夜の教会

2008.11.08.
スウェーデンの教会では、誰もが参加でき楽しめるような催しもあり、秋の間行われている、夜の教会 (Nattkyrkan) というイベントに、ちょっと行ってみました。

これは、教会で小さなコンサートを開き、その後フィーカ(コーヒータイム)を挟み、ミサ(聖餐式)と礼拝を行うというもの。 しかし、夜の教会という名のとおり、夜に行われるのです。 しかも、21時から夜中の1時まで!

教会の中は、何百というキャンドルに火が灯され、幻想的な美しさ。 また音響効果が良いので、コンサートにはもってこい。 

nattkyrkan.jpg

教会のコンサートといっても、毎回異なるジャンルのミュージシャンを呼び、テクノでゴシック系バンドのときは、これまた雰囲気が合って、なかなか良かったんだけど、観客はおじいちゃんおばあちゃんがほとんどで・・・ ちょっと異様な光景でもあった。

何回か行くと、人数は少ないながら、常連さんもいることに気づき、でも何だか風変わりな人が多いかな・・・ フィーカになると、茶飲み仲間のばあちゃんたちが集まり騒ぐので、じいちゃん連中から、あのばあさんたちウルサイから黙らせてくれと文句が出たり・・・ そんな人間模様を見ることも、またおもしろかったりして。

このイベントの指揮を取っているのが、私たちの結婚式を挙げてくれた牧師であり友人なので、観に行くときは、早めに行ってちょっと手伝うこともあります。

さて、先日、夜の教会が始まる前にキャンドルに明かりを点けていたら、リハーサル中の歌手が声をかけて来て、お互い顔を合わせビックリ。 なんと、スウェーデン語コースで一緒だったメキシコ人のクラスメートだったのです。 彼女がウィーンで音楽を勉強していたことは知っていたけど、彼女の音楽を聴く機会はなく、コースが終了してから会うこともなかったので、本当にお互い驚き、思いがけない再会に喜びました。

実は、前回「風土」で触れた、メキシコ出身の女性って彼女のことなのです。 ふと彼女が言っていたことを思い出しブログのネタにしたのですが、数日後本人に会うとは!

スペイン語で歌うとあり、この日の観客はいつもの倍以上、スペイン語を話す人達が多く訪れ、いつもとは違う賑やかさ。

彼女はソプラノのオペラ歌手で、ピアノ伴奏者と共に、鳥肌が立つような独唱を披露してくれました。

あまりの感動に、コンサートが終って彼女がフィーカしに来たとき、「素晴らしかったわ!」と彼女をぎゅと抱きしめ、一緒にいた夫にも紹介。 フレンドリーな彼女と気さくに言葉を交わしました。

帰り道「今日は本当、素晴らしかったし、びっくりしちゃったなー」と言うと、夫が「知ってた? 彼女って、かなり名の知れた大物なんだよ。 周りのみんなが、君の奥さん彼女と友達なんて、すごいなーって、感心してた」。

私にとっては懐かしいクラスメートに過ぎなかったのですが、知らないことは恥ずかしい・・・
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
sueさんへ
ここの教会は、なかなか豪華なので、雰囲気のある写真が撮れました。 
私もね、キャンドルって好きなんだけど、なかなか使えないでいるんですよ。 日本でロウソクといえば、停電か誕生日のケーキ以外で使ったことなかったからか・・・ 点けとくと火事が心配になったり・・・ だいたいキャンドルの光じゃ本も読めないし・・・ ぼや~とした光に眠くなっちゃうし・・・ お風呂場には置く場所ないしなぁ。
わぁ!
とっても雰囲気あるお写真ですね。
こんな場所で歌を聞けるだんなんて素敵^^
メキシカンの方とのタイムリーな再会もびっくりでした!
ところでキャンドルって大好きなんですけど、なかなか使う機会がないんですよ、私。
友人などはお風呂に入るときになど使うそうなんですけど、
私なが風呂しないし~なんて(笑)
Gunvaldさんへ
ご幼少の頃、賛美歌を歌っていらしたのですか。 幼稚園くらいだと、誰もが天使ですよね。 それが、今じゃ・・・?

懐かしい、Enigma! このビデオも・・・ すっごく久しぶりに聴きましたが、いいですねぇ。 夫も横から、このCD持ってるよ~とノスタルジックになっています。 
嬉しいなぁ。 リンク付けてくださり、ありがとうございます!!

