外国に住むということ

2008.10.12.
このブログをご覧くださった方々から、スウェーデンの生活に憧れます、なんておっしゃっていただくと、心底心外で、不本意で、そのようなイメージを与えてしまったことで罪悪感でいっぱいになり、ものすごく反省します。

さりげなく一生懸命、スウェーデンの料理は不味い、スウェーデン語はマヌケ、スウェーデン人はダサい・・・と、訴えているつもりなんですけど。

でも、隣の芝生はあおい。 私も、いいなぁニュージーランド、住みたいイタリア、楽しそうコロンビア、フィンランドはスウェーデンより数倍も暮らしやすいはずだ、って他の国に住んでいる人たちを羨ましく思いますもん。

このブログでは、スウェーデン生活での物事を、ちょっと面白おかしく書くよう心がけていますが、実際の暮らしは、もちろん、ここに書いているようなことだけで成り立っているわけではなく、外国暮らしは要らぬ苦労や心労も多いです。 それは、どこの国に行けど同じだと思います。 

アメリカ合衆国ネブラスカで大学院生活を送るアリスさんのブログ『茜色の空ととうもろこし畑』は、アメリカ中西部の自然や野鳥の写真、挑戦しているレシピの話、体にやさしいナチュラル素材に、今話題の油脂についてなど、楽しく役に立つ記事が満載です。 また、私が敢えて書かずにいるネガティブな問題にも触れています。

最近のエントリー「外国人であること」で書かれているアリスさんの体験談に、考えさせられました。 スウェーデンでも担当者の急な解雇はありがち、職責であっても黙殺する人もいるいる。 人が信用できなくなるような経験は、私もしました。 記事内にあるアメリカという単語をスウェーデンに置き換えれば、この国でも起こっていることです。 (かぎ括弧「 」内は、アリスさんのブログからの引用です。)

例えば「ここはアメリカですよ、アメリカ人は他人の為に何もしませんよ」。 (日本領事館からのアドバイス)

「君が電話をかけたとき、相手は決して言わないけれども、言葉を聞いて門前払いしている可能性あると思うよ。 アメリカ人と同じ扱いをされることはないと思うよ」。 (アジア系団体で働く移民系のスーパーバイザー)

スウェーデンにおいて移民が占める割合は多く、私もこの国では、ただの移民。

「この国では、”間違った肌の色”と”間違った言葉”を持つことで常に差別される。 誰も絶対に認めないけれど、私は、毎日それを感じない日はないし、どこか新しい場所へ入っていくたびに”違う扱い”をされることを感じるよ」ということも、あります。

いくらスウェーデンという国のイメージが良くても、長期暮らすとなると、イメージなんて何の生活の役に立たない代物です。

しかしながら、問題はこの国(だけ)にあらず。 問題は、日本の常識を外国に持ってきて文句言っている自分に(も)あるんですね。 ここでは私が外国人。

感じ方や考え方、また生活の場である環境も人それぞれゆえ、一概に語れない面があり難しいのですが、アリスさんの「外国人であること」に触発され、スウェーデン社会の負の面も書いてみたいと思った次第です。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
おれんじさんへ
コメントありがとうございます! 大変興味深く拝読いたしました。

外国に住む・・・ いろいろありますよね。 特に思いもしなかったのは、自分がマイノリティな移民となってしまったことでしょうか(笑)。 
スウェーデンでも移民問題外国人問題はいろいろあり、日本の現状と変わりません。 外国人の方が優遇されている面がありますよ。 しかし外国人を非難すると人種差別者扱いされてしまうので、この国の人間の方が肩身狭くしてたり。 国際化とかグローバル化など、きれいごとではすまない深刻な問題が、これからもっと出てくると思います。
でも、ご旅行は楽しんでくださいね!
はじめまして2
宜しかったらこの問題を取り上げた番組がありますのでご覧になってみてください。ニコニコ動画に登録すると見られます。

