ローズヒップのジャム Syltade nypon

2008.09.25.
バラの実(ローズヒップ)の内部から種と産毛を取り除き、下準備完了。 ようやくジャム作りの過程にはいります。

材料は、ローズヒップ2リットル(1kg)に対し、砂糖1,2リットル(1kg)と水3dl(300ml)、そして ättiksprit 1dl(100ml)。

・・・ ättiksprit!? レシピを読んでいた私の目線は固定され、頭の中で「ättika は酢、sprit は蒸留酒。 お酒の一種? すると、systembolaget (国営酒屋。 アルコール管理の厳しいスウェーデンには国営の酒屋しか存在しない)まで買いに行かなきゃなんないじゃない! 土曜は半日で閉まっちゃうしぃー」とグルグル考えながら義母に「ättikspritって何?」と聞くと、お酢の瓶を取り出して

attika1.jpg

「このラベルに、ättikspritって書いてあるでしょ」

attika2.jpg

スウェーデンのお酢は、昔から変わらずこの容器に入ってる、24%のもの。 自分で薄めて使います。 で、酢の割合によって名前が付いていたのです。

Ättiksprit 12%

Inläggningsättika 6% 

Matättika 3% 

家にもこの酢はありますが(スウェーデンの家庭の必需品、お掃除にも使います)、ラベルを読んだことがありませんでした。 しかし、Inläggningsättika(漬物用の酢)とMatättika(食事用、サラダ用の酢)の意味は分かるが、12%がなんで ättiksprit (酢スプリッツ)と呼ばれるのか? 酢がお酒から作られたり、酒を造るのに酢が使われたから、らしいです。

さて、材料も揃ったので作り始めましょう。 お鍋に水と酢を入れ沸かし、ローズヒップを入れ、柔らかくなるまで弱火で30分程煮て、浮き出たアクを取り除き、瓶に入れ、スウェーデン風ローズヒップジャム (Syltade nypon)の出来上がり。

nyponsylt1.jpg

ところで、スウェーデンではローズヒップのスープは常食していますが、ローズヒップのジャムって見かけませんね。

このジャムはパンに塗るのではなく、ケーキのコーティング、フルーツサラダ、ヨーグルトに合うようです。 では、早速ヨーグルトに入れて(実は恐る恐る)いただきます!

nyponsylt2.jpg

んんっ、おいしい! 意外なおいしさに、ビックリ。 柔らかく、つるりとした食感。 まろやかな味わい。 噛みしめると、ローズヒップの優雅な香りが口の中に広がります。 (煮ているときは酢の匂いが気になり慄いていたのですが、消えていました。)

ただし、これは丸くて大きなローズヒップ(rosa rugosa、ハマナス)の方で、小さくて細長いローズヒップ(rosa canina、ドックローズ)は、皮が固くて味や香りもハマナスの実より劣ります。

2種類の古いレシピを参考にしたのですが、ひとつには「ハマナスの実のみを使う」と書いてありました。 でも量が少なかったし、混ぜて作ることにしたのです。 これはハマナスの実のみで作った方が、断然おいしかったなぁ。 でも、この味と香り、なんだか覚えがある・・・ 

駄菓子屋で買う「梅仁丹」の味だ!?と気づき、ちょっと愕然。 それとも、私の味覚がおかしいのか?
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
あつつさんへ
今ちょうど、こちらでもハマナスの実が生っています。(今年は摘みませんでしたが。)
日本でもローズヒップと言うのが一般的みたですが、ハマナスという和名も好きです。

酢を入れるのは、レモン汁の代わりなんですね。
そういえばジャムにはレモン汁を入れるものだし。
ジャム作り、ことこと煮て出来上がるのが楽しみですね!
北海道より、始めまして。
ハマナスのジャムレシピを捜してここに参りました。
種をうんぬん…
が出ていましたので。そおゆうことね。
以前、挑戦しようとして挫折したのは、まさに種のせい。
今回、頑張って下拵えしましたよ。
・どこまでこそげたらいいの?今回の疑問。
後は、煮詰めていきます。
わくわくです。

意外とレシピが少ないです。
ローズヒップといれてやっとヒットしました。
北海道の人はあまり関心がないのかしらね。

もう、解決されていますか?
ジャムに酢を入れるわけ。
日本では、レモン汁を入れますよ。
酸を加えると色がきれいにでるようです。

では、失礼いたします。
はんころりんさんへ
ルバーブジャムおいしいですよね。 レシピはウェールズのものですか? トマトのジャムとは初耳! どんな味なんだろう?

