方に座っている。 帽子を目深に被り、ジャケットの襟を口元まで立て、スウェーデン人離れした彫の深い顔立ちのようだけど、長い髪と髭で覆われているので表情は定かでない。 フィーカ(コーヒータイム)の時も、一人で座り、黙ってコーヒーかクッキーを口に運んでいる。

お喋りでウルサイ常連さんが多い中で、静かで行儀の良い人だなと思っていた。 風変わりな人が多いので、彼の風貌にはまったく気にもとめず。

教会の人から、ふと聞いた彼の素性。 その人はホームレスで、夜の教会によく来るけど、人の迷惑にならないよう(お風呂にも入らず臭うから)、いつも人々から離れたところにいる。 万人に開かれた教会には、ホームレスや酔っ払いがやって来ては居座って、問題や騒ぎを起こすことも少なくないけど、彼はそんなこと一度もない。 そして、教会に入るときは、必ず靴を脱ぐのだそう。 そんなことする人、他には誰もいないのに。

仙人然としたところがあるからか、「裸足のイエス(・キリスト)」と、彼のことを呼び、こんなエピソードも教えてくれました。

この写真は、Julkrubba (キリスト降誕の情景をミニチュアにしたもの)の一部。 スウェーデンでは教会にアドヴェントの期間飾られます。
julkrubba.jpg

観客も何百人と訪れる大規模な、プロのオーケストラや聖歌隊による有料のクリスマスコンサートが教会で開かれたとき、そこにやって来たのは、裸足のイエス。 どうにかして掻き集めたのであろう、たくさんの小銭でチケット代払って。

「裸足のイエスにとって、このコンサートは、音楽は、とっても大切なものだったんだね」。 

そうなんだね・・・ この金額(チケット代)払うなら、暖かいところで何かおいしいもの食べるのになぁ~と思ったのは、私です。 (←心より、まず腹を満たそうとする人。) でも、人によって価値あるもの、大切なものは違う。 彼の姿が、お話に出てくるような、汚く貧しい身なりをして人間を訪れる神様の姿と重なりました。

良いクリスマスを。
God jul!


PS †XmasOrns†ポインセチア(*゜▽゜)ノ白↓コメント欄のクリスマスメッセージ、皆様ありがとうございます†XmasOrns†ポインセチア(*゜▽゜)ノ赤
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
RENEさんへ
日本のニュースをネットで読んでいて、自分と年齢の変わらぬ女性達でも、仕事がなく住むところもなく路頭に迷う現実に、不況とはこうゆうことかと、やるせない気持ち。 真面目に生き、働くことを厭わず、悪いこと(犯罪)もしてないのに・・・ そういう人達ゆえ、無力にホームレスになってしまうようで。

マルセリーノ坊、懐かしいメロディー! 映画は観たことがなかったです。
クリスマスに素晴らしい音楽のプレゼント、ありがとうございます!
sueさんへ
クリスマスに素敵な話を与えてくださった、裸足のイエスに感謝です。
日本はクリスマスこそ忙しい日ですよね!
これからゆっくりしてくださいね。
阿瀬王さんへ
お釈迦様でも、ありますよね、このようなお話。

> 敬虔な祈りの姿は、宗教を超えて“美しい”ですね。

彼も、キリスト教徒ではあっても、スウェーデンのプロテスタントではないかもしれません。 でも、本当は、宗派など関係ないのですよね、敬虔な祈りの心を持つ人にとっては。
Mevrouwさんへ
はじめてお越しいただいたのに、いきなり感動させてしまい、ごめんなさい。
自分への自戒を込めて、このお話をさせていただきました。
書いたとたん忘れてしまうような偽善者にならないよう、努力中です。
Gunvaldさんへ
素敵なクリスマス音楽のプレゼント、ありがとうございます! もう四半世紀近くも前ですか・・・ (当時、友人が買ったこのレコードをテープにタヴィングしてもらいました。 それじゃあ意味ないんだけど・・・)

> あの頃より今の世の中はどう変わったのでしょうか?

世の中は暗く、精神的に病んだような事件が起こり、不況不況と騒がれ続けていますが、あの頃に比べたら、(私たちが住む国は)物質的にはものすごく豊かになっていますよね。 こんな風に、個人がパソコン持ってインターネットして、なんでもネット配信されるなんて。 遠く憧れていた外国に自分が住み、またネットで人々と交流するのも、時代ゆえでしょうし。

人は時代の流れに抗うことはできないと思います。 しかし Gunvaldさんのおっしゃるように、
> 何時の時代でも不遇な人に思いを馳せることのできる人々が沢山いる世の中であって欲しいものです。

私もそうできる人間でありたいと思いました。 素敵なクリスマスの音楽とお言葉、本当にありがとうございます。
Setteさんへ
お金も家も食べ物もなければ、人の心は荒んでくるものだろうし、基本的な不自由のない生活をしていても、ないものねだって不満ばかりの人もいるのに。 (反省、反省、自己反省の意味も込めて、このお話をアップさせていただきました。)

