風土

2008.11.05.
スウェーデン人は、冷たい。 無口で、合理的で、ケチで、友達になるのが難しい。

と、他国から、スウェーデンに移住してきた人達は言います。

「やっぱり、私が思うに、この気候のせいよ! こんな寒い国に住んでいるから、無口で冷たい人間になっちゃうのよ」と、中米メキシコからやって来た女性が断言しました。

この意見には、ほとんど誰もが納得します。 実は、スウェーデン人自身もそう思っている場合が多い。 寒いせいだと。

ところが、異議を唱える人が現れました。

「そんなぁことないわよぉ、私たちを見なさいよぉ。 スウェーデンと同じくらい寒い、いや、それ以上に寒い国から来たのに、みんなお喋りよぉ」と言ってのけたのはポーランド人。

そうなんだよねぇ、ポーランドやロシアなんかも、スウェーデンよりもっと寒いよねー。 でも、この人達、うるさい、ウルサイ、煩い、ひたすら喋っている。 (移民を多く排出している国ですが、自分達の権利ばかり主張し、仲間内で集まれば、移民先の国の悪口ばかり言ってる傾向もある・・・ 考えてしまいますね、このような態度。 自分はどうなのか? 「外国に住むということ」参照。)

でも、南欧からの人も、中東からの人も、南米からの人も、アフリカからの人も、アジアからの人も、自分達が喋るのに夢中で、人の話など聞かない。

スウェーデン人よりシャイで無口、いつも聞き役になってしまうのは、フィンランド人と日本人くらいか。 これは、はたして、風土と関係あるのでしょうか?

風土―人間学的考察 (岩波文庫)風土―人間学的考察 (岩波文庫)
(1979/01)
和辻 哲郎

商品詳細を見る
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
kanaさんへ
やはり寒いということは厳しいことなのですね。 同じ北国でもポーランド人の方がお喋りで感情的でときに人情が厚かったりするのは、宗教(カトリック)のせいかな? カナダは、移民国家だから?

あはは、北欧の女性がフレンドリーじゃないのは、女らしさを美徳としないスウェーデン社会のせいかなとも思う。 お年寄や若い子は、比較的、人懐っこい感じも多いけど、その中間に位置する女性達がちょっと・・・

フィンランド人の笑い話は、本当に事欠かないですよね。 実際、そんなに無口なのかな~。 世界で3番目にカラオケが好きな国民とも言いますが。 (1番は日本で2番は韓国。)
興味深いです
私は性格と風土は関連性があると思いますよ。
北国は合理的な考えでないと、食べ物がいつも豊富にあるわけではないし、余計な事を考えて時間を無駄にするよりも、身になることに一生懸命にならないと生死にかかわるからだと思います。
でも、北国の人達は愛想がないけど、一度仲良くなると、結構信頼できる気もします。

暖かい国にいると、明日の食料を考えなくても豊富に食料はあるし、細かい事をを考えるよりも、「愛」や「人」について語っている時間も余裕も精神的にありますからね。

でも同じ北国でもカナダ人はシャイだけど愛想があるなぁ~。愛想ってどう訳すんだろう?フレンドリーと言う意味では、北欧の(特に女性)は余りフレンドリーじゃない気がしますよねぇ~(個人的に)