私も、最近の音楽を聴こうとしなくなって、懐かしい曲にばかり反応してしまいますが(って、年寄りの会話になってる・・・)、新しいグループも、いいものですね。 教えていただき感謝です! (夫はこのグループを知っていた。 何年か前クリスマスソングがヒットしたよう。) 私の好みですよ。 もうちょっとYoutubeでチェックしてみようと思います。
デュアルさんへ
日本で神仏が祭ってある場所は、人々の憩いの場であり社交上でしたね。 ヨーロッパの教会は、以前はそんな場所ではなかったと思いますよ。 もっと暗く信仰のみを問う場所で・・・ 現在行われている、このような教会でのイベントは、教会離れを食い止める意味もあるようです。 
韓国はクリスチャンが多いといいますし、いいですね、クリスマスのミサ! でも、寒いんですね~。 私が住む地域は、北欧でも南なので、そんな寒くもないんですよ。
にゃんこねんさんへ
また行っても意味のない語学学校が始まっちゃうんですね。 北でも状況は同じなのね。

お墓探すの、大変ですよね。 私たちも、友人のお祖母様のお墓に、代理でロウソクあげに行ったのですが、ぐるぐるぐるぐる墓場を周ってました。 えっ、にゃんkねんさんたち、結局見つからなかったの!?

スウェーデンの教会は税金でまかなっているので、いいんですよ、一般の人達が大いに利用して。

うちのドイツ側はカソリックなのですが、地元の小さなカソリックの教会は、装飾があまりなく、しかもボロボロ・・・ 夫の従妹の結婚式で、一歩足を踏み入れ呻きました。 隣町出身の花婿が、ここの教会で式を挙げたくないとシブったわけが分かった。 私が想像(期待)してた、ゴテゴテの教会ではなかったので、がっかりでした。
プリンさんへ
うん、正に神様のお引き合わせだったのですね!
ああ、なるほど、日本なら深夜のイベントは若者向き。 いや、本当は、このイベントの目的は若い人達に教会に来てもらうことだったようなのですが、北欧のお年寄りは夜に強いからね~。 若者の方が負けてます。
めたるさんへ
日本の教会はクリスマスに何するのかな? コンサートで呼び込みしたらいいですよね。
本当、正にシンクロニシティで驚きました。 何ゆえ必然だったのか・・・ とにかく嬉しかったし、それが一番ですね!
アリスさんへ
夜の教会では、教会中にキャンドルを灯すので圧巻ですよ。 でも、火をつけるのが、なかなか大変な作業なのよね。 後片付けも。 北欧で、冬を暖かく過ごす秘訣は、ロウソクに燈る火。 温かみがありますよね。
阿瀬王さんへ
音楽の授業に黒人霊を聴き、「なんで、奴隷として抑圧されている(当時)の人たちの、送葬の音楽がこんなに明るいの!」と思った阿瀬王さん、当時から感受性が鋭かったのですね。 音楽の先生の説明が、また素晴らしいですね。
スウェーデンの教会でも、普段は教会付属の聖歌隊やゴスペル隊(?)がいます。 聖歌歌うグループとゴスペル歌うグループは分かれているんですよ。 やっぱり、まったく異なる音楽なのかな?
教会にフィーカは付きもの! それがなければ誰も教会に来ません。 そして、ばあちゃん達の独占場です。 
そうそう、有名人と知り合いだと、人の目って違ってくるんですね。 私は何でもないのに。 可笑しいですね。
Setteさんへ
元クラスメートは本当に気さくな人で、プロだから、自分が有名だとか、そんなことは全然思ってないんですよね。 語学レベルでは、みな一緒だったし(笑)
ゴシックバンドは観客が少なくても、ご老人ばかりでも、熱演! 後で牧師の友人も「おじいちゃんおばあちゃんたち、何を思って聴いていたんだろね・・・」と言ってました。 何か、目覚めちゃたりして!?
教会向きの音楽?
こういうところで聴く音楽は一種独特なものがありますね。天井が高いとかいう物理的な問題以外の要素もあると思います。
私も幼稚園に通っていたころは天使の歌声で賛美歌を歌っていたはずなのですが、今では悪魔のダミ声でございます。

割と近年に知ったのですが(悲しいことに、もう昔ほど新しい音楽に興味がなくなっている)こういうことをしているグループがあるようです。
Gregorian - With Or Without You Live in Prague
http://jp.youtube.com/watch?v=yvthat7poF8
色々な曲のカバーを歌っているらしいです。

私の若い頃にはこういう曲もありました。
Enigma - Sadness Part 1
http://jp.youtube.com/watch?v=_tK-u7fCK8M&feature=related
Enigma - Return to Innocence
http://jp.youtube.com/watch?v=-JpJjsHgYHA
幻想的なところがちょっとイメージが重なるかなぁ?
日本で神社でお祭りをする感覚なんでしょうか
明治以前には、日本でも、お寺や神社でお祭りや相撲大会、歌舞伎などの演劇鑑賞をしていたようですから、それと似た感じがします。最も、日本では、屋外なので、この時期では、今はとてもできませんが。賑やかでいいですね。
もっとも、韓国のソウルのクリスマス・ミサに参加、といえば聞こえは良いのですが、ほとんど、物見遊山気分で行きましたが、寒すぎて、そのまま帰ってきたことがあります。基本は寒いのだと思いますが、寒さを乗り越えて、楽しめるとは、北欧に順応されていますね。その国に順応できることはすばらしいことです。
あたしらとは 大違いです(笑)
まぁ なんと素敵なクラスメイトさん♪