「どうする?外国人地方参政権」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8467987

元警察の方のお話が興味深いです。

それと、米国在住で「日本は北欧の民主国家のようになって欲しい」という方のブログを見つけました。
この方も北欧を理想化しすぎているのかも…。

「米国から便り」
http://kensirou2001.blog79.fc2.com/

長々とコメントしまして失礼しました。
はじめまして1
デンマークに旅行しようかな…とこちらのブログを拝見していたら、シリアスな内容のエントリーを発見。私もイギリスに数年留学していましたので、外国に住む大変さは良く分かります。

やっぱりコミュニケーションがうまくいかないってつらいですよねー。それと自分がマイノリティであること、移民や外国人であること。それが逆に日本でのしがらみから解放してくれることもあるのですが。

日本人の外国人差別のお話が出てきましたが、確かに人種で差別することはあるものの、大半は相手の方の態度が日本人に馴染まない(マナーが悪い等々)ことからだと思います。特に最近は外国人が多いですから。

ここ数年を見ると、10月31日に欧米人(多分オーストラリアと米国が主だと思います)が山手線をジャックしてハロウィンパーティをやって大騒ぎ!日本人は表立って抗議をするのが苦手なので乗客は大迷惑です。

中国人、韓国人(在日および来日)、日系ブラジル人の犯罪も急増しています。特に中韓からの不法入国者や母国で戸籍を偽造して正規パスポートを作る「なりすまし」入国が最近増えています。池袋では中国人が増えて商店街がチャイナタウンのようになっていますが、ゴミ出しもメチャクチャだし組合費も払わないし、スウェーデンの「移民が好き勝手に言っている」状態に近いかもしれません。

それと、民主党政権になって日本で大きな問題になっているのが「外国人参政権問題」です。永住権を持つ外国人(在日韓国北朝鮮人と中国人)に外国籍のまま地方参政権を与えるというものですが、在日韓国・北朝鮮人は日本の公務員にも弁護士にもなれますし、犯罪を犯しても強制連行されません。日本に永久に住む事が出来て日本人と全く同じ条件で暮らしています。外国人登録証も保持の義務が廃止されましたし指紋の押捺義務もありません。日本人だけと法律で定められている生活保護も何故か日本人より多い金額をもらっています。それと地域によっては住民税が半額なんですよねー。

日本人が朝鮮半島出身者に抱く感情はこうした優遇策が特権と感じられることからくる「逆差別」の感情なのではと思っています。

突然シリアスな書き込みをしてすみません!結構日本では色々と議論になっている話題なので、知って欲しくて書きました。

日本も移民問題を抱える国だと思いますよー。在日北朝鮮人の場合は日本人拉致を幇助したという問題もありますし。色々根深い問題があります。
デュアルさんへ
コメントありがとうございます!
何を基準に、海外の方が住みやすくて気楽に暮らせるか、ですよね。 日本にあるような「しがらみ」から開放される代わりに、言語から生活習慣、社会的構造、メンタリティ、一から習得しなくていけません。 とても気楽じゃないですよ。

この国に住めば社会保障を受けられるかというと、社会保障を受けるためには、まず働いて高い税金を払わなくてはいけません。 失業率の高いこのご時世、移民にまわって来る仕事といえば3K。 どんなに日本で高学歴、大企業に勤めていたとしても、別の国に移住となれば通用しません。

短期間現地を訪問した学者や評論家は、住むわけではないので、そんな現実は関係ないのでしょうね。

私が住む地域は、北欧といえ南部で、町中に住んでいるので、大積雪の経験はないのですが、北部の人口の少ない村では、本当に雪に埋れた生活をしていると思いますよ。 これから冬に向け、寒~い現実もお伝えしていきますね。
らくだのせなかさんへ
コメントありがとうございます!
結局のところ、どこの国も同じなんですね・・・ いっくら自分が考えたところで、どうにもならない問題。 深く考えるだけバカらしくなります。 一生懸命この国に溶け込もうとしても、土台が違うから拒否される。 そういうことなんですよね。