> こういう素敵な(?汗)ホームレス
あはは、何か矛盾した言葉の組み合わせみたいだけど、そう呼びたくなりますね。
> しつこくお金を無心する輩は
かなり頭に来てる?
プリンさんへ
世知辛いこの頃、人の心を温めるお話ができ、良かったです。 
って、私が何か良いことしたわけじゃないんですが・・・
プリンさんも、おいしいケーキで良いクリスマスを過ごされたと存じます♪
sarahoctavianさんへ
クリスマス前のストレスは、慣れるどころか年々バカらしくなってきますが、この3日間は本当に、ゆっくり和やかに過ごしたいものですね。 sarahoctavianさんも良いクリスマスをお過ごしのことと存じます♪ 
めたるさんへ
本当に、そう思います。 一年に一度のクリスマスを一緒に過ごす彼氏がいてプレゼント貰えたとしても、 住む家がなく着る服がなく食べる物もなかったら、どうしようもないですもんね。 
それに、私たちには音楽(メタル)があるじゃない!
らくだのせなかさんへ
ヨーロッパで生まれ育ったヨーロッパ人でも、自己主張が過剰にできないゆえ要領よく生きられず、良心を併せ持っているため悪いこと(犯罪)してまで生きられず、ホームレスになるパターンも多いよう・・・ 切ないですね。 

> もちろん、Chakyさんにも、楽しいクリスマスと良いお年を。
ありがとうございます! らくだのせなかさんも、良いお年を!
メリークリスマス♪
日本もね、これからホームレス生活に入らざるを得ない厳しい状況の人達が急増していてね、連日映像を通じて色々なケースが報道されているの…
100年に一度の世界的な大不況とは。。。

裸足のエピソード、ジーンとしていまう、敬虔な気持ちが伝わってきます
マルセリーノ坊やの映画のテーマ曲が流れてしまったゎ
http://jp.youtube.com/watch?v=icc7l2hdAns&mode=related&search=

(修道士達の世話になっている孤児のマルセリーノ
ラストは、母親に会いたいという彼の願いがキリストに聞き入れられて・・・)
母が好きだった映画なの。。。それで、私も印象に残っているのかもしれない☆
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
今日のこのエントリーとても心がほんわりしました。
クリスマスの夜に素敵な話をきけました。
ありがとうございます。
素敵なクリスマスをお過ごしください!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Merry Christmas
>彼の姿が、お話に出てくるような、汚く貧しい身なりをして人間を訪れる神様の姿と重なりました。

そうですね。そんなお話、キリスト教圏には結構有りますね。
その“乞食”に施しをした途端に、乞食の身体が輝き始め、キリストに姿を変える。

キリスト教では、
「神は愛であり、それは、あらゆるところに遍在する」
のですね。

敬虔な祈りの姿は、宗教を超えて“美しい”ですね。
はじめてお邪魔していきなし感動的な話。まいりました!美しく生きるということは心根次第ってことなんですね。おてんとさまに恥ずかしくない生き方を、私も志したいです!
Merry Christmas & Happy New Year!
クリスマスと音楽とくればこの曲
クリスマスと音楽とくればこの曲の印象が強くて、もう四半世紀近くも前のことなんですね。
http://jp.youtube.com/watch?v=6EJWEXrykdQ
オンタイムでライブをTVで観られたことも印象深いことでした。

あの頃より今の世の中はどう変わったのでしょうか?得たものもあるし、失ったものもあるでしょう。一概にどちらが良き時代かは答えられないと思います。
何時の時代でも不遇な人に思いを馳せることのできる人々が沢山いる世の中であって欲しいものです。
http://jp.youtube.com/watch?v=ivMENEBlI2A&feature=related

楽しいクリスマスをお過ごしください。
いい話
なんだかじ~んと来ました。着ているものや持っているものは高価な人は多いけれど、心は比例しないんですよね。臭うのはちょっと困るけど(笑)、人に絶対迷惑をかけない努力、素敵だと思います。(お金を頂く事もあると思うので、人を頼る時はあると思いますが)。
こういう素敵な(?汗)ホームレスのお話を聞くとアルバイトみたいになんちゃってホームレスを気取り、しつこくお金を無心する輩はマジ心を入れ替えてもらいたいと思います。
とっても良いお話を伺って、心が温かくなりました^^
クリスマスは明日だけど、良い日になりますように!!
Frohe Weihnachten!
午前中混まないうちに町へ買出しに行ってきました。イヴも午後になってようやく静けさが戻ってきたようです。お店が全てあさってまで完全に閉まるのはいいことだ・・とつくづく思います。Chakyさん、ご家族の皆さんと和やかなクリスマスをお過ごしくださいね!
幸せとは・・
住む家があって着る服があって食べる物があるだけでも幸せだなと近頃は思います。たとえクリスマスに一緒に過ごす彼氏がいなくてもプレゼントが貰えなくても。

Chakyさん、メリークリスマス!
ありがとうございます
とても心が温かくなると同時に、日頃のわが身を反省させられるお話、ありがとうございます。
自己主張が過剰な人が多いヨーロッパで、他人のことを考えるという心を持ち合わせ、教会を「神に祈りをささげる神聖な場所」として大切に思う、このホームレスの方が、少しでも幸せにクリスマスと新しい一年を迎えてくるといいですね。
もちろん、Chakyさんにも、楽しいクリスマスと良いお年を。

管理者にだけ表示を許可する