フィンランド人の笑い話なんですが、フィンランド人男性は結婚したときに妻に「愛しているよ」というけれど、その後に「愛しているという事実が変わったら言うけど、それ以外は同じ事は言わないよ」と言った、って笑い話があります。私はイタリアンのように毎日「愛しているよ」と言われたいから、それってやだな(笑)
デュアルさんへ
北国のデュアルさん、貴重なご意見ありがとうございます♪
そうか、無口になるのは寒い外にいるときだけなんですね。 基本は、お喋りで人付き合いが好きな、フレンドリーな方々。 しかも、お茶やビール(!)でおもてなしする心も忘れない。 北国の人達って、いい人たちなんだぁ(嬉)。
おしゃべりに寒さは関係なかったりして。
こんばんは。
私の住む秋田では、真冬の吹雪が荒れまくっている屋外では、おしゃべりなんぞする人はいませんが、それ以外の季節・屋内では、おしゃべりだらけですね。仕事で、訪問したりすると、「まず、茶でも飲んでいけ!」とおしゃべりが始まるものです。もっとも、暑いときには、「ビールを飲んでいけ」には困るものがありますが。
基本的に、おしゃべりをする機会に恵まれていなかったりしますから、格好の話し相手が来たと喜ばれる場合が多いようです。
sueさんへ
海外生活が自分にとってどのような意味があったか、知ることができるのは、自分が自分の国に帰ってきてからだと思います。 行って帰ってくるだけでなく、成長、向上、変化することは海外経験の賜物だと思いますが、うう~ん、「わがまま」と言われてしまうか、日本では。
確かに協調は大事です。 海外にいると協調性のない人間ばかりと感じるのは、日本に協調性がありすぎるから?
でも私ももちろん、sueさんと同じく、そんなもどかしい日本人が愛おしいです。 やはり自分はその日本で日本人として育ってきたのですから、1番に愛おしい。
スウェーデン人は、別に愛おしくないです。
う~んとても興味深い今日のエントリーです。
私が海外生活を経験してよかったなって思う点は
自分の意見をはっきりと主張できるようになったことと、社交的になったことでしょうか。
でも、以前からの友人にはわがままっになったって思われることもしばしばです。
日本では協調が大事ですからね。。
例えば日本がもっと他民族であったら、純日本人ももっと変化があるかもしれません。
でもね、私はそのはっきりとしない日本人をもどかしいと思う反面、愛おしいとも思うのです。
日本に帰国して何年もたったので日本に染まってしまったのでしょうかね(苦笑)
Gunvaldさんへ
やはり北欧でも「フィンランド人は寡黙」という認識があります。 歴史的にもスウェーデン人はフィンランド人を見下すというか、笑い者に仕立てあげる傾向があるので、それゆえこのような小話が作られてしまうのかも。 でも実際、私のフィンランド人の友人も、フレンドリーだけど煩いお喋りではありませんね。

日本人、いつまでたっても「はっきり」言えませんね。 北欧の人達は、自己主張はするので、その点は見習うべきですね。
めたるさんへ
「めたるさんのお父様は秋田出身だから、めたるさんも色白美人なのね~」と失言した私ですが、またも「お父様が秋田の人だから、めたるさんも物静かなのね~」と勝手に決めつけるところでした。
あれっ、でも、めたるさんって物静かだっけ・・・!?
アリスさんへ
○○人は~という偏見で人を見てはいけないけれど、でもやっぱり、あるよね~、国別の特長とか、お喋りの度合いとか。
アリスさんのコメント、最後のオチに、くすっと笑ってしまいました。 ウルサイ人達に悩まされているのでしょうか?
にゃんこねんさんへ
北の方出身のスウェーデン人(もしかしたら、にゃんこねんさんが住む地域より北かも・・・私にとってここから上は全て北なので、よく分からないけど・・・)に、日本語では「ね」とか「よ」とか語尾に意味はなくてもニュアンス的な言葉をくっつけるって話していて、「スウェーデン語でもあるでしょ? då とか liksom とか・・・会話にちょくちょく挟むの。 若い子に多いかな」と言ったら、

「南の方ではそうかも知れないけど・・・ 北では、なるべく言葉を省略する!」と断言。

(彼女自身は、明るくハキハキよく喋る人。)

日本の東北とスウェーデンの北部に似たような傾向があるとは・・・ やはりこれは「風土」に関係あるのでしょうか?
プリンさんへ
>ほどほどに主張できて、人の話も聞ける人になりたいです^^