日本では、「白人」は優遇されたり「アジア人」は見下されたりする傾向がありますが、日本で暮らすヨーロッパの英語圏出身の白人男性は、自分がしたいことができ仕事では充実している反面、生活となると「夫が日本人で妻が外国人の場合は、さほど問題ないんだよ。 でも、夫が外国人となると、どうにもならない問題や差別が出てくる」とこぼしていました。

自分のパートナーは自分で選んだけれど、パートナーの親族となると、また違うので、親戚関係も頭痛の種になりますよね。

周囲を変えることはできない、かといって、自分を変える事だって限界があるし、不本意に自分を変えるべきじゃない。 

ずっーとこんなことばかり考えているわけじゃないけど、考えないと前に進めない現実がありますよね、外国暮らしは。
色々なサイトを見て、こちらにたどり着きました、デュアルといいます。北欧には、行くチャンスが1回だけあったのに、それを逃してしまい、まだ行けずじまいです。東南アジアには、何度か行きましたけども。
日本から見ると、海外の方が住みやすい、気楽に暮らせるとか色々ハッピーな思いがありますけども、やっぱり、現地で暮らす
とそれ以上に思いは色々あるのですね。北欧など、社会保障を
受けるために移住したいと考えている日本人にとっては、バラ色
の理想郷だと思っている方が大部分ですが、なかなかネガティ
ブな話は伝わってこない、現地訪問した学者や評論家も多いは
ずなのに、そんな話は伝わらず、いいことづくめ…ですね。日本
からは。
私は秋田県に住んでいますが、積雪量が少なくても、50センチ
多ければ1メートルにはなりますが、こういうところは北欧でも珍
しいのでしょうね。冬の現実を教えていただければ、と思います。
はじめまして
あちこちのブログをめぐりめぐって、たどり着きました。

私も、欧州某国(ご主人のお父様のお国です)に住んでいますが、「どこの国でも同じなんだな」と感じます。
大体、「夫(某国人)の家族からも理解されていないなあ」とつくづく感じる毎日です。

実際に、私は宗教(非キリスト教徒)とアジア出身ということで、職探しで苦労していまして、求人広告を出しているのに「現在、求人はありません」とか「締め切りました」と断られますよ。私より履歴書をあとに提出した友人(キリスト教徒ヨーロッパ人)は、面接までこぎつけるのに・・・。

私は、最近、この点については深く考えすぎないようになりました。
「肌の色も、日本人としてのアイデンティティも、私が親から受け継いだもの。宗教だって、夫がカトリックだからって、自分も改宗することないし、キリスト教徒かどうかで人を差別するような宗教自体、私は信じられない。」

日本人だって、「白人」大好きだけど、有色人種に対しては、過大なまでの優越感を持っている人が多いなあと思います。と、日本人の彼氏を追っかけて、半年くらしたけれど、結局、某国の大学に戻ってきた韓国人学生と話していて感じました。

お邪魔しました~。
プリンさんへ
20年くらい前でも、アメリカは白人と有色人種の乗るバスが分かれていたんですねー! 法律を変えても、人々の思想は、昨日の今日で変えられるものではないですよね。

個人のブログとはいえ、ネット上で誰でも観覧できるよう公開しているなかで、ネガティブなことを書くのは、ちょっと不安でためらいます。 何も知らない人に不快感を与えてしまうかも。 なので、プリンさんからの肯定的なコメントは嬉しかったです。

>日本にいるわたしたちができることがないか
海外にいて日本人で良かったと思うこともたくさんありますよ。 そして、その度、日本及び日本人の方々ありがとう!って思います。 だって、海外において日本や日本人の印象って良いものが多いです。 今は日本のサブカルチャーに憧れる若者も多いし。 それは私の努力ではなく、日本にいて素晴らしい行いをしている人たちのおかげですもの。
sueさんへ
日本にいたときは、なんだか外国が素晴らしく見えたけど、実際は日本だって素晴らしいんだと気づくのは、自分が一度日本を離れ、外国で暮らしたからですよね。 行って帰ってくるって、必要なことだと思います。 また、帰れる場所(国)、一度出た自分を受け入れてくれる場所(国)があるのは幸せなことです。 
いつもsueさんのブログを見て感じる、sueさんの強さや美しさって、sueさんが自分の体験を、きちんと自分のものにしたからなんだって、今日のコメントを読み思いました。 
yukiさんへ
新しい生活や未来に胸を夢で膨らませてやって来たけれど、想像もしなかった仕打ちに挫折感を味わうものですよね、海外での暮らしって。 人間は機械ではないので、簡単にスイッチを切り替えることができず、余計自己嫌悪になったりして。

