北欧の英国風ティーサロン

2008.08.26.
ハンドメイドの即売会で訪れた町に、新しいカフェがありました。 三角屋根の古い家を改造した店内は広々とし、整然としながら可愛らしくまとめてあります。

angelholmte1.jpg

カフェかと思ったら、お茶の品揃えが豊富。 手作りのアイスクリームやケーキ、ジャムなどはエコに拘っています。 予約をすればアフタヌーンティーも出してくれるそうで、どうやら英国風ティーサロンのよう。

お店の一角に、英国調なソファーとテーブルが。 早速そこに陣取ります。 ランチとして頼んだのは、いかにもスウェーデンな smörgås (サンドイッチ)と、ラズベリードリンクですが・・・

angelholmte2.jpg

ソファーがあるのはここだけで、他のテーブルは(IKEAっぽい)木製のシンプルなもの。 ふと見ると、物置の上に、小さなテーブルとイスがセットされている~。 「小さなお茶会」って感じでステキ~。 やっぱり女の子だったら、こーゆーものが、嬉しくなっちゃう♪

angelholmte3.jpg

このようなティーサロン、スコーネの他の町でもオープンしているのを見ました。 コーヒー一辺倒の北欧ですが、数年前からコペンハーゲンでティーサロンが流行りだし、それがこちらにも飛び火したのかな? エコと手作りに拘り、お茶やアフタヌーンティーを出す、正直どこのお店も似たり寄ったりですが、こーゆーのが好きだからいいのだ。

ところで、このようなお茶屋さんに行くと、豊富に置いてあるのがグリーンティー。 しかも、アロマ・ティー(フレバーティー)として、乾燥フルーツやベリー、ハーブなどを加え、フルーティーな香りが付けられた緑茶の種類が多種。

最初は、なんとも薄気味悪い代物だと思いました。 特にイギリスやフランス/ロシアの有名ブランドのアロマティーは、人工的な香りが鼻について苦手。

でも、ティーサロンで独自にブレンドしているアロマティーは、自然のもの、有機栽培のものを使っているので、香りがヘンにきつくない。 紅茶とも緑茶とも、違った味わいです。 普段、緑茶は日本から持ってきたものを、日本の湯飲みで飲んでいますが、アロマのグリーンティーはカップでいただきます。 

いつも朝は紅茶でミルクティーなのですが、夏の間は食指が動かず、ベリーの香りのグリーンティーを入れてたら、さっぱりして朝にぴったり! イギリスの料理雑誌にも、「夏は紅茶より、緑茶やミントティーを飲むようにしましょう」とありました。

それ以来、朝はグリーンティー。 しかし、もうすぐミルクティーが恋しくなるかな。 これから寒くなる季節には・・・
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Gunvaldさんへ ありました~!
Gundvaldさんのインストラクションどおり、Street View を操縦するのに、慣れないものでかなり時間がかかりました。 しかし、ついに発見しましたよ~、”SKANE スコーネ”! 達成感でガッツポーズ。 Street View の操作もマスターでき、ご指導ありがとうございました!
ところで、この”SKANE スコーネ”の看板、20年を物語っています・・・
渋谷の宮益坂のあたりは、派遣のオフィスがあって行ったりしてましたが、まさかこんなところに、私が住むことになるスコーネがあったとは。 

部長さん、まだここに通っているのかしら・・・

スウェーデン初上陸が成田->ストックホルム直行便のアーランダ空港とは貴重です。 今では幻の路線ではありませんか。

はいはい、Gunvaldさんがスウェーデン風カフェを開く折には、こちらから誰か見繕って派遣いたしますね♪
スウェーデン初上陸
話を逸れさせてしまいごめんなさい。
長いのでコメントが出揃うのを待っていたのですが、sueさんには申し訳ないことをいたしました。

