80年代のスウェーデン音楽雑誌

2008.09.02.
ドラマーであり、コミックも描いたり、メタル好き、B級映画ファン、マニアックな某君(夫の友人)が、膨大なコレクションの一部を整理している(彼女でも出来たか!?)というので、捨てられる前にちょっと譲り受けた貴重な品。

スウェーデンの音楽雑誌『OKEJ(オーケイ)』です。 今でもこの雑誌は存在しますが、これは80年代のもの。

okej1.jpg

もう懐かしい顔がいっぱいよ~。 懐かしいというか、忘れ去られた人達。 あー、こんな人いたねー、こんなバンドあったねー、あの歌覚えてる~? 酷いねこの服、何この髪型! ページをめくる度、恥ずかしい写真のオンパレードに笑い転げ、もう止められない止まらない。

ときどき知らない人が現れ、テンション下がります。 誰、これ? 毎号載っているんですけど? 「シェーキング・フレドリックだよ」。 スウェーデンの女の子のアイドルだったらしいです。

okej2.jpg

「昔の雑誌の印刷って3Dめがねが必要なほど、粗悪」・・・あまり見ていると頭が痛くなってきます。

okej3.jpg

広告を見るのもおもしろい。 今では販売されていないチョコレート。

okej4.jpg

あの頃、誰もが欲しがったウォークマン。

okej5.jpg

「毎号この裏表紙(LPのカタログが載っている)を見るのが、楽しみだったんだ~。 すげぇ、かっこいい、このレコード欲しいっ!って、もう毎回ドキドキ☆ワクワク」。 

okej6.jpg

「この頃の僕のアイドルは、キッス (KISS) とジューダス (JUDAS PRIEST) メイデン (IRON MAIDEN) アクセプト (ACCEPT) だったんだよなー。 キッス以外は今でも好き。 今聴いても断然かっこいい! アクセプトがアメリカで人気が出なかったのはウド・ダークシュナイダーの容姿のせいだと言うが、アメリカ人ばかだよ。 それでこのカスゴイ曲を聴かないなんて、損してるね。 アクセプトはヨーロッパ人の誇りだ!」 ←すっかり自分の世界に入っている夫。 しかし、小学生でアクセプトやジューダス聴いてたなんて。

豆知識:ウド・ダークショナイダーはアクセプトのフロントマンでありヴォーカリストですが、小さくてゴツくてハンサムとは言えない顔立ち。 それゆえ容姿重視のアメリカでは受けなかったらしいが、ヨーロッパでは(日本でも)、カリスマ的で絶大な人気を誇るドイツ出身のヘヴィメタルバンドです。

okej7.jpg

でも、この頃のウドさん、若い~☆ いやぁ、皆若い。 そういう私も・・・ 

80年代って、能天気な明るさと、はちゃめちゃなイマジネーションが花咲いた時期なのね、今思うと。 その後の世界情勢の激変や、暗いニュースが続く前の、無邪気な時代だったのかな。 私が洋楽や洋画に興味持ちだしたのがこの頃で、80年代の話題は世界共通、盛り上がります。 

「俺は何をしているんだ、自分の一部を捨てているようなもんだ」と涙を流して雑誌の処分をしていたという某君。 キミの一部は私が貰い受けました。

ところで、スウェーデンのメタル雑誌『SWEDEN ROCK』(2000年以降のもの)もいただいたのですが、誰か欲しい方、お譲りいたします~。

okej9.jpg
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
プリンさんへ
プリンさん QUEEN のファンですか! 嬉しいです♪
QUEENの音楽は時代も人も選びませんよね。

私自身、懐古趣味になってきたかも・・・

リンク、もちろんです。 
こちらからもリンクさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
cosdinaさんへ
わざわざご訪問&コメントありがとうございます!!
(しかも80年代の話題に・笑)

欧州って、タイムスリップしたような、時間が止まったような人たち、いっぱいいますよね・・・ ウドさん、若いのでビックリ☆
こんばんは。
80年代、懐かしいですね~。この写真にのっているお顔は知らないけれど、
わたしはずっとQueenのファンでした(というか今も…)
ピアノで作る&メロディーのきれいな曲が好きみたいです(*^_^*)

ご存じでしょうが、今こちらではアバのミュージカルが人気です。
映画化もされるみたいですね。懐古趣味になってきたのでしょうか…

リンクさせていただいても構いませんか?
問題あるようなら取り消しますので、お知らせください。
こんにちは!
ご無沙汰しておりました♪
ドイツ、今でもこういう髪型した人、
イッパイいます(笑)
ウドさん、若い!
sueさんへ
コメント欄がないとは、Comment ってところですよね?
何故だろう?? 確かめたところ、今は表示されているみたいだけど・・・
申し訳ないです。 不備がないか調べてみますね。