日本の方がラクって、つくづく思います。 外国にいる方が、日本を日本人であることを常に感じ考るって、皮肉なようで当たり前のことなんですよね。 私もイライラしたり、悶々としたり、なかなか切り替わらないスイッチと格闘するような日々ですよ。 でも、ケバブ食べてるときはシアワセかも。
アリスさんへ
こちらこそ、思っていても書けないでいたテーマだったので、そのきっかけを作っていただいたことに感謝しています。
スウェーデンは、アメリカとはまったく違う歴史や社会なので、露骨には人種的な差別などありません。 (反対に、移民たちがスウェーデン人を差別して言いたい放題な面も・・・) それでも、ありますね~、スウェーデンが1番!的な思想。 

今日本ではスウェーデンのお店や商品が人気なようですが、そんな日本をバカにしたような記事をスウェーデンの新聞で読み、腸が煮えくり返りそうになったことがあります。 まぁ、悪いのはその記事書いたジャーナリストですが(シニカルな書き方をするのがインテリジェントだと信じているジャーナリストがスウェーデンには多い)、こんなこと言われてH&Mの前で行列つくるなよ、日本人ーーって思いました。

固い話も大切ですよ、真実だから。 固い話を避けてしまう方が怖いです。
阿瀬王さんへ
言葉もメンタリティも違う人たちとのコミュニケーションは、精神的にかなりのストレスで、ないようであるような差別を感じとってしまうほど繊細な人だと、ウツという症状がでてしまうと思います。 楽しい海外旅行も、ちょっとした対応の差別で、不愉快なものに変わってしまいますね。 海外では、あまり細かいことを気にしない性格の方が上手くやっていけますし、阿瀬王さんの奥様は、余計なことを考えずに旅行を楽しんでいらして、羨ましいですよ。 また、阿瀬王さんの奥様とのエピソードは微笑ましいですよ。 

最近の日本の若者には、アメリカに対するコンプレックスや白人コンプレックスが、あまりないように感じます。 また日本に憧れる若者もヨーロッパには多いですが、まだメジャーではないかな・・・

アメリカに関しては、阿瀬王さんのおっしゃる通りなのかなと、アリスさんからのコメントを拝読し、思います。

余談ですが・・・ 私の義父は神経質、でも義母のNinniは(阿瀬王さんの奥様のように)大らかで細かいことを気にしない。 Ninniに根っから惚れている義父は「正反対な性格だから、やってこれたんだよな。 こんな性格のワシをNinniが大きく包み込んでくれるからさ」ってニッコニコ。

でも、私は知っている・・・ 義母に「離婚とか考えたことある?」と聞いたら(ラブラブな二人なので、もちろん聞かなくても答えは分かってると思ったんですが、予想に反して)、「何回もあるにきまってるでしょ」。