>Gundvaldさん、作っているでしょー!?と疑ったり。

イヤイヤ、そう思われるのは心外ですので探し方をば説明を。
最初に住所で検索して、適当な大きさ(ゲージの”+”から2つ目位で大丈夫です)でこのあたりの地図を表示しておいてください。
宮益坂下の交差点から明治通りを原宿方面へ(画面では上方へ)進み、最初の曲がり角の道(渋谷東急インの斜向かいの道)に入ります(画面では右方へ)。
この道で、最初の曲がり角(画面では下方へ向かう道との交差点)のちょっと手前に立ちます。
道の左側(画面では上方)を見るとレンガ色の外壁のビルがあります。(1Fには自動販売機が道に面して1台、引っ込んだ敷地内に2台置いてある)
そのビルを見上げると(Street View画面を下にドラッグね)3Fには・・・


あれから数年後、お客さんと一緒にヨーロッパに出張に行くことになりました。
「目的地に行くにはロンドン経由とストックホルム経由の2通りがあるのですがどっちにします? お好きな方にあわせますよ。」と言われ、スウェーデン好きの私は間髪いれずに「では是非”ストックホルム”経由で!」と答えました。
あまりに力が入った答えようにお客さんも少したじろいだようで、「は、はぁー。ではストックホルム経由で行きましょう。」と賛成してくれました。
しかし次の瞬間その人は少し怪訝な顔をしてこんなことを尋ねてきました。
「先日、御社のXX部長さんに飲みに連れて行っていただいたのが渋谷にあるスウェーデン関連のお店だったのですけど、おたくの会社はスウェーデンと何か特別な関係があるのですか?」

私のスウェーデン初上陸は出張のトランジットで立ち寄ったアーランダ空港でした。(この頃は成田->ストックホルム直行便がありました)
空港からは出られないので、空港施設内でPrippsのビールを飲んだり売店を物色したりして過ごしました。
この時に購入した柄に綺麗な細工の入ったEKA社製のポケットナイフは今も愛用しております。


(「ウェイトレスさん2人雇うのが無理やったらHannahの方だけでもかまへんで?」
 「どんだけそこにこだわっとるねん! もう、やめさせてもらうわっ!」)
sueさんへ
ありがとう♪ やっぱり女の子同士は話が分かって嬉しいです(上のコメントから軌道修正)。 おいしいお茶と至福のひと時には、演出も大切ですよね。 センスが重要です。
Gunvaldさんへ
けっこうありますよ、英国風、南欧風、日本風・・・ ほとんど、なんちゃってですけど。

ところでっ、Gunvaldさんのコメントをふんふんと読み進め、「小さなカンナの様なもの」で苦笑し(うちにもありますよ、チーズはこれで削ります)、20年近くも昔の場所を覚えていらっしゃることに(煩悩とは深いものだと)驚愕し、お店の名前にのけぞり、私も早速ストリートビューで件のスウェーデン・バーを探そうと躍起になったのですが・・・ ないですよ~。 

私のストリトビューの操縦?の仕方が悪いのか。 それとも、”SKANE スコーネ”だなんて、Gundvaldさん、作っているでしょー!?と疑ったり。 そのかわり「スカイレストラン オスロ」というのを見つけました。

スウェーデン風カフェ、日本で開いたら受けると思いますよ。 でも、Gunvaldさんのイメージは却下です。 それじゃあ、カフェじゃないですって。

はっ、私が書いたのは「北欧にあるステキな英国風のティーサロン」の話だったのに、Gunvaldさんのところで、完全に話が違う方向に飛んでいます。
cafeも好きですけど、こんなティーサロンも好きです。
私もそのソファに座ってお茶をいただきたいです。
小さなお茶会のセットいいですね!
お店の中に何かしら細かい仕掛け?がしてあって
それを発見すると嬉しくなります。
スウェーデン・バー
そちらでも”XX国風何とか”というものがあるのですねぇ。
この手のモノは日本のお家芸かと思っていました。
やはり異国への憧憬のようなものは万国共通であるのですね。
スウェーデン料理のレストランは日本にも何軒かありますが、またまた古い話を思い出しましたよ。