なんだか妙に恥ずかしいですよね、昔の雑誌の写真って。 
自分の昔の写真なんて・・・ 怖くて見れないっ。
ここ最近エントリーの後のコメント欄を開くアイコンがないんですけれど、
私だけでしょうか~。
続きを読むというところを開くとこちらのコメント欄があるのですが・・・

さて、昔の雑誌。
私は自分の写真でもないのに昔の雑誌の写真とか見ると
妙に恥ずかしい気持ちになったりします~(笑)
にゃんこねんさんへ
厚化粧のうえ、眼鏡はずすとデーシュナイダーだなんて、強烈です。 デーショナイダーは、けっこうおばちゃん顔ですよね。 (前面に出すとインパクトが強すぎるので隠しました。 それでも存在感強し!)

欧州ってメタルの土壌が出来ていますよね。 三つ子の魂百まで。 その子供達にもメタルの血が受け継がれていますし。 私よりウンと若いのに、どーしてこのバンドをリアルタイムで聴いているんだ!?
いや、恥ずかしくない、恥ずかしくない。 アクセプトはドイツの誇りです。

80年代って、今ブームですよね。 80年代を懐かしむ世代がいい大人になっちゃったからでしょうが。 盛り上がるだろうなぁ~、80’sメタル!

Meshuggahですね、探してみまっす。
心はロック少年でも、老体に深夜はキツいですね。
SACHIさんへ
朝から呼び出してしまい、すいませんでした。 お宝画像を、少しでも分かっていただける方に見ていただきたかったもので。
そうそう、けっこうヘビメタ系がアイドルしてましたよね、80年代は。 
スウェーデンは田舎だから、今でもメタルTシャツ着てる子やLAメタルっぽい格好してる子がいたりする。 ちょっとタイムスリップしたような感覚になることも。
『デトロイト・メタル・シティ』観に行かれるんですか! あの漫画の人気が高いのは、やはりメタルの描き方にありますね。 一般人にメタルはどのように扱われているのか、よーく分かります・・・ 
『20世紀少年』の映画化も、観たいです。
ジューダス道中記、楽しみにしていますので、楽しんで来てください!
(何気にSACHIさんのブログ、まめにチェックしてます。)
めたるさんへ
80年代に子供時代や青春を送っていた人間にとっては、お宝でしょ~♪ 本当に色々出てきたよね~。 どんなちっぽけなことでも、このお宝雑誌を見ていると、走馬灯のごとく思い出してしまうのよ~。

ウドさんのダミ声は好き嫌いが分けれますな。
阿瀬王さんへ
だいだい男性がコレクションを泣く泣く処分するときって、女性の影があるように思います。 子供の頃は母親、大人になってからは妻。 私も今では圧力をかける側です。 (なのに、人のコレクションを譲り受けてしまった・・・)

趣味の雑誌や本って、当人にとっては本当に大切なんですよね。 今ではオークションという救いの道もありますが、それを読まない人間には到底分かってもらえず、やはり廃品回収に・・・無念。

しかし攻撃に負けず、頑張れ阿瀬王さん! 

こちらには町の小さな古本屋さんがけっこうあったのですが、店主の高齢化と、最近は商売にならないようで、店仕舞いするとこが相次ぎました。 

本当に、SONYとウォークマンが最先端をいっていた時代ですね。 今の子供達がこれ見ても、なんだか分からなかったりして。 カセットテープ自体ない時代ですものねぇ。 
Setteさんへ
今、若い子達の間で奇抜なファッションが流行ってますけど、80年代には敵わない~!って、雑誌見ながら思いました。
追加です
来週 ここから300km近く南に行って 世帯主の兄と友達のバンドがライヴをするんだそうです

お決まりの結婚パーティーだそうですが 新郎からのリクエストは80´sメタルなんですって!
いやぁ なんだかんだ言っても みんな好きなのね(笑)

ただ ファッションまでは真似したくないそうです
そりゃそうだ(笑)

当時は まだまだ本物のお子様だったんですけど なんなんでしょうねぇ
ドイツでも 日本でも フィンランド(少しだけ住んでました) スウェーデンでも あの浮かれたような雰囲気が漂っていたのかもしれませんね
いわゆるバブリーな感じだったのかもですね こっちの連中もそんなことよく言ってます

雑誌 メシュガが載ってたら欲しいです
世帯主母のサンボ(73歳)が南部出身なので 取りに行って貰いますから(笑)
彼とは 今年のsweden rock fes に行って来ましたよ♪
けど 夜は眠いらしく 大変そうでした…
あはは
ゆうべ寝る前に 世帯主と見ながら大笑いしましたよ☆