男と女の違いを、このとき悟ってしまいました。 阿瀬王さんも、奥様を大切に♪
めたるさんへ
まったくそのとおりで、その国にとっても、旅行者はお金を落してくれるお客様、定住者(移住者)は労働力に他ならない。
スウェーデンの笑い話「天国か地獄どちらに行きたいか決める前に体験させてもらったところ、天国では静かに瞑想しているだけで、地獄の方が楽しそう。 それで地獄を選んだら、重労働でこき使われる。 この前の体験とえらい違いだと文句を言ったら、前回は観光客として来たが今回は移民として来たんだから待遇が違うに当たり前だろ!」
Setteさんへ
海外で暮らし始め、最初のバタバタした大変さや物珍しさを通り越して落ち着いてくる頃、別の切実な問題が待ち構えているんですよね。 言葉やビザ、その国での自分の存在理由・・・ 精神的には繋がっているけど、距離的には遠く離れている日本との関係など。 こういうことって、海外に移り住む前は考えもしなかったですよ。 (一生懸命心配してたのは、食べ物のことだった・・・)
日本にいると単一民族だし、自分の国だから、差別とか
感じることはないけれど、一歩外に出ると違いますよね。
旅行でさえ感じるけれど、定住者になるとまたがらりと
相手の程度が変わるとも聞きました。

わたしが初めてアメリカへ旅行した20年くらい前には、まだ
白人と有色人種の乗るバスが分かれていて、びっくりしました。
表面上はそういう差別がなくなっても、根底ではなくならないの
だと思います。それはきっと、外国ならどこでも大なり小なり
同じようなものでしょう。

こういう微妙な問題は、ほとんど活字になはなりませんよね。
でも、負の部分を隠すところなく書いてくださったことに
感謝しています。日本の人も現実を知るべきだと思うから。

悲しいことだけど、こういう現実に対して、なにか日本にいる
わたしたちができることがないか、と思いました。


こんばんは~。
私はカナダに1年間滞在していましたが、最初の動機は日本から出たいという気持ちでした。
でも1年いる間に、「私には無理だなー」と思いました。
そして日本でたくましく生きるしかないということに気付いたんです。
カナダも移民の国ですけど、どんなに長くいてもカナディアンにはなれないんですよね(いろんな意味で)。
行ってよかったなって思うことは、日本にいても日本人であるということを強く意識するようになったことでしょうか。もし海外に住むという体験がなかったら自分が日本人であるということを考えないで日本で暮らしていたと思います。
ホントに
外国に住むのって大変。最近、胃がキリキリ痛い。
アクセクして忙しい雰囲気の日本から抜け出して、
ゆっくりライフを楽しもうと出てきたけど。
実際は日本にいた方が楽な気がしますよ。
言葉は通じるし、些細な気持も通じ合える。

日本の常識は、ここでは通用しないって分かっているけど、
自分でも気が付かないうちに日本と比べてしまっている
自分がいてイライラしたりしてしまう。
常に考え方のスイッチ切り替えが必要な気がします。

自分は日本人だという事を常に意識しながら生活してます。
日本にずっと住んでいたら、これって↑考えられない事ですね、たぶん。
Chakyさん、記事を取り上げて下さってありがとうございます。
Chakyさんのブログはバランスの取れた視線で書かれていると感じるので、違和感なく読めます。現地にしかないことを楽しむ姿勢は大切ですものね。
↑の阿頼王さんのご意見に横レスしてしまいますが、アメリカが日本と付き合う理由は完全にご都合主義だと私も感じます。平均的なアメリカ白人は日本人を対等な人間としてみているかどうか疑問です。というか、アメリカ人以外(特に有色人種)は未開人で、施しをする対象と見ている人も少なからず。日本がこれほど高度に発達していて、自分達はもはや足元にも及ばないことすら想像も及ばないようです。
私のスーパーバイザー(アフリカ系移民)が「アメリカには何もないね。このパソコンも、テレビも車もなにもかも日本製じゃないか。アメリカが日本と付き合うのは利用価値があるからだけだよ。アメリカ人の国民性は”相手を利用”だからね。スーダンに援助するとか言ってるけど、石油が欲しいだけだろ。そういう国なんだよね。」、こういう事を考えすらしない日本人が大多数ではないでしょうか。アメリカではキリスト教への偏重も潜行する問題だと思います。私は彼らの強硬な信仰と全く一致しない生活態度・精神性が怖いです。(JesusCampという映画、興味深いですよ。)
あー。。。なんだか固いコメントですねぇ。。。モードを変えなくっちゃ(笑)
Re:外国に住むということ
Chakyさんのブログでは、なにげにスウェーデンの悪口を書かれていても、それ程深刻な感じが無いので、それよりは、北欧の自然の美しさや、日本に無い『豊かさ』や、Chakyさんの紹介される「珍しい食べ物レシピ」に目が行ってしまいます(それに、善良なキリスト者は本当に親切でしょうからね)。