あれはまだ新入社員だった頃、会社の上司に連れられて同期入社で同じ部署に配属された社員一同飲みに連れて行ってもらいました。
2次会で渋谷の裏通りにあるビルの中のお店に入りました。
確かそんなに大きな店ではなかったと思うのですが、はっきり覚えているのは金髪のお姉さんが幾人もいたことと、飲んだお酒がアクアビットでおつまみはチーズしかなかったことでした。
チーズはパン切り用のまな板の上に塊がでーんとのっていてそれを小さなカンナの様なものでこそげとって食べるというものでした。

そう、そこは初めて行った”スウェーデン・バー”(こんなカテゴリーある?)だったのです。
もちろん興味は金髪の女性群だったのですが、そこはまだ新入社員ということもあり上司の話に興味ありげな振りをしつつ彼女達のことは横目で眺めるだけでした。
その時は特別なことは起こらずに、この”約束の地”への再訪を心に秘めながら店を出ました。
しかしながら私自身はよんどころない付き合いでお酒を飲むことはあっても、まず自分から好んで酒席に行くことは無いタイプでもあり、その後は社会人の厳しさを身にしみて感じる程の忙しさでその店のことは忘れておりました。

と、この店を思い出したところで先日ご紹介したGoogle MapのStreet View機能を使ってみました。
いやぁー煩悩というものは深いですなぁ、20年近くの昔に一度っきりしか行ったことのない場所がすぐに見つかりました。
ビルの壁にはお店の名前がありました。(まだあったことにチョット驚き)
”SKANE スコーネ”(150-0002 東京都渋谷区渋谷1-15-16 第2ソシアルビル3F)



日本でスウェーデン風カフェとか開いたら流行りますでしょうかね?
Graaf Sistersみたいなウェイトレスさんを雇って、BGMにABBAをかけて、インテリアにでっかい木彫りの馬を置いて・・・
それ以外はどんなのがスウェーデン風かなぁ?

(「って、それがオマエのスウェーデン風のイメージかよ!!」
 「イヤイヤ正味な話しGraaf Sisters似のウェイトレスさんだけでも結構イケルんとちゃうやろかと思うねんけど。」
 「そういう話じゃないやろ!」
 「あーっ、分かった。断腸の思いで木彫りの馬はあきらめるわ。」)
阿瀬王さんへ
洗練されただけじゃない遊び心が、かわいらしさを出すのでしょうか。 阿瀬王さんも、かわいい~☆と思いませんか?

叱られるほどカモミール茶を買い込むたなんて・・・ 一体どれほど? (確かにグラムで言われても、どれくらいの量になるのか検討つきませんよね。) 全て消化しましたか? そして、不眠症の効果の程は? 

いいですねぇ、商売っ気のないマスターが、おいしいコーヒーを入れてくれる喫茶店。 今は、「喫茶店」という言葉が似合うお店を見つけるのが難しいですよね。 どこの国のどこの都市に行ってもスターバックスばかりで。 (というスウェーデンにスタバはないのですが。)  マスターのコレクションが置いてあるのも、道楽でやっているぽっくって味がありますね。 こういう雰囲気が、コーヒーの味を良くするのでしょう。
にゃんこねんさんへ
時折見に来てくださり、ありがとうございます。 なのに大した記事も書いてなくて申し訳ない。 まぁ、この国自体、大したとこじゃないから。 (←なんでもこの国のせいにする。)
うちも外出先ではコーヒーばかりなので、家ではお茶ばかり飲み、コーヒーメーカーも仕舞ってしまいました。 コーヒーはきちんと豆から入れたのが、どこに行っても置いてあるのに、お茶はティーバックを冷めたお湯で自分で入れるのって・・・悲しくなります。 すごい差別だ。 お茶好きには辛い国ですよね。

