ナナカマドの実のジュレ Rönnbärsgele

2008.10.04.
鮮やかなオレンジ色の実は、ナナカマド。 スウェーデン語で Rönnbär、英語で Rowanberry。 フィンランド語では Pihlaja と知ったのは、 Sommoroさんのブログ『スオミの森の陰から』に「ナナカマドの実」の写真が載っていて。 (Sommoroさんのブログでは、フィンランドの中学校事情だけでなく、美しい自然の移り変わる様子も楽しませていただいています。)

追記: でも、日本のナナカマドとヨーロッパのナナカマドは違うかも! 欧州のナナカマドは学名 Sorbus aucuparid 、英名 European Rowan ですが、日本のナナカマドは Sorbus commixta で、英名も Japanese Rowan と言うのです。 日本のナナカマドは食べられない可能性もあるので、この記事を読んでも、日本のナナカマドでジェルを作らないように。

さてさて、先日採って来たナナカマドの実を冷凍庫に入れっぱなしだったのを思い出し、ジェルを作ることにしました。

また追記: この記事内で、私は「ジェル」と言っていますが、これはゼリーのことです。 英語で jelly (ジェリー)、フランス語で gelee (ジュレ)、そしてスウェーデン語では gele (フェレェー)と発音されるのですが、うちでは勝手に「ジェル」って呼んでいるため、この記事でもそう書いてしまった・・・ もう、訂正が多くて申し訳ない。 この記事は当てにならないわ・・・

ナナカマドの実は、そのままでは食べられませんが、ジェルにします。 市販品も売っていて、きれいなオレンジ色と好奇心に駆られ買ったことがあります。 デザートにも使えるけど、主に肉料理に添えて食べました。 (と言っても、うちは肉はあまり食べないうえに、夫はジャムやジェルを付けることはしないので、ずいぶん長いこと冷蔵庫の中にあった・・・)

材料は、ナナカマドの実1kg(2リットル)、酸っぱいリンゴ50g、水3/4リットル。 砂糖を漉した後の汁1リットルに対し750g(9dl)。

実際は(そんなに作っても食べないので)、ナナカマドの実25g、リンゴは採って来た野性のリンゴ2個を使うことに。

ナナカマドの実は一度冷凍すると甘みが出るようで、昔は霜が降りてから採取したとか。 今は冷凍庫に入れておけばOK。 冷凍しといた袋を開けると、若いリンゴのような、甘酸っぱい香りがさっと広がりました。 ナナカマドって、こんな匂いがあったんだぁとビックリ。

ronnbar1.jpg

まず、ナナカマドの実と、種ごと角切りにしたリンゴ、分量の水を鍋に入れてフタをし、柔らかくなるまで、10~15分ほど煮ます。

ronnbar2.jpg

柔らかくなったナナカマドの実とリンゴを、鍋の中で、イモを潰す器具で、もっしゃもっしゃと潰します。 (マッシュポテトを作る要領。) 

潰したものを、汁ごと漉し機に流しいれ、汁と実を分離させます。 (30分ほど待つ。)

ronnbar3.jpg

汁を鍋に移して、フタをせず3,5分沸かしたら、砂糖を少しずつ加え10~15分ほど煮詰めます。 10分ほどして、冷たいお皿の上に汁をたらし、それが固まっているようだったら、ジェルになった証拠。 (私はペクチン入りの砂糖を使ったので、きちんと固まったけど。) もうちょっと煮詰め、出来上がり。 ナナカマドの実は苦味が強いので、アクは丁寧にすくいます。 ジェル用の容器に入れて保存しましょう。

ronnbar4.jpg

市販のものに比べ、私が作ったナナカマドのジェルは色が薄く、それほど甘くなく、苦味もあるので、デザートには向かないなぁ。 野生動物の肉料理にはピッタリだとか。 でも、うちは狩りとかしないし、野生動物の肉がないよ! 今度作るときは、もっと砂糖を入れて甘くしよう。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
yukiさんへ
へへっー、やっぱり秋は手作りの季節♪ たぶん三日坊主♪
ナナカマドは木なんですよ。 日本では北海道や東北によく生えているよう。 北欧では一般的な木で、自然に自生、また庭の鑑賞用に植えられたりもします。 今の季節、オレンジ色の実がたわわに生っていますよ。 残念ながら、そのままでは不味くて食べられません。
ナナカマドってナンジャロ?
Chakyさんも最近、手作りしてますね。
クッキー、ジャムやジェル作ったり、、、。
ナナカマドってどんな植物なんでしょう?
見た事も聞いた事もないです。
実は見た目、ブルーベリーみたいですね。
実をそのまま食べることはできないんですか?
SACHIさんへ
やっぱ日本のは食べられないでしょうかね。
食べたって話、聞いたことありませんもんね。

それよりっ、わざわざエントリーしてくださり、ありがとうございます! 今日は2回も更新されていたうえ、2回目の記事はこのブログのことだったので、びっくりでした。 JPに挟まれてのエントリー、嬉しいわん♪
アリスさんへ
日本では、ナナカマドって、北海道や東北に広く分布するようです。 やはり北欧と気候が煮ているからかな?

あー、英語ではジェリー jelly ですね! 日本語だとゼリー・・・ スウェーデン語では gele と書いて、フェレェーと発音するのです。  ジェルと書いてしまったけど、実は我が家だけでそう言っているのかも。 後でまたブログ記事を書き直しておきます(汗)。
Sommoroさんへ
Sommoroさんのナナカマドの写真が印象的だったので、リンクを貼らせていただきました。 やはりフィンランドでもジャムなどに加工するのですね。

一口にナナカマドと言っても、種類がいろいろあるなんて。 北欧に生えているものは全て食べられるのか、種類によって風味も違うのか疑問に思ってきました。 でも、見た目で判断できません・・・
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ナナカマド…ん~日本のは、食べれないんじゃないかな?
分かんないけど。
えっと、マイ・ブログでここのブログをエントリーしました。
デンマークのエントリーが嬉しかったからね。
まだ、JPライブ話続きますよ。^^
ナナカマドって初めて聞きました!日本でも見たことがあったかな?なんだか似たようなものは見たことがある気がしますけど、少なくとも食べ物じゃなかったような。
ジェルって言うんですね!こちらではこういうタイプはジェリーって言いますよ。アメリカに来て、こういうものがあるのも初めて知りました。こちらの人もお肉のソースにジャムを入れたりします。それも始めて見たときは感心しましたが、何せ相棒が(本当は好きなのに)肉を避けようと必死なので、うちも消費できません(笑)
こんにちは。ナナカマドの実はジャムにする方法があると聞いたことはあったのですが、こうしてジェルにするとは知りませんでした。

念のため WikipediaでPihjalaの項を見てみたら、Sorbus aucuparia, Sorbus intermedia, Sorbus hybrida といくつかの種類がフィンランドには生えているようです。Sorbus aucuparidは書いてありませんでしたが、違う種類だとしたら食べられるのかどうか、ちょっと気になります。
Gunvaldさんへ
ホオズキ、見るからに可愛らしくておいしそうですよね。 私もホオズキの実で笛を作った思い出があります。 食べられないのが残念ですが、なんと、食べられるホオズキもあるんですよ~!!

ユーラシア大陸を隔てたところに、日本とほぼ同じDNAマツタケが生息するなんて~。 しかし、日本人の味覚や嗅覚のDNAとこの地域の人たちのDNAは異なるようで、ありがたがって食べないらしい。 うちの近くにはマツタケが生えるような松林がないので、ニャンコ先生が見つけたのは、マツタケではないようです。
プリンさんへ
私もナナカマドでジェルができるなんて、驚くやら喜ぶやら。 しかし日本のナナカマドと欧州のナナカマドは違うようで・・・ 本当に、国や大陸が違うと、いろいろ異なります。

いえいえ、全然貴重じゃない、大したことないチョコ情報ですみません!
kaigunchuiさんへ
ところが、追記に書いたように、日本のナナカマドは食べられるか疑問です。 日本にナナカマドのジェルなんて、ありませんもんねー! 見るだけが無難のようです。 コロンビアにはナナカマドはありましたか?
日本のIKEAのヤンソンさん? コロンビアバージョンの方がおいしかったことだろうと思います!
めたるさんへ
持ちよりパーティー・・・他の方の手作りを食べるのは嬉しいけれど、自分も作らなくてはいけないのが問題です。 このジェルなんて、どうでしょ?
はんころりんさんへ
ふと気になって調べて見たら、追記として記事にも書きましたが、日本のナナカマドとヨーロッパのものは違うみたい! 日本のものに毒性はあるかどうか分かりませんが、口に入れない方が無難かと思います・・・ 好奇心だけ刺激して、ごめんなさい~!
ホオズキ
見るたびに美味しそうに思えるこの色ですが、苦いのは残念です。子供の頃にホオズキの実が食べられないと知って同じような思いをしました。ホオズキの実で笛を作っていた(実を揉んで柔らかくして中の果肉をヘタの部分から掻き出す)時にちょっと味見してみましたがエグイだけだったように覚えています。

それにしても近頃のニャンコ先生はキノコ片手にご機嫌のご様子ですが・・・ハッ、もしかして持っているのはマツタケで日本人に売りに行く途中では?
ニュース番組によると、何でもスウェーデンのマツタケはDNA的にも日本のものとほぼ同じだとか。しかしスウェーデンでも大量に採れるというわけではないらしいのでそっとしておいた方が良いようです。日本人が通った後はペンペン草も生えないと言われそうですしね。
「イヤぁー、ウチも(ワッフル、ティラミス、ナタデココ)のときは大騒ぎだった。」(ベルギー人、イタリア人、フィリピン人 談)
とてもきれいな色ですね。
ナナカマドのジェルって初めて見ました^^;
こんなにきれいな色なのに、デザートに向かないなんて、残念です~(><)
ペクチン入りの砂糖も初耳。やっぱり、国によっていろいろ違うものなんですね。
知らないことだらけで、とっても勉強になります。

そして、先日は貴重なチョコ情報ありがとうございました!
日本もナナカマドが真っ赤に色づいています。
これって食べられるんですね。知りませんでした。
10月に入り、そろそろ葉っぱも真っ赤になり紅葉の見ごろです。
機会があれば、実を採ってきて挑戦してみたいです。
PS.日本にIKEAという家具のお店があり、「ヤンソンさんの誘惑」を食べてみました。自分がつくったコロンビアバージョンとは似て非なるものでした。
綺麗な色
 美しい色ですね。見てるだけで、ほわ~んと良い香りが広がってきそうです。
 そう、私は二週間後にティーパーティーというものに出席することになったのですが、どうも手作りのお菓子を持ち寄る主旨のパーティーらしいのです。ど、どうしよう?私は何も作れない。
ナナカマドが食べられるなんて
我が家の周辺には庭木にナナカマドを植えているお宅がたくさんあるので、
実をいただいてつくってみようかな・・・

管理者にだけ表示を許可する