今年の1月なかば ここに越して来た時にはSFIに空きが無く 暫く何ヶ月か待ってから参加したものの なんだかわからないうちに5回か6回で終了してしまい 友達どころか誰とも口を聞けませんでした
だって アラブ人ばっかで団結してるから その中に入れて貰えなかった…
てか その前にアラビア語は全くわかりませんが (笑)

今月末頃から なんだかよくわからないのですが(いやあ いい加減ですな あたしって…)また何かの授業に出ることになったので 知り合いくらい作れるといいなって思ってます♪

教会 先週土曜と昨日の土曜にも行って来ました
例のですね ろうそくの明かり灯すあれですよ はい

『どうも初めまして♪ お会いしたことございませんが あなた方の馬鹿孫の馬鹿嫁もどきでございます☆ どうぞよろしくです!』って 挨拶するつもりだったんです
でもね
 『お墓の場所 何処だか思い出せない!』の世帯主の一言で結局出来ず…
まぁ 暗くなるのが早過ぎたのもありますが なんかなんかでした 

それと 夏の終わりには 世帯主と友達のギャグ馬鹿バンドのビデオ撮影で 地元の教会の中でブラメタのメイクして音出して来ました
あらためて あたしらって大馬鹿者だぁと思いながらも 許可してくれた牧師さん達の 『ビデオ? いいよ♪』あっさりとした返事に驚きでした 

余談ですが こっちが田舎だからなのかもですが やっぱプロテスタント系の建物って えっらいアッサリしてるなぁ… って感じました
ドイツのは(あたしの住んでた地域ですが)カソリック特有のゴテゴテなゴシックだったので ある意味新鮮でした
誰もが参加できるイベントって、うれしいですね。
でも、日本なら深夜にわたるイベントだと若い人しか行かないような
気がするけど、さすが北欧人! 
デンマークの友人たちが夜に強かったのを思い出しました^^;

お友達との思いがけない再会は嬉しいですね。
しかも、彼女のすばらしい歌声まで聞けたとは、神様のお引き合わせかしら?
幻想的な夜
 教会でのコンサート。日本でもクリスマスなんかに大々的にやったらいいのに。

 メキシコの彼女との再会は正にシンクロニシティですね。彼女との再会は必然だったんですよ、きっと。
キャンドル大好きです。教会でコンサートっていいですね。この辺りでもやってるのかなぁ~。うーん。。。。メキシコから来た彼女との再会も良かったですね♪冬の楽しみを見つけなくっちゃ。。。。
教会って……
教会ってすごく厳かな雰囲気がありますよね。
でも、そんな教会で、

>毎回異なるジャンルのミュージシャン呼び、テクノでゴシック系バンド

なんかも演奏されるのですね。
アメリカの協会でも、特に黒人の“ブラック・ゴスペル”は『黒人霊歌』の流れから、ジャズやロックの影響を受けて、凄く派手なパフォーマンスになっているようですね(そんな”映画”もありましたよね)。

黒人霊歌って、結構“明るい”音楽なんで、最初(小学校か中学校の音楽の時間に聞きました)、

「なんで、奴隷として抑圧されている(当時)の人たちの、送葬の音楽がこんなに明るいの!」

って、思っちゃいましたけど、音楽の先生から、

『彼らは、抑圧されたがゆえに、死んだ時位は、明るく送られたい、と言う“意志”の表れなんですよ』

と言う説明で、一応、納得しました。

フィーカ(コーヒータイム)が有るって、面白いですね。やっぱり女性(ばあさんたち)はどこの国でも元気でおしゃべり好きなんですね。まるで“社交場”。じいさんたちは影が薄いですね~。
その後で、ミサがあるんですね。

『知り合いが有名人だった』

って、ある意味、鼻が高いですよね。まあ、本当は有名であろうと無かろうと、友人は友人なんですけどね。
でも、周囲のスウェーデンの人達のChakyさんを見る目が変わるのは愉快ですね。
どこの国でも一緒ですね。
クラスメート
有名ってこと知らないの、いいじゃないですか(笑) 彼女も付き合いやすかったと思います♪夜の教会のコンサートですか、素敵ですね。確かにゴシック系、合う!ご高齢の方が多いと、ちょっと微妙ですね(笑)

管理者にだけ表示を許可する