文字化け対策の情報、ありがとうございます!! 今、自分のブラウザの文字エンコードをチェックしてみたら「日本語(EUC-JP)」になっていました。 サイドバーに、こちらの情報を記載させていただきますね。  
ローズピップジャム、色きれいでおいしそうですね。
こちらは今年はルバーブでなく、トマトジャムを大量につくりました。
(カゴメさんから苗をいただいたので)


文字化けの話ですが、見る方のブラウザの表示設定を、
日本語(EUC-JP)にしていただければ、多分大丈夫では
ないでしょうか。自動判別やshift-JISになっていると、
文字化けする可能性大です。
たいがいのブラウザは、メニューバーの
表示→文字エンコード(エンコーディング)で変更できるはずです。
阿瀬王さんへ
ローズヒップって、マルチ食品なんですね! お茶以外ではあまり売っている加工品を見ませんが、積極的に取り入れたい食材かも。 阿瀬王さんも自然に生っているのを見かけたら、ぜひ採取してください。 奥様のプレゼントにも最適です♪

あ~、文字化けしてしまうんですね・・・ ブラウザによっては文字化けしないようですが、やはり日本語にスウェーデン語を混ぜるのは問題です。 こんな特殊文字があるなんて、なんて厄介な言語でしょう、スウェーデン語!
ブラウザによって化け方も違うのか、「やたら蛙って漢字が出てくるけど、何?」と言われたことがあります。 うーん、今後スウェーデン語の特殊文字の表記方法を考えますね。 ご指摘ありがとうございます。
ベストバランス食品!
ローズヒップのジャムって“美味”なんですね。ローズヒップって、抗酸化のビタミンCが多いらしいです。しかも、「ビタミンCは熱に弱い」と言われますが、ロ―ズヒップのは天然型で熱に強いでそうです。ほかにもあの赤いポリフェノ―ル、これも“抗酸化作用”があります。そして、ポリフェノールはビタミンCなど、他の抗酸化作用のある食品を同時にとると良いそうです。

そういう意味で、ローズヒップジャムは健康食品(お肌もつるつるとか)として、ベストバランスですね。しかも美味しいなら、もうこれ以上言う事ないですよね。

でも“梅仁丹”なんですね^^

それと関係ないことに気が付いてしまいました。Aウムラウトが、”遵。”って文字に、aウムラウトが、“醇"って文字に、文字化けしているんですね。以前から気になってたんですけど、今回、気が付きました。ウムラウトって、文字対応していないんですね~。
RENEさんへ
はい、頑張りました! 疲れました。 でも、この美しい色を見たら苦労は吹き飛び、ジャムを食べて元気回復。
けれど、口にするたび複雑な気持ちです。 駄菓子屋の梅仁丹・・・
アリスさんへ
今回、余っていたペクチン入りの砂糖を使ったので、こんなブリブリの状態になってしまいました。 普通の砂糖だったら、もっとまったりしてたかも。
2種類のレシピを参考にしましたが、両方ともお酢が使われていました。 スウェーデン風には必需なのか? なんででしょうか?
おおー、ご自分で梅ジャムをお作りになるんですね(駄菓子屋のじゃないんですね)! 「生活の木」は、お値段相応の質と味を置いてありますよね。 安売りの方はドックローズだったのか?
プリンさんへ
おいしそうと思わせといて、梅仁丹はないですよね・・・ 謎を膨らませてしまいました。 あ、駄菓子屋には「梅ジャム」なんてのもあったけど、それにも似てるかもしれません。 で、ヨーグルトに入れると・・・
なんででしょうね・・・ ローズヒップに酢と砂糖合わさったからかなぁ、「梅仁丹」になっちゃったのは。 ローズヒップだけなら梅仁丹じゃないんだけど。 
リンゴジャム、いいですねー! 
めたるさんへ
ローズヒップのジャムは、食物繊維も多く、お通じにも良さそうです♪
お酢は殺菌したり、臭い消しにも重宝ですね。 喉に刺さった魚の骨を取るのにも活躍なんだー! 
HISAさんへ
ハマナスの実がローズヒップだと知ったのは、HISAさんのブログでした。 HISAさんの菜園でも、今ハマナスの実がたわわに生っていますか? ぜひジャムを作ってみてください。 種を取るのが大変ですが、手間をかけた分、おいしいジャムが出来上がりますよ! お茶よりも、実をしっかり味わうことができるのが、醍醐味。
Setteさんへ
鮮やかな色がきれいです。 植物の濃い色は、健康にも良いんですよね。 煮詰めたのは30分くらいです。 煮るのは簡単だった。
よやさんへ
湯沸かし器などにこびりついた水のカルキを取るのに、うちではお酢使っています。 他にも用途はあるみたいだよ! 冷蔵庫の掃除にもグーかも。 雑草を取り除いたり、犬のおしっこ避けにも使われると思った。 道を歩いていると、突然強力な酢の匂いを嗅ぐことがあります・・・
今度作ったら、よやさんの分もとって置きますよ♪
えっ?梅仁丹?(笑)
お疲れ~Chakyさん、頑張りましたね!
ブラッドオレンジを思わせる、魅惑的な色に仕上がってるではないのぉ、実に美味しそう♪
でもでも、梅仁丹に激似なんて…うふふ

カラダにも良さそうだし、これから訪れる長い冬も、きっと今年はこのジャムで気持ちも温かく。。。ねっ^^v
ローズヒップのジャムってペクチンが多いんですね!おいしそう。お酢を入れるレシピは初めて見ました。どういう働きがあるんでしょうね?!
すっぱ味系の味は大好きで、わざわざ日本で梅ジャム作って持ってきたんですよ(笑)ローズヒップのジャムも買ったことがあります。生活の木で買ったお高いものは美味しかったんですけど、安売りで買ったのは今ひとつでした。きっと実によったんでしょうね。納得です。
努力の甲斐あって、おいしいジャムの完成ですね(^O^)/
どんな味なんだろうと思っていたら、梅仁丹?!
ヨーグルトに合わせると、ますます謎…
完成めでたい!
おいしそうなジャムが完成しましたね。
駄菓子屋の「梅仁丹」の味?(笑)
イヤイヤ、そんな事ないでしょ??
お茶で飲んだ後、実を食べたりしてたけど、
梅仁丹の味はしなかったと思います。
私もリンゴジャムを作ろうかなぁ。
綺麗な出来上がり!
 ローズヒップジャムの完成おめでとうございます!
うわあ。おいしそうですね~。

 酢はよくまな板を拭いたり、魚を焼くグリルを掃除する時に日本でも使いますよね。あと喉に魚の骨を引っ掛けてしまった時に酢でうがいをしたら取れました!
Chakyさん、お久しぶりです!

私の憧れのローズヒップジャム作りをされたのですね。
うちの畑にははまなすがあり実もたくさんつけます。
でも実の下準備がとても大変と聞き、今まで試みた
ことがなかったのですが、このブログを拝読し俄然
やる気がわきました。 ありがとうございます。

ローズヒップは体によくお茶では一般的ですけど~
ジャムは最高でしょうね。
スープにしても美味しそうな色ですね。実が残っていてアクセントになってジャムも美味しそうです。ジャムってどのくらい煮詰めるんですか?
食べたい!
えぇ?あの酢を入れるの?だから、ローズヒップって酸っぱいの?(違うだろうけど・・・)
確かにジャムは見かけないので、これを読んだら食べたくなった!でも、、キルナには生えていない・・・。

それから、そのättika、掃除にも使われると聞いたことはあるんだけど、何を掃除するときに使うの?冷蔵庫内の掃除にも効果あり??

管理者にだけ表示を許可する