季節的にブルーベリー摘みにしたのですが、実は私、ベリー摘みをしたことありません。 ベリーが生えるような森が身近にない・・・ ベリー摘みは森の近くに住む方々の特権ですよ。 特に「黄色い効果」なのは、暖かいこっちでは育たないの。 南の都会にないものが、北にはある。
なんだか数年前から、北欧の松茸が日本で取り沙汰されているよう。 もう、砂金と同じ感覚じゃないですか? にゃんこねんさんも、一攫千金を狙え!
はんころりんさんへ 
わざわざ調べてくださり、ありがとうございます! リプトンですね。 明日、買い物に行ったときにチェックしてみます。 英国メーカーのティーパックは、けっこう色々置いてありますが、北欧限定販売品があるとは! 国によって好みが違うからかしら? お土産にもいいですね。 良い情報をありがとう!
かわいいor洗練?
“かわいい”と言うか、洗練されたお店ですね。

>物置の上に、小さなテーブルとイスがセットされている~

って、遊び心も有りますね。こう言うの、女性は“かわいい”って感じるのでしょうか?

わたしは専ら“コーヒー派”なんですけど、数年前、気持ちを落ち着けるのに(眠りやすいようにするには)
「カモミールが良い」
って聞いて、(当時、不眠症のピークでした)山ほど買い込んで、嫁に叱られた事がありました^^;
そこはデパートの中のティーサロンだったんですけど、販売もしていたんですよね。で、

「何グラムになさいますか?」

って聞かれて、果たして1グラムがどれ位の量になるか見当も付かなかったんで、適当にグラム数を言ったら……すごく大きな袋に……。

『英国調なソファーとテーブル』良い感じですね~。こういう場所でゆっくりと優雅な時間を過ごしたいですね。女性なら友人との“会話”も良いのではないですか?
こういう場所だと、ジャバウォッキーじゃなくて、上品な会話になりそうです。

コーヒーは家の近所に美味しいコーヒーを飲ませてくれる喫茶店があるんですけど、そこのマスター、商売っ気が無くて、休みが結構多いお店です。でも、商売っ気が無いから美味しいコーヒーが入れれるのだろうと納得していますけど(本当に趣味でやってるって感じで、店の1/3位は、マスターのコレクションコーナーになっていて、伊万里なんかの陶器コレクションや、仁王さんの御面の彫刻とか、色々と飾ってあります。それに店の方も、リトグラフや西洋陶器のお人形なんかが飾ってあります。それにマスター、園芸も趣味みたいです)。

最近、近所にスターバックスも出来ましたけど、やっぱり断然、その喫茶店の方が美味しいです。
あだすは 紅茶が好きざますよ
Chakyさん こんにちは☆

お久しぶりです ちょっとご無沙汰してました
でも いやらしく覗き見だけはマメにしてましたよ(笑)

やっぱ南は 都会なんですねぇ!
北には こんな感じのカフェなんて無いです
どこもかしこも 某量販店風の椅子と テーブル
下手すると 学校の会議室みたいなのが 平気であったりですし

こっちは田舎なので 煮立てたコーヒーが好きな人が多くて お外でもそれが結構多くて あたしには飲めません
当然 紅茶は人気無いですよ はい

こないだ トワイニングの緑茶を発見したので買ってみました
移住して来てから7ヶ月 全然飲んでいませんでしたので 期待はしてなかったけど 一応は何とか(笑)緑茶でしたよ♪
全く流行らない 田舎の安いビジネスホテルにおいてあるような品質でしたが それでも嬉しかったです☆

そうそう!
はんころりんさん とおっしゃる方のお話の通り イーカにも色々ありましたよ
こんな田舎にもあるくらいなので そちらには絶対にありますよ
世帯主もお茶が好きなので ブラックベリーのを買いました

ベリーで青くなってる猫ちゃん 可愛いですね☆
先月 初めてベリー摘みをしたんですが 蚊がいっぱいで大変でした
赤も何種類もあるし 青いのは偽物もあるし 黄色い高価だと言うのも沢山採れましたよ
松茸もあるらしく 日本から八百屋さんとフジテレビが取材に来てました
あたしも探して 金持ちになろっかな?
   
北欧だけ?
Chary様、コメントしてみて気になって調べたのですが、
すみません、間違ってました。
トワイニングではなく、Liptonでした。
Liptonは国ごとに商品ラインナップが違い、
主要販売国のサイトで紹介しています。
スウェーデンは、http://www.lipton.se/se_sv/