チョコのアドベントカレンダー マイレージで

2008.11.29.
早いもので、明日(11月30日)は第一アドベント。 家の中もクリスマス支度。 そして台所の壁に、これ↓を飾りました。 

mostadvcalendar1.jpg

これは、アドヴェント・カレンダーなのですが、ドイツのチョコレートメーカー Most のもの。 箱の大きさは、縦83cm×横29cm。 12月1日からクリスマスイヴの24日まで、毎日ひとつずつ、日付が書いてある「窓」を開けていきます。

mostadvcalendar2.jpg

中から出てくるのは、高級チョコレート! 一箱100円で売られているお子様向けのペラペラのチョコではなく、ビターチョコはカカオ60%、ミルクチョコの場合は35%、リキュールやラム酒などが使われたプラリネが出てくる(はずな)のです。 このカレンダー、一箱6千円はするものですから。 

こんな豪華なチョコレートのアドベントカレダーをどうしたのかといういと、マイレージで貰いました。 私は、ルフトハンザのマイレージ (Miles & More) を持っているのですが、年末に有効期限が切れてしまうことに気づき、ヨーロッパ内を往復できるくらいマイルは溜まっていたけど、今からでは慌しいし・・・ ということで、商品と交換することに。

季節柄、思わず、アドベントカレンダーを頼んでしまいました。 いつまでたっても、アドベントカレンダーには並ならぬ魅力を感じてしまいます。 

さて、余談ですが、この商品をオーダーした際ルフトハンザ(ドイツ航空)から、すぐに手紙が届きました。 

現在商品がドイツ国内になくオーストリアから取り寄せるので少々時間がかかるとのこと、そして、今回商品をオーダーしてくださり誠にありがとうございます、という丁寧な謝辞。 手紙はドイツ語で書かれていたので、夫に読んでもらったのですが「このドイツ語の文面、ニュアンスをそのままスウェーデン語に訳すのは不可能だね。 とても丁寧にお客様を敬う姿勢ってスウェーデンにないもん」。

そして思い出したのが、マイレージをSASスカンジナビア航空からルフトハンザ航空に変更することにした経緯。 

私は最初、スカンジナビア航空のユーロボーナスを持っていました。 ルフトハンザ航空を使用しても、同じスターアライアンスなので、一緒にマイルを溜めることができのですが、日本の空港での手続きの際、マイルが加算されていないことに気づきました。

で、次に日本へ行ったとき、ユーロボーナスに電話したの。 顧客として航空会社にかける電話って、普通フリーダイヤルだと思いますが、SASやユーロボーナスは、電話代がこっち持ち。 なんてケチくさい・・・ おまけに、「半年以上前のことなので、今からマイルの加算はできません」と言う。 えっ、半年で、もう期限切れ? またもやケチくさい・・・ 窓口の対応も全然なってなくて、本当にスウェーデン人相手に話しているようで、北欧の企業は日本においても、北欧並みのサービスしかしないのか~って、不愉快になることこの上ない。

その後、今度はマイルズアンドモアの方に電話してみました。 こちらは、(もちろん)フリーダイヤル。 そして「1年以内でしたらマイルは生きていますので、大丈夫ですよ。 今すぐお手続きさせていただきます」と、丁寧な対応。 それでユーロボーナス(SAS)に見切りをつけ、マイルズアンドモア(ルフトハンザ航空)のマイレージを持つようになったのでした。

ルフトハンザ航空は、今だ日本~ヨーロッパ便に個々のスクリーンは付いていないし、アメニティグッズも冴えないし、食事も大したことないけれど、信頼という面では、やはり一番安心できます。 ストもしないしね。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
らくだのせなかさんへ
15年前のSASなら、乗ってみたい憧れのエアラインでしたよ。 15年経てば、どこも大きく変わりますね。 (変わらないのは私の頭の中だけ・・・)

らくだのせなかさんのブログにお伺いしたのに、コメントも残さず失礼いたしました(汗) 更新楽しみにしていますので、またお邪魔させていただきます!
そうでしたか
まあ、拙ブログにもお越しくださったのですね。
ありがとうございました。

尾張弁(名古屋弁ともいいます)は、真面目に話しているつもりでも真剣さが伝わりにくい言葉ですので、内容もどちらかといえば、方言に合わせた内容を書くようにしているのです。
お時間がありましたら、また遊びに来てくださいね。

SASも経営が大変なのですね。15年以上前にSASを使ったときには、悪い印象がなかったのですが、この15年でどこも随分と変わったのでしょうね。とても残念です。
らくだのせなかさんへ
北欧においてのアドヴェントやアドヴェントカレンダーの風習は、ドイツから来たもの。 フランスはないんですね! 英語圏でも、祝わないような。 だから日本には広まっていないのかな・・・ こちらで売られているアドヴェントカレンダーは、全てドイツ製なんですよ。

勝手にフライトを廃止し、連絡をきちんとしないでトラブルになった話、SASでも聞きました! もっとも、トラブルになるのは客側で、航空会社は高飛車な態度という面でも同じです。 今やSASも他航空会社の経営再建に手を貸すよりも、自分達の経営が大変のようですが、当たり前ですね。 航空会社選びで、重視すべきは信頼性と、つくづく思いました。

らくだのせなかさんのブログにお伺いしましたが、こちらのコメントと同一人物の方とは・・・ 話し方、方言一つで、印象も変わりますね! あまり方言のない地域出身なので、羨ましいです。
こんにちは
アドヴェントカレンダー本場に住む「らくだのせなか」です。
こちらでは、よくお母さんが手作りしたり、売っているアドヴェントカレンダーに小さなお菓子をつめて、子どもが毎朝楽しみにあけたりするようです。
勿論、チョコレートだけでなく、グミやおもちゃのアドヴェントカレンダーなど様々な種類のものも市販されています。

どうやら、隣国フランスにはないようで、昨日会ったフランス人女性は、「とてもよい習慣だから、我が家でも取り入れたのよ」と言っていました。

航空会社は信頼性も重要ですね。

私は、実家近くの空港に直行便が出ているので、ルフトハンザ利用組みですが、年末に姉に頼まれて、Oリタリアのイタリア国内線をこちらかた予約して、大変な思いをしています。勝手にフライト自体を廃止したのに、予約していた姉には何の連絡もなし。同じフライトをJAL経由で予約した母にJALから連絡が入ったことで発覚。
某国のOリタリアに電話で予約変更を頼んだところ、「今回に限って、予約の変更を認めましょう。」という高飛車な返事でした。おまけに待てど暮らせど、予約変更のメールが届かず、二回目の電話でやっとメールを送ってきた模様。しかも、同じ顧客名で同じフライトを二つの予約番号で二重に予約したようです。
さすがにルフトハンザではこのようなミスに遭遇したことがありません。

そういえば、Oリタリアの経営再建って、SASが絡んでいませんでしたか?

というわけで、長々とコメント失礼いたしました。 
Gunvaldさんへ
Gunvaldさんは女性の心を弄ぶ・・・じゃなくって、女性の心を掴むのがお上手。 ベルギーチョコのお土産いただいたら、私も目がハートになってしまいますよ。 (その視線の行き先はチョコですが。)

私にはリンクを付けてくださって、嬉しいです。
ゴディバはスウェーデンにもあるけど、他の2店はないと思います。 夫がベルギーに行ったとき、このレオニダスのチョコをお土産に買って来てくれました! スウェーデンに比べたら、安い値段で、買うのに並ばなくてはいけなかったんだけど、たくさん日本人がいたよ~!と、感心してたな。 包み紙や箱もかわいいので、わたしも大事にとってありますよ。

チョコはよく効く鼻薬ですね。 鼻の調子が悪いので、今日もチョコ食べよー! (媚薬ですね、媚薬。 はい。)
sueさんへ
小学生の頃いただいたなんて、いいなぁ~。 私はスウェーデンに来て、初めて実物を手にしました。 へへっ、この記事を読み、思い出してくれたなんて嬉しいです。
でもね、クリスマスは待ち遠しくないかも・・・ だって、クリスマスになったら、チョコはもう食べ切って、なくなってる!
チョコはよく効く鼻薬
チョコレートは良いですね。女性へのご機嫌伺いにはもってこいの品です。
以前ベルギーに行った時に会社の人へのお土産にチョコを大量に購入してきたことがあります。とりあえずガイドブックに載っている店を回り総計1kg近くも買ったでしょうか。
当時はまだベルギーのチョコレートといっても日本ではゴディバ位しか一般的ではなかった頃でしたのでとりわけ女性陣に喜ばれました。
中でも雑誌でみて食べてみたかったという店(ノイハウスだったかな?)のチョコが食べられたと感激して、その空き箱でペン立てを自作してデスクに置いていた女性もいました。

現在では主な有名店は日本にも出店しているようです。
http://www.neuhaus.co.jp/
http://www.leonidas-alex.jp/index.html
http://www.godiva.co.jp/welcome.php
これ、アドヴェント・カレンダーって言うんですね?!
初めて名前をしりました。
小学生の頃叔母に貰ったことがあります。
すっかり忘れていましたが今日このエントリーで思い出しましたよ!
クリスマスが待ち遠しいですね♪
SACHIさんへ
うふふ、凄いのよ~、このアドヴェントカレンダー。 大人の味なの。
あ、私のアドヴェント・カレンダー、開けてくださったのね。 明日もよろしく。 「毎日か…」なんて言わず、明後日もよろしく。 いつか、そのうちアンドレ様が・・・(のハズない。)
阿瀬王さんへ
箱だけでなく、開けても凄かったです、このアドヴェントカレンダー。 しょぼいうちの台所で、このアドヴェントカレンダーだけが別世界。

「一文菓子屋さん」、どこにでもありましたよね。 子供たちの社交場。 怪しげなお菓子が色々あって。 当たりつきのもの、多かったですね。 私はなかなか当たりませんでしたよ。 「その“箱”は区切りがしてあって、ミシン目で、自分の好きな所を開けるようになって 」 ・・・正にアドヴェントカレンダーみたい!

スカンジナビア航空は、業績悪化ゆえ経費削減を実施したところ、ストは続くし顧客は離れるし、あげくに買収!?
RENEさんへ
映像を持ってきてくださり、ありがとうございます! 合唱コンクールでも定番だったこの歌、今改めて聴きますと、歌詞の内容がまったく意味不明・・・ それでも(汗)、いい曲です♪ 何度も繰り返し聴いちゃった。 エアメールというと、この歌を連想しちゃうのは、この世代特有?

AC/DCの新譜、9年振りなんですね~。 還暦を迎えても現役なロックバンドの来日も続いているようですが、この人達は来るのかな~。 全然衰えないどころか、鳥肌が立つくらいカッコイイ、『Rock'N Roll Train』。 日本語版は邦題も頑張っちゃったようで・・・ (って、RENEさんには意味不明な話でご免なさい。)

奥様からは懐メロ、旦那様からロックな話題、ありがとうございます♪

スチュワード目的ではないなら、何故にシンガポール航空? でも、食事やサービスなど、評判がいいですよね。
プリンさんへ
そうなんですよ~、すっごく素晴らしいアドベントカレンダーです。 今、1日目を口にし、早くもハイ状態♪ (チョコにたっぷりアルコールが入っていたからか・・・)

経費節減→サービス低下→客も激減ですよね。
めたるさんへ
今ね、開けたんですよ、1日の窓を。 そしたら、チョコが一度に2個も出てきたうえに、天国に昇るかのごとく、おいし~い! これが24日間続くと思うと、今から武者震い。 クリスマスイヴには、自分の顔や体重はどうなっているのか・・・
アリスさんへ
スカンジナビア航空、10年前位だったら、すごく評判良かったでよ。 私も初めて乗ったときの印象は、とても良いものでした。 しかーし、その後、転落するかのごとくサービスはどんどん削られ、今や同じ航空会社とは思えん。
ルフトハンザで感激しちゃうなんて、ユナイテッドやアメリカンって・・・
お~!
凄い、アドヴェント・カレンダーですねぇ。
我が家で買ったのは…何だかもっと小さい、子ども向きっぽい物です…。
何て云うか、飛び出す絵本風…かな。
アドヴェント・カレンダー、開けました~!
明日も、開けま~す。毎日か…。^^
豪華なアヴェントカレンダー
本当にスゴイ“アヴェントカレンダー”ですね~
こんなの見たことないです。一寸立派な“アヴェントカレンダー”っても、12月のクリスマス・イヴまでの、普通のカレンダーの豪華版程度です。こんな“アヴェントカレンダー”なら、クリスマスまで楽しめますね。毎日豪華なチョコが出てくる、一体、今日のはどんなだろうかって、楽しめますね。そして、そのピークがクリスマス。

ちょっと、下世話な話ですけど、わたしの幼少の頃、一文菓子屋さんがあって、そこに、「当てモノ」のBOXが売っていました。その“箱”は区切りがしてあって、ミシン目で、自分の好きな所を開けるようになっていました、多分、当時、1回10円とか20円位だったと思います。わたし、小さい頃“当てモノ”が大好きで(結構良く当たっていました&今でも好きかも……)。ちょっと、レベルは違いますけど、思いだしてしまいました^^;

スカンジナビア航空は業績が悪化しているのではないでしょうか? ルフトハンザは元気ですね。先日、のニュースで、

> 独ルフトハンザ航空、SAS買収を検討=関係筋
[フランクフルト 12日 ロイター] ドイツのルフトハンザ航空(LHAG.DE: 株価, 企業情報, レポート)は、スカンジナビア航空(SAS)(SAS.ST: 株価, 企業情報, レポート)買収を検討している。関係筋がロイターに対して明らかにした。

関係筋の1人は「独占交渉が行われている」とし、SAS側が5月に買収の可能性を打診したと述べた。

ただ、買収がほぼ確実なわけではないという。ルフトハンザの戦略に通じている別の関係筋は「これが買収につながるかはまだ決まっていない」と述べた。

ルフトハンザの広報担当者はコメントを控えた。SASのコメントは得られていない。

2008年 09月 13日
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

って報道がありましたからね。その後、どうなったのかは知りませんけど。
今日から、毎日高級チョコ、イイなぁ~
>フィーリング イン ほ~くおう、イン 北欧~♪
正にその通りで。。。うふふ
そして、この懐かしい曲を思い出してしまったので、場所違いとは知りつつ連れてきました^^;
覚えてる?
http://jp.youtube.com/watch?v=tCAfY0SlyeQ

あと夫からの伝言で、
「AC/DCの新譜『Black Ice』の中の1曲目の『Rock'N Roll Train』は聴きましたか?」ですって。。。

エアラインのサービス格差は、今に始まったことではないでしょうけど、SASのその対応、ドン引きかも…
いつか機会があれば、シンガポール航空乗ってみたくて。。。決してスチュワード目的ではなく(笑)
そんなに豪華なアドベントカレンダーがあるんですね。
これは、大人の方が嬉しいでしょう^^

サービスって、大きく影響しますよね。
こうしてお客様を一人失うということは、それ以上の損失に
なっていると気づいていないのでしょうか(><)
チョコ食べたい
 凄く可愛い。こうやってクリスマスまでのカウントダウンを楽しむのいいですね~。中にチョコが入っているというのも、こりゃまた魅力的。
私は最近、ニキビで(この年になると吹き出物と言うの?)チョコを我慢しています。チョコ食べたい!ちょこっとでいいから。
そう、このアヴェントカレンダーなるものを知ったのは意外と最近なのです。素敵なクリスマスの待ちかたですよね~ホリデーって大切ですよね。これは多分アメリカにはないと思う。目にしたことないです。
うーん、スカンジナビア航空っていいって聞いたことがあるんですけどそうでもないんですね。ルフトハンザに乗った同居人が涙を流さんばかりに感激していました。そりゃ、ユナイテッドやアメリカンしか知らなければね。経験した限り、最低レベルの航空会社です。ま、安いですけどね。ルフトハンザでそうだとすると、JALなんて乗ったら目を見開いたままになってしまうかも。高いから無理だと思うけど(T_T)

管理者にだけ表示を許可する