実際、外国で暮らすって“大変な事”だと思います。うちの嫁の妹は、旦那の海外赴任で、家族でアメリカに住んでもう十数年になりますが、数年前に“鬱病”になり、現在も病院に通っております。年に一度程度帰国する時に会っていましたが、そんな様子なんて全く無かったのですけど、“アメリカ流の子供たちのためのコミュニティー参加”が発端だと、本人は言っています。ですが、多分、異文化の中で、コミュニケーションがスムーズに行かない環境で暮らすのは“かなりのストレス”だったのだと思います。おまけに、白人の国では、看板に『人権国家』を掲げていても、明らかに有色人種は“差別”されていますものね。

わたしも、短期間でしたが、カナダへ旅行した時に“感じ”ました。一緒に行った嫁は、全然感じて無かったようですけど。ホテルのデイナーの時も、一杯カナダ人や、他の国の白人の人が泊ってたはずですが、大食堂は日本人ばかり集められていました(まるで「日本人小屋」)。彼らにすれば『有色人種とメシを一緒に食べるなんて、メシがまずくなる』ってとこでしょうかね。

それと、飛行場でも、わたしたち日本人ツアー客は、行列させられて、一つのゲートから乗り込んだんですけど、横では、カナダ人客が、先に別ゲートから、後から来たのに、先に乗り込んでいました。

他にも、「アレッ」と感じる所があったんですけどね。嫁に言わせると、「それはツアー客だから」の一言で済ませていました……全く、御気楽というか、無神経と言うか、何も見えていないというか、まあ、その方が“幸せ”でしょうけどね(本人は)。

【嫁に言わせると、わたしが考えすぎのようですけど、何せ、アメリカ人にせよ、カナダ人にせよ、先住民(人種的にはわたしたちと同じ系統)を虐殺して、土地を奪って自分たちの国を作った人たちですからね】

日本人は、馬鹿と言うか、自分達を差別・迫害してきた白人に非常に親切(敗戦のトラウマかも)。そして、同じように差別・迫害されてきて、今尚されつづけている、有色人種を『劣等人種』として差別の眼で観ていますよね。これは、日本人としての本音の部分で、自己認識しておくべきだと思います。自分達は『名誉白人』だと持ち上げられて、白人の仲間入りしている積りかも知れませんけど、彼らからすればそれは完全に『リップ・サービス』だと思います。或いは、せいぜいの所が「日本の経済力に対して一目置いている」って所でしょうね。それだって、結局は、アメリカ(&ヨーロッパ)を中心とした白人(&ユダヤ人:彼らは本当は私たちの側のはずなんですけど、白人のエスタブリッシュメントに完全に入り込んでいますね。むしろ、圧倒的少数ながら、コントロールさえしているようにさえ思えます)に、良い様に使われていますね。白人にたかられている小金持ちの世間知らずの“バカボン”のような気がします。

日本人が身に付けるべきは、ユダヤ人のような(あそこまででなくて良いですけど……)『国際社会におけるしたたかさ』ですね。
夢と現実
 私は海外には行ったことないのですが、旅行で外国に行くのと実際に暮らしてみるのとでは全然違うでしょうね。旅行が夢なら定住は現実というように。だから、旅行で良い体験ができたから、じゃあ、そこに暮らしてみて良い思いができるかといったら別問題かなと思います。
 
外国に住む
これ・・・・・・ちょっと前から考えてた事柄でした。その国々での扱いについてもそうなんですが、外国で暮らす日本人のことも、ちょっと考えていたところです。
日本で住んでいれば全然考えなくていい事柄、ビザだとか(住んでいる”きちんとした理由”・汗)、言葉だとか、そういうことも考えないとですもんね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する