だって よっけさんの後ろ 何気にディーシュナイダーなんだもん(笑)
日本で仕事してた時 保険勧誘のオバチャン 凄い厚化粧で んでもって誰かに似てたんですが 中々それが誰なのかが思い出せずにいたんですが ある日 オバチャンが眼鏡を外したのを見た瞬間 『あっ ディーシュナイダーじゃん!』と思ったものの 周囲には彼のことなどわかる人はおらず なんか悔しかったです(笑)

にしても そのよっけさん よんてさん 今とはエラい違いだなぁ…
腹肉隠しのコルセット(本人いわく 腰痛防止だそうで)巻いてたり 3重顎とか見事な太鼓ッ腹とか 何気に微妙な加齢臭とかにショックだったり(笑)

世帯主の実家に行くと 物置とかに乱雑に この手の雑誌が散らばってました
その人気歌手の子は アイドル生命がヤケに短かったんですって

*アクセプトはドイツ人の誇りです!*
って 4分の1ドイツ人のあたしは んなことぁ全然思いません
旦那さんのお友達 大丈夫でしょうか?(笑)

けど いつもテレビに出てたし スクールバスの運転手さんはメタルおたくで 毎日テープ流してました
恥ずかしいんですが 親戚のオジサンは物凄いアクセプト信者で あっちこっちのライヴに出かけてたのを覚えています
てなわけで ロック好きなジジババ達と暮らしてたので あたしも生まれた時から おメタな子になってしまいました
もう 治らないどころか 今では轟音爆音系デスしか聴けなくなってしまいました(笑)

移住する時 あたしも色んな種類の雑誌を殆ど処分しましたが なんかシンドかったですよ やっぱり
お友達の気持ち なんとなくわかります
おぉぉぉぉぉ~!
何があったんですかねぇ…処分するなんて…。
お宝いっぱいじゃないですか~。
あの~いいですか~欲しいです!!!
すご~く、欲しいで~す!!!
80年代と言えば…LAメタルが全盛期で、メタルが明るくて元気な時代ですよね。
アイドル的なとこもあったりして…。
今の状況とはえらい違いです…日本に於いてはね。
あ~そうそう、デトロイト・メタル・シティ、映画公開されてますので…行こうと思います。
なんか…すごい人気なんですけど…。
こんなに、聴かれてない音楽なのに…不思議じゃ~。
マンガが売れてるから…って事ね。
あぁ、今度、ジューダス・プリースト行きます。
チケット代より…交通費、宿泊費がね…大変…。
でも…行きますよ~。
それでは…!
バースデイ・グリーティングありがとう。


お宝
 これはもう、凄いお宝ですよ!ジョーイ・テンペストの可愛らしいこと。
いや~、80年代の音楽って楽しかったですよね。ミュージシャンも次から次へと好みなのが現われていましたわ~。

 ウドの容姿が米国には受け入れられなかった?ふむむ。
実は私もアクセプト苦手なんです。ウドの容姿がじゃなくて声がなんですけどね。
うんうん、良く解るよ
某君、何が有ったんですかね~
わたしなんぞは、さまざまな圧力に耐えて、未だに○万冊の書籍を保有(雑誌も含む)中。
今尚、間欠的に襲ってくる嫁や実家の攻撃にも耐え、抱えたままでいます(もうちょっとで陥落か!?)。
雑誌って、結構“値打”のある場合があるんですよね。
特に、その雑誌の創刊号。
うちの母親、実家の倉庫に保有していた内の、某誌の創刊号を含む数十冊をわたしに無断で廃品回収に!
ネットで調べると、かなりのプレミアがついていました^^;

>俺は何をしているんだ、自分の一部を捨てているようなもんだ

うんうん、良く解るよ。
他の人にはただの邪魔者かもしれないけど、君にとっては“自分の一部”になってしまっているんだよね。

という事で、Chakyさん家に貰われてきた“雑誌さん”たち。
30年程前の雑誌、ひょっとしたら、ちょっとした“お遣い”になるかも。
でもスウェーデンの方って、古本屋さんってあるんですかね?
マニアは居るでしょうから、オークションに出す手もありかなぁ。

わたしはロック、ヘビメタは殆ど聞かないんで、反対にキッス位しか知らないです^^;
(ABBAは良く聞きましたけど)

ウォークマン、懐かしい形ですね~。
今のウォークマン、なんか別モノですよね。
画像は映るし、チビたちに聞くと、ゲームが出来るのもあるそうです!
でも、あの頃の方がSONYは輝いてましたね。
昔の中でも・・・・・
80年代は、結構奇抜なファッションが多かったので、雑誌も面白そうですね。でも、音楽を聴かない理由が容姿って(笑)

管理者にだけ表示を許可する