まったく、その通りに思います。 それがなかなか難しかったりするんですが・・・
Setteさんへ
個人で付き合うと、それぞれの性格が異なることは分かるけど、集団になると、どうしても国別のステレオタイプで見てしまいますよね。 スウェーデン人、おもしろい!?
フィンランド人の寡黙さ
どこかで読んだ笑い話です。

フィンランド人が2人で森の奥にある別荘に行くことになりました。2人は黙々と準備をして、車に乗り込み別荘に向かいました。車中でも2人は一言も口をきかず、別荘に到着して旅装を解き夕食を食べサウナに入った後で暖炉の前で酒を飲んでる時に1人が初めて口を開きました。
「なあ・・・」
すると、皆まで言わさずにもう1人がこう言いました。
「オイ、俺はオマエとペチャクチャお喋りをするためにここに来たんじゃないぞ!」

フィンランド人の寡黙さを表す笑い話ですがこんな小話が出来るほど無口なのでしょうかね。
スウェーデンから独立後、ソ連の侵略を防ぎ第二次大戦後はソ連の強い影響下でも独自路線を歩んで来た歴史を見ると、フィンランド人は我慢強い国民というイメージがあります。

「寡黙なのが美徳」ということに反対はしませんが、最近は「一時的に気まずい雰囲気になるかもしれないけれど、そこははっきり言っといた方がいいんじゃないか日本人」と思うことはありますね。
秋田のお喋り男
 私は外国人の人とほとんど接したことがないからわからないですが、日光などの観光地に行くと英語でない言葉を話している人たち(風貌からロシア人かドイツ人)の団体客は静かな人が多いという印象を受けます。

 うちの父は秋田の人間ですが、無口なんてとんでもない!口うるさいです。父の父も口うるさい人だったそうです。
うーん、興味深いですよね。自分が外国に来てからそういうことをよく考えるようになりました。確かに、私のクラスでもポーランド、クロアチア、ブラジルから来た生徒はうるさいです。ここの移民の人たちも特に1世の人たちは英語勉強しない人多いみたいですしね。コミュニティの中で完結してますよね。この街でも日本人は固まらないような気がします。コミュニティないみたいだし。
個人差も大きいですよね。個人的には物静かな人々が好きです。
あたし うるさいそうです(笑)
ここ見て 今 笑ってしまいました♪

南の方でも無口なんですね?
北のこっちでは もっともっと無口です(笑)

話しかけて 答えが返って来るまでに3日くらいかかります
てぇのは 勿論 嘘なんですが ほんと 口開けるの勿体無いんだかなんなんだか…
もしかしたら 寒いから 長く口開けてると 中が凍ってしまうんじゃないのかな?

あたし バイト先では 何故か一番のお喋りってことになってるようです
スウェーデン語なんか めちゃくちゃな文法で押し通してしまってます
が もしかしたら 話すのに時間がかかるから お喋りに見えてるのかもしれませんね 

余談ですが あたしの父親が東北(岩手県)出身なんですが あっちの人達って みんな言葉少ないんですよね
一言とか 二言だけで会話が成立しちゃうんですよ

お な どさ?
や わ ゆさ!

これ わからないですよね?

『おやおや あなたは何処へ行くのですか?』 
『やあ どうも 私は お風呂屋さんに行くんですよ』

これと同じようなこと こっちでもあります

北の方では 言葉が全部短縮されてるんですよ
こないだ メシュガーの人達と世帯主の会話を聞いてたんですが まるで暗号のようでした 
風土もそうだし、教育のされ方(無口なのが美徳とか)もあるし、
性格もあるし、いろいろなのでしょうね。
ほどほどに主張できて、人の話も聞ける人になりたいです^^
スウェーデン人
見た感じ、おとなしいのかな~という印象でしたが、話し始めるとおもしれぇ(笑) どうしても距離を感じるのはロシア人。ポーランド人はなんだか陽気な人が多そうな感じがしました。最初に出会った人達の印象にもかなり左右されるかも知れませんね。

管理者にだけ表示を許可する