Vaniljhjärtan バニラハートの作り方

2008.12.04.
不細工で不味いものが多い(←ここを強調したいところ)スウェーデンのお菓子の中で、見た目が可愛らしく、まぁおいしい(あまり甘くない)かなと思うのが Vaniljhjärtan ヴァニリィヤルタン。 直訳すれば「バニラ・ハート」という名のこのお菓子は、形がぷっくり膨らんだハート型。 粉砂糖がかかっていて、こんなお皿に乗せれば、なかなかロマンチックな趣。

vaniljhjarta1.jpg

中には、スウェーデン語で Vaniljsås (バニラソース)、Vaniljgrädde (バニラクリーム)と呼ばれる、カスタードクリームが入っています。

vaniljhjarta2.jpg

家庭でも作れますが、バニラハートの型が必要。 それで探し回ったのですが、ない。 どこにも売っていない! 唯一売っていそうなお店は閉店してた・・・ 諦めていたところ、ひょっこり見つけました、セカンドハンドのお店で。 

スウェーデンでは、普段クッキーを作るとき、クッキーカッターを使いません。 でも、クリスマス定番のジンジャーブレッドは型抜きします。 それでクリスマスの時期になると、クッキー型が売り出されます。 このセカンドハンドのお店も、以前チェックしたときは置いてなかったけど、クリスマス商品と共に並べられていたのでした。 (追記:でも、バニラハートはクリスマス菓子ではありません。) しかも大量に。 初めてバニラハートの型を目にし、手にし、感動~。

ハート型と、珍しいクローバーみたいな形もありました。 スウェーデン製。

vaniljhjarta3.jpg

で、作り方(レシピ)ですが・・・

生地の材料(型8個分)
小麦粉 1カップ (※)
片栗粉 1/2カップ
砂糖  1/2カップ
バター 100g
(※ スウェーデンには強力粉、薄力粉などの種類はなく、パンもお菓子も全て小麦粉)

これらをよく混ぜ、しばらく寝かせます。

バニラクリーム(カスタード)の材料
生クリーム 1/2カップ
卵黄 1個分
砂糖 小さじ2
片栗粉 大さじ1

これらを鍋に入れ、低温で暖めながら、とろみが出るまでよく混ぜ、最後にバニラシュガー小さじ2(あるいはバニラエッセンス)を加え、冷まします。

バニラハートの型の内側にバターを満遍なく塗り、オーブンは200度に設定。

寝かせて置いた生地を、麺棒でやや厚めに延ばし、ハート型にぴったり貼りつけます。 その中にバニラクリームを流し込み、その上を延ばした生地で覆います。 縁の部分はぴったり張り付け。

200度のオーブンで15分。

vaniljhjarta4.jpg

取り出して、手で持てるくらいに冷めたところで、型から取り出し、上から粉砂糖を振るって、出来あがり~。

vaniljhjarta5.jpg

こう見ると、簡単なようですが・・・ この写真は、4度目の正直で、納得いくような味と焼き上がりになったもの。

レシピ通りに作ったところ、生地はバターが多過ぎベタついて型にはめるのに一苦労。 お味の方は片栗粉の味が強く、またバニラの風味はなく、おいしくない。 それで、試行錯誤のうえ、片栗粉の量を減らし、小麦粉の量を増し、バニラシュガーを加え、半日から一晩寝かせることにより、やっと満足のいく生地ができました。

4度も作ったけど、自分は味見として1つ口にするだけ。 後は、試作品の処理として、モルモット・・・ もとい、スウェーデン人たちに食べてもらったところ・・・ まず皆、私が家で作ったということに尊敬の眼差し「すごーい、自分で作ったなんて」そして「とってもおいしーい」と食べて感激。 私の株は上がりました。

でも、生地はケーキ屋さんのものよりおいしく出来たけど、市販のものを使った中のカスタードクリームは、イマイチ。 また焼いている途中、クリームがハートの中から噴出したり、焼き上がりは中が空洞になってクリームがほとんどなかったり・・・ ううっ、まだまだ修行をしなくては。 
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
rukoさんへ
コメントありがとうございます! 
日本には、おいしいお菓子が山ほどあるので、スウェーデンのお菓子が珍しく感じるのでしょうね・・・ でも、これしかない、これしか食べられない生活は、とても辛いです・・・ 家庭でお菓子を作るのは、ほとんどおばあちゃんばっかりだけど、おばあちゃん達の手作りお菓子は、文句なしにおいしいです!
また、ぽつぽつとレシピなども載せますので、よろしくね♪
こんにちは!
はじめまして!現在日本でスウェ菓子をせっせと修行中(趣味です)です(^^;
私は、色々な国のお菓子を食べましたが、こんなに家庭で普通にお菓子を手作りする、あるいは行事ごとに型にはまったお菓子を食べる国は無いと思います。その単純さにびっくり&感激し、日本でネット&スウェ本&スウェ人情報により細々手作りしています。北欧菓子っていうのかどうかわかりませんが、日本人が今はなかなか維持できない「習慣」っていうのとリンクしているのが魅力だと思っています(^^;
ま、外国から見たってところで、そこで生活している人とは全く感じ方が違うのかもしれませんね。今回のレシピ、本で見たことがありませんでした!是非挑戦してみます!また色々教えてくださいね。
はらぺこママさんへ
こちらこそご無沙汰ご無礼しております。
やっぱり(笑)、スウェーデンのスウィーツはお口に合いませんでしたか(泣)。
日本に居る今、わざわざ北欧のお菓子を口にする必要などない嬉しい環境にいるなか、それでもちょっと懐かしくなったら、作ってみてくださいね♪
Gunvaldさんへ
この皮は、見た目と違って硬くはなく、意外とホロホロ崩れやすいんですよ。 クッキーより柔らかいです。

んん~、この本は、私に対する挑戦!? 私が、いつも口を酸っぱくして、スウェーデンのお菓子は「不味い、不細工、不健康」と三拍子揃ったものだと言っているのに! (しかも、タイトルに「北欧」とあるのに内容はほとんどスウェーデンで、他の国を無視してる・・・?)

ふふっ、スロージン、もういくつか寝ると、解禁日です!
久しぶりのコメントです
はらぺこママ(ママくま)@日本です
時々お邪魔していましたがコメントせずに失礼いたしました。
今回私がスウェーデン訪問時に必ず食べていたスウィーツの記事に思わずコメントさせていただきました。
あんまりお口に合わないスウィーツ達の中でコレは唯一結構美味しかったのでカフェではいつも紅茶とコレをいただいていました。作り方をみて、挑戦してみようかなぁとも思いましたがいつになるのやら・・・。
またブログのぞかせていただきますね。
本にもできるかも
これは皮は硬いのでしょうかね?クッキーの中にクリームという感じかな。

少し前に大きな本屋さんに行った時にこの本を
http://www.amazon.co.jp/%E5%8C%97%E6%AC%A7%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%91%B3%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%8A%E8%8F%93%E5%AD%90%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A-%E5%9C%9F%E4%BA%95-%E5%A7%8B%E5%AD%90/dp/4772695125/ref=sr_1_1/376-7720804-6447235?ie=UTF8&s=books&qid=1228639473&sr=1-1
見つけて一瞬「買おうかな。」と思ったのですが、ここのことを思い浮かべ止めました。
chakyさんの記事をまとめればこの本より有益な情報でしょうからね。

なにせこの本にはスロージンの作り方は載っていませんでしたから。
yukiさんへ
あ、一番最初の写真(と2番目の)は、買ったものです。 マドレーヌとは、全然違う代物なんです。 スウェーデンまで来てくれたら、私の手作りをご馳走しますよ~♪
よやさんへ
「おいしそうに見え」て、実際食べたら、おいしかった? ぜひぜひ作ってみたくださーい!
プリンさんへ
お褒めくださりありがとうございます♪
でも、北欧のお菓子は大したことないので、ブームに乗って日本に進出しない方がいいと思います。
めたるさんへ
意外と(失礼)乙女チックなめたるさん。 クッキーを焼くとは、ハートが好きとは、初耳です!
おぉっ!
またまた手作りですね。
何処かのお店で買ってきたのかと思いました。
これはカスタードクリームが入ったクッキーなんですか?
見た目マドレーヌみたいなものなのかなぁ~と思ったんですけど。
とっても美味しそう!食べにスウェーデンまで行っちゃおうかな(^v^)
おいしそー!
これ、学校のカフェで食べたことがあります。見た目がかわいいのとおいしそうに見えたから。しかし、これも家で作れるんですね!そのレシピをみて私もぜひチャレンジしたいと思います!
バニラハートて、可愛いお菓子ですね~。
4度目というけれど、すごくきれいに焼けてますよ(^_-)-☆
カスタードクリーム入りなんて、ぜひ食べてみたいです^^
日本にはいろいろな国のお菓子が入ってきているけど
北欧のものはあまり見かけない気がします。
だから、こういう現地情報はとても興味深いです♪
ハート
 ハートの形って見ているだけで可愛くて幸せな気分になりますよね。私もクッキーを作る時はハートの型を一番多く使います。クッキー?勿論、市販の素を買ってきて作ります。とほほ。
にゃんこねんさんへ
すごいでしょ、すごいでしょ、すごいでしょ~。 私も、すごいって思う! 自分でも驚いている・・・

こんな風に作ったものをブログに載せていると、私はお菓子作りする人みたいだけど、日本にいたときは、お菓子どころかご飯も作らず、第一に料理は大の苦手。 でも、スウェーデンに来たら、食べたいものなんて、ないじゃない? 外食すれば、何故こんな不味いものに、こんな高い代金払わなくちゃいけないの?って、悲しくなるだけじゃない? だから、自分で作るしかない。 私にとってサバイバルです、これは・・・

でも、にゃんこねんさんも素晴らしい! シュークリーム作ったなんて! (私はまだ挑戦したことない根性なしです。) スウェーデン人に「シュークリーム」って言っても shoe cream と間違われるだけだし。 

あ、分かる、「まともな御飯=日本風な」というの。 でも確かに、ご飯とみそ汁とおかずと・・・ って、慌しくしているときは重労働。 使う鍋や食器も増えるし。 そゆーときは、かまわずスウェーデン風にするのが、スウェーデン暮らしの知恵。 肉焼いて、野菜茹でて、同じお皿に乗せて・・・ ラクだぁ、と心から思う。 (でも、これに慣れちゃあ、いけない!)
アリスさんへ
本当、お菓子って、国によっていろいろ異なるんですよね。 嗜好の違いかな。 不味いスウェーデンの味も、スウェーデン人にとってはおいしんだし・・・
辛抱強いんじゃなくて、熱しやすくて冷めやすいから、このときは続けて作ったけど、今度作るのはいつになるやら・・・
sueさんへ
ね、可愛らしいでしょう。 でも、クリスマスのお菓子ではないんですよ。 (その点、追記いたしました。) この型は現在手に入れるのが困難なようで、スウェーデン人も私が持っていることにビックリ。
パウンドケーだけでも、sueさんが作ったものはセンスがあっておいしそうです♪
tulpさん
ご訪問&コメント、ありがとうございます! オランダにお住まいなんですね。 tulpさんのブログ、後でゆっくり伺わせていただきます。

お菓子をおいしく見せるには、小細工・・・じゃなくて、ちょっとした小道具があると映えますね♪
すっごいすッ!!!
いや スウェーデン人だけじゃなく 半端な日本人のあたしも尊敬です!

ここら辺の人って 基本 御飯らしいものって作りませんよねぇ
晩御飯とか 毎日あんな感じ(わかりますよね?)で なんで平気なのかが ほんとわかんないです

それにしても こんな美味しそうなものを 自分のお家で作るだなんて 素晴らしい!!!
カスタード Chakyさんなら お菓子屋さんより美味しく出来るんじゃないですか?
お菓子 殆ど未経験だったんですが ずっと前 シュークリームが食べたくなり 初挑戦したんですが このあたしでもクリームだけは上出来だったんですよ☆
だから 是非 挑戦なさってみて下さいませ♪♪


最近 更に日常に追われ お菓子どころか まともな御飯(日本風な)を作る気力さえ無くなって来てます
いやいや こんなんじゃダメですね ほんと

あぁ すみません 暗くしてしまった… 
へええ~お国それぞれにお菓子も変わりますね!
材料はほとんど同じなのに少し作り方が違えば違うものになるのが不思議。
Chakyさん辛抱強い!4回も作ったの。
確かにあわせて焼くところが難しそう、中身が飛び出したりしそうだしね。
上手に焼けると可愛いね。小麦粉の種類がないだけに、片栗をレシピに入れるところが一応わかってるって感じですね(笑)。Chakyさん頑張れば喫茶店できちゃうかも、日本の味に驚き!
まあ!可愛い♪
ハート型だなんて良いですね!
型がクリスマスシーズンに並べられるということは、
クリスマスのお菓子なのですか??
私はお菓子作りは苦手です。
パウンドケーキなら出来るんですけど。
だからいつも人にあげるのはパウンドケーキです(笑)
こんにちは!初めまして。
ブログ村でこちらのブログを発見してやってきました。

ハート型のかわいらしいお菓子ですね。
そしておいしそうなお菓子はもちろん、
お皿や、緑地に赤い林檎柄のテーブルクロスが
とっても素敵です!



管理者にだけ表示を許可する