Glogg を作ろう

2008.12.09.
スパイスの香りが効いた甘いホットワイン、Glögg (デンマーク語とノルウェー語では Gløgg。 発音はグレッグ、グロッグ、グルッグ・・・?)

ドイツ語圏のグリューワインと同じもので、ヨーロッパ各国にそれぞれの名称で存在する、冬の飲み物。

glogg2.jpg

こちらは暖を取るために入ったデンマークのカフェバーで頼んだ Gløgg。 通常アーモンドとレーズンを加えます。 う~ん、スパイスとワインのハーモニーが奏でる、この甘く深い香りが堪らないのだ。 デンマークの Gløgg はアルコール度が高めなので、身体の芯からから暖まります。 

スウェーデンの Glögg は、甘過ぎてワインの深い味わいがないうえ、クリスマスマーケットで売っていたり、お店などで無料で振舞われるのは、子供も口にするのでアルコール度のないものが多い。 スーパーで売っているのも、アルコール分は低いです。 (お酒は国営酒屋の Systembolaget でのみ販売。 アルコール度が高ければ、それだけお値段も高い。)

自家製用に、Glögg 用のスパイスをパックしたものもあります。 Glögg に使われるスパイスは、シナモン、クローブ、カルダモン、ビターオレンジの皮、生姜など。

glogg1.jpg

自分で好みのスパイスを、好みの分量集めて、自家製 Glögg を作る人も多いです。 用意するものは、上記のスパイスと赤ワイン、ヴォトカ(ウォッカ又はホワイトリカー、ワイン一瓶に対し約100ml)、砂糖。

準備:まず、スパイス(ちょっと砕いたら良いかも)をガラス瓶などの容器に入れ、ヴォトカを注ぎ、そのまま丸1日漬け込みます。 (ワインに直接漬け込むよりも、スパイスの風味がより良く早く浸透するため、ヴォトカを使用。 でもアルコール度が高くなるので、注意!)

飲むとき:スパイスで漬けたヴォトカを、布やコーヒーフィルターで漉し、鍋へ。 そこへワインも加え、沸騰しない温度(70度くらい)で暖めます。 砂糖を好みの甘さで加え、出来上がり。 小さなカップ(グラス)に注いで、アーモンドスライスと干し葡萄を散らし、いただきます。

お子様や下戸の方には、アルコールフリーのワインや、グレープジュースなどを代用に。 その場合、スパイスは直接ワインやジュースに丸一日漬け込み、スパイスを入れたまま鍋で暖め風味を出します。

クリスマスのこの時期、自家製 Glögg を振舞う Glögg パーティーのお誘いも。 でも、スウェーデン人が作る Glögg って、今度はヴォトカを入れ過ぎるのよね・・・ お酒の味わい方が分からない連中だ。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
らくだのせなかさんへ
「ティーパックのような形状のスパイスミックス」とは、見たことがありません! 手軽に好みのワインが作れるだけでなく、フルーツティーとスパイスミックスを煮出す活用法もあるとは、おいしそうです。

スウェーデン人は、すぐウォッカウォッカって騒ぐけど、本当は酒に飲まれる体質のようです・・・
こんにちは
グリューワイン、こちらでは、スーパーでティーパックのような形状のスパイスミックスが売っています。
これだと好みのワインで作ることが出来るので、市販のものを買うより満足度が高いです。アルコールに弱い私は、どちらかと言えば、フルーツティーとスパイスミックスを煮出して飲むことが多いですが・・・。

ところで、ウォッカを入れるというのは、さすがですね。
tulpさんへ
何故かこちらでは、ホットワインにアーモンドとレーズンは付きものみたい。 アーモンドは通常生なんだけど、うちで暖めていれるときは、炒ったアーモンドを使います。 「香ばしくっておいしい!」と喜ばれましたので、こちらもお試しあれ~。

スウェーデンはアルコールの規制が大きいので、外で飲む場合は、低アルコールの場合が多いんですよ!
こんにちは。
北欧ではホットワインに最後アーモンドやレーズンを散らすんですね。初めて知りました~。
おいしそうなので、一度試してみようと思います(^^)。

ホットワイン、この時期体が温まっていいですよね。
(とはいえ私は残念ながらお酒に弱いので、外ではなかなか注文できないのが残念ですが・・・笑)

sueさんへ
ホットワインは白よりも赤い方がおいしいですよね。
スパイスが入っていると、また味わい深いです。
オリジナルブレンドなど作ってみると、いいですよ~。
にゃんこねんさんへ
クリスマスなので手作りでせめてまーす。 でも、これはスパイスセットをいただいたので作り方を載せてみただけ、自分では作っていませーん。 (白状します。 私はエセ手作り派です。)

にゃんこねんさんとこも下戸ですか!? 私の義兄がアルコールは1滴でもダメな下戸です。 あの大酒のみの親父から、どしてこのような息子が・・・スウェーデン側の血かしら。 (スウェーデン人はアル中に生り易い体質らしいし。)

北欧教信者の皆様方のハートをぐわっしと鷲掴みにした後、突き落とすような記事も書きますので、見守っていてくださいね♪

本当に、何もかも、よくここまで砂糖漬けの食べ物を食べられるな・・・
めたるさんへ
子供の頃、飲み過ぎたからでしょう。
プリンさんへ
私は初めてgloggを飲んだとき、あっ日本の甘酒と同じなんだな!って思いましたよ。 冬に飲む、甘くて暖かいお酒。
でも私は子供の頃から甘酒が苦手~。 夫は「おいしい」って、ゴクゴク飲んでたけど・・・
アリスさんへ
チェコにも絶対あるはず~! この冬、ぜひ探してみて!
アップルサイダー用のスパイスを使ってみたら、こんなホットワインができるんじゃないかな~と思うけど? 今度ホットワインをつくるときに試してみてください。
赤ワインってあまり好きじゃないんですけど(白は好きです。)、ホットワインは大好きなんです。
自分で作ったことなかったので単に砂糖が入っているだけだと思っていましたがきっとお店で頂くホットワインもこんな風に色んなのが入っているんでしょうね~
なして甘いんだべ?
3週間くらい前からウチの世帯主  偽物のスッゴイ甘いのを毎晩飲んでます
見かけによらず思いっ切り下戸なヤツなんで その横でコスケンコルヴァ(ご存知だと思いますが 隣国の安ウォッカです)にレモンを垂らし 1人淋しくアオッってます

いやあ 今週もまた素敵な手作り系ではないですか!

ほんと尊敬します そのマメさ 少し分けて頂きたいものです このズボラなあだくしに☆

Chakyさん あたしンとこに来る北欧教の信者さん達の心 ガバッと鷲掴みかも…
けど なんでここの国の物って 食べる物も飲む物も甘いんでしょうねぇ
子供の頃からの謎です
昔は・・・
 昔は幼稚園で初めてビールを飲み、中学の時は学校にも行かずワインを飲んでいたほどだったのに、今ではすっかりアルコールがダメになってしまいました。匂いを嗅ぐだけでもふら~。どうして、こうなってしまったのやら?
寒い地方の知恵から生まれたものなんでしょうね。
昔の人って、すばらしい!!
日本にも熱燗にスパイスを加えたものがあるのかしら?
甘酒がその代わり?
とても美味しそうです!こういう作り方があるんですね。
キャンドルもいい感じ~。
ホットワインは時々作ってましたけど(暖めて砂糖を入れるだけ)。
彼に説明したら、なかなか信じませんでした。
ワインを温めることに驚いたらしい。
チェコでは作らないのかな。でも、彼はアルコールがNOの人なので、実はあるのかもしれません。
RENEさんへ
RENEさん、まだ起きていらっしゃる? 日本時間では、真夜中をとっくに過ぎた時間帯ではありませんか。 (RENEさんのコメント投稿に、かなりの深夜が多いことは承知済み。) ぜひ私が、glogg を作り、労って差し上げたい。

砂糖を加えるので、ポートワインとは違った甘みですが、好みで砂糖を入れずにスパイスだけを効かせても、またおいしいですよ。

私も、ハーフレースが一番好きですが、実はこのお皿、知人宅のものなんです・・・ (自分のもののように撮影してしまった。)  なんとこのお皿の持ち主、背中に、このハーフレースのパターンのタトゥーを入れているの。 可愛いかも♪
今、飲みたい(笑)
少し舌にピリッとくるくらいのスパイシーなのが、好き♪
ポートワインなんかとは、また違った甘みなんでしょうねぇ~
深夜に頂きたいワインかも^^

↓クローバーやハートの型、とっても可愛い!
美味しそうな焼き色に、深夜にしてお腹がグーであります(笑)
私も、ハーフレースが一番好きよ、気が合いますな(うふふ)

管理者にだけ表示を許可する