ベリー摘み

2008.09.09.
ベリーと言っても、この付近には、ブルーベリーやリンゴンベリーという気の効いたベリーが生えている森などありません。

で、何を摘んで来たかといいますと・・・

Nypon (ニィーポン)。 ローズヒップ、ハマナスの実。
berryhant1.jpg

Slåbär (スローバァ)。 英語では sloe, blackthorn。 リンボク、スローベリー。
berryhant2.jpg

野生のリンゴ
berryhant3.jpg

Rönnbär (レェンバァ)。 英語で Rowan。 ナナカマド。
berryhant4.jpg

このようなものが、夫の子供時代の遊び場に、今でも幾らでも生っています。 特にリンゴやローズヒップは、遊びながらもぎ取って食べたり、投げつけて武器にしたり。 逞しく自然の中で遊びながら、自然の恵みを受けビタミンを補給していたんですね。

berryhant5.jpg

これらのベリー類は、これから加工してジャムやジュースにします。 スローベリーとナナカマドは、ひとまず冷凍庫へ。 加工する前に冷凍すると甘みが出るのだとか。 昔は霜が降りてから摘んだそうです。

まずは、ローズヒップでジャム作りに挑戦!

ところで、ローズヒップを摘んでいると、通りかかったおじいちゃんに声をかけられました。 (そのおじいちゃんの手には、大きなキノコが! キノコ狩りをしてたのね。) おじいちゃん曰く、「わしも nypon でジャムを作ったよ。 いやぁ、種を取り除くのが大変で、時間ばかりかかって、懲り懲りしたよ」。 

そのときは、お喋り好きなお年寄りの話など全然気にしなかった私。 後に、お年寄りのお話は真面目に聞きましょうと教訓になりました・・・ (次回へ続く
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
にゃんこねんさんへ
売るほど生るベリー、羨ましいっス。 こっちには、売れるベリーが生りません。
毒キノコ、最近だか、スウェーデンに住むタイ人があたって亡くなったとか・・・ (お前も気をつけろ!と注意を受けました。)

木こり・・・かぁ。 確かに、ベリー摘みが可愛くみえます。
想像できちゃいますよ「売れないデスバンドのPV」。 北欧系は森の中のPV多いからねー。 うんうん、ついでに撮っておけばよかった。

ナナカマドの実は、スウェーデン人の鼻になら、たくさん入るでしょうね。 私の鼻では、一つだけでも苦しい。
ベリーなら可愛いじゃないですか
本物で作るジャム 美味しいですよね♪

黄色の高いの 青いの 黒いの 赤いの数種類とか こっちには売る程あります
勿論 毒きのこもいっぱいです☆


こないだの日曜にも 北部に棲息してる我々は 森に入って来ました

それもね ベリーじゃないんですよ 木を切って来たんです!
ほんと 何が悲しくって 『木こり』 にならんといかんのですかねぇ…
世帯主母親所有の山林の木が数本 8月に暴風雨(と言っても 日本程じゃないみたい)の影響で倒れてしまい それを売る為に3m位の長さに切ったんです
実際に召集がかかるまで 『冗談ざんしょ?』って思ってたんですが どうも数年に一度 兄弟3人で本当にやってたらしく  今年も決行したんですよ

チェーンソー片手に トラクターに乗り込み 鎖をカットした木にフックで引っ掛け 10m位も引っ張るんです
作業すること4時間 兄弟3人共が揃ってメタルっ子なので 長髪髭面彫物で どう見てもヴァイキングメタルを地でいってて大笑いでした
なんだか 売れないデスバンドのPVが撮れそうな感じで 蚊に刺されながら 一人でニヤニヤしたましたよ(笑)
彼等いわく 『こんなこと今時やってんのって オレ等くらいだろな 普通は業者に頼むんだけど 金 もったいねぇべ?』だとか…けど 時間も勿体ないような気が…  

ろーずひっぷ
ウチのアパートの周りにいっぱいあるので パクって来ました♪

ななかまど
んで それを世帯主兄弟達は 小さい頃 鼻の中に何個入るか競争してたそうです
あぁ おバカな風景が目に浮かぶ…(汗)

て言うか こないだもやってたんですよ ほんと 馬鹿だ!
(その馬鹿なやつの嫁ですね あたし…) 
アリスさんへ
こちらこそ、承諾してくださり、ありがとうございます。
アリスさんのブログは、マニアックな記事だからこそ面白いのかも!
(本当にとても勉強になります、というか今かなりアリスさんのブログ記事から影響を受けています。 突然、石鹸シャンプーを探し始めたり・笑。)

ローラの世界が消えつつあるなんて、ショック。 保護区だなんて・・・
スティーブン・キング作品は、まさにアメリカの世界、ですよね。
プリンさんへ
自然が身近にあるって、本当にステキなことです。
でもね、プリンさんのブログで紹介されているような「都会の」食べ物が欲しいっ!

じいちゃんは脅してたのではなく、真実を語っていたのでした・・・
Masamiさんへ
同じEUでも、南と北の自然は、まったく違いますものね!
このようなベリーはイタリアには生息しないのですか。
(でもイタリアにはスウェーデンにないものが沢山ある!)
夫の実家は私たちが住むところから、ちょっと離れているので、遊びに行ったときに自然を満喫します。
手作りって、大変です・・・
Chakyさん、コメントありがとうございました。
私のマニアック?!な記事を面白いといっていただいて喜んでいます。
リンクしていただけるなんて光栄です!こちらこそよろしくお願いいたします。
私も山ほっとします。日本に戻ると山に囲まれていますものね。
でも、スウェーデンは緑豊かなイメージがあります。こちらは確かに「ロ~ラ~」の世界です。でも今はローラの世界は消えつつあるんですよ。草原は保護区になってちょっぴりあるだけ。私はとうもろこし畑と小さな町を見ているとスティーブンキングの「とうもろこし畑の子供たち」を思い出してしょうがないのです^^;
木になっているベリーをつむなんて、まさにあこがれの世界です~!
自然が身近にあるんですね。うらやましい(*^_^*)

でも、ローズヒップのジャム、すごく手がかかったのかしら。
おじいさんの言葉が…
続き、楽しみに待ってます(^_-)-☆
Chakyさん、

お久し振りです、こんにちは~!
確かに、イタリアでは見かけないベリー類ですね。
こんな自然が一杯あるところで、旦那様は育ったのですね。ステキ!
今のお家もお近くですか?
ところでローズヒップのジャム作り、大変だったのですね(笑)
続き、楽しみにしていますね♪
Gunvaldさんへ
スローベリーはそのままでは食べられず、ジャムなどにも不向きなため、ジュースを作るんです。 でも、スロージンを作るという手もある! (夫が横から、「Gundvaldさんは、この前はパブ・スコーネで今回はスロージン。お酒の話ばっかりね」と言いつつスロージンの作り方をネットで探し始めた!)
小ぶりで、ちょっとすっぱい、こっちのリンゴに慣れてしまいましたが、日本の大きくて甘いリンゴも懐かしいですね。

おおっ、ナナカマドのジャム、覚えておいででしたか! ちょっと苦味があり、肉料理に添えていただきましたよ。 この採って来たナナカマドでも、そんなジャムを作る予定です。
めたるさんへ
ローズヒップにはビタミンCがたっぷり。 なのでお肌や美白にいいのよ。 ローズヒップって日本原産のハマナスの実なんです。 でも生息しているのは北海道が主みたい。
こっちは寒いので、ベリーは生れど、葡萄や梨は生りません。 
めたるさん、あなたは葡萄の女王、巨峰のように美しい。
RENEさんへ
日本では野生のベリーってあまりありませんものね。 
でも、雑木林に生るアケビとか栗とか・・・ 今でもあるかなぁ。
ローズヒップがジャムになる道のりは遠く、続きものになってしまいました。

80年代は、もう、ツッコミの宝庫!?
26時って・・・ RENEさんもご一緒にパソコン開いてらしたんですね!
こちらからも、くれぐれもよろしくお伝えください。
よやさんへ
余るくらいブルーベリーが摘めるなんて羨ましい! こちらでは買うと高いですよ。 ほとんど手が出さない・・・

ナナカマドはスウェーデン語で rönnbär というのですが、そのままでは食べられないのでご注意ください。 マーマレードやジェルに加工します。 市販のジェル (gele) も売っているので、今度お店でチェックしてみて!
アリスさんへ
アメリカは「大草原」のイメージが強いですし、特にネブラスカ辺りは草原なんでしょうね。 私は「山」が恋しいです。 この地域は平らで山がないので。
そうそう、ローズヒップはビタミンCの宝庫なんですよね。
んんっ、アリスさんが楽しみにしているのは、ジャムの仕上がり? それとも、(私が行う)大変な作業?
Setteさんへ
手作りジャムは、甘さ加減やジューシーさが良いのかな。 市販のものとは比べ物にならないですよね♪ 
sueさんへ
実りの秋って感じでしょ♪
ジャム自体は煮るだけなのですが、その前の作業が・・・
味も、どうなんでしょう、この私が作るんですから・・・
スロージンの原料
”ベリー”というと小さな実というイメージがあるのですが、スモモ位の大きさのものもあるのですね。
これがスローベリーかぁ、スロージンの原料だということは知っていたのですが初めてお目にかかりました。
リンゴは海外では皆小ぶりで日本のフジみたいに大きいものは見たことがありません。(個人的にはリンゴは生食では日本のが一番かな)
これらは一体どのようなジャムになるのでしょう?

そうそう、以前ご紹介いただいた美味しそうな色したナナカマドの市販ジャムのお味は如何でしたか?
 ローズヒップって女性を美しくするとよく言いますよね。私もローズヒップ沢山摂取しなくちゃ!って、日本にはないか?
 野生のベリーを摘む。童話の中の世界のようですね。こっちでは葡萄狩りや梨狩りの季節です。私は巨峰が好き。
イイなぁ~
手提げの籐のカゴを持って、私もお供したい。。。笑
野生種のベリーを積んだ経験がないから、羨ましいゎ。
でも、次回へ続く・・・って、可笑しい
そうなると、この後、どういう展開を見せるのか小説ばりに気になるから不思議(うふふ)
また、楽しみにしてますね^^

そうそう、夫も突っ込みいれて見てました↓
仕事が忙しくて、コメ入れることは出来ないけれど、よろしくお伝えくださいとのことでした。
今もノートPCで仕事中です(もう26時・・・)
大好きベリー摘み!!
こちらではブルーベリー摘みをしましたよ。その量約2キロ!(二人で)マフィン、パイを作っても余ったので、ジャムも作って残りは冷凍しました。

ところで、ナナカマドって鳥が(も?)食べる実?だけど、鳥達は食料不足になってから食べるとか?それと同じ実なのかな?
もしそうなら、キルナでたくさん見かけます!人間でも食べられるなんてしられなかった。。
こうやってベリー類が身近に摘めるのがいいですねー!きのこも!
アメリカって来るまで知らなかったんですが、気候的に「森」ないようで、私の同居人も森の民なので、恋しいみたいです。
うふふ、ローズヒップはビタミンCの宝庫と聞きますが、もしや大変な作業が!?楽しみです^^
おおっ
色々なっているんですね♪コチラに来て、手作りジャムを頂く事が多いのですが、甘い物をあまり食べない私も、ジャム大好きです。
わぁ!
ベリー類もローズヒップも沢山なっていますね♪
おまけに野生のりんごまで~♪♪
ジャムの出来上がりが楽しみです。
(と・・大変だったのでしょうか~?)

今日はCommentは表示されていました!

管理者にだけ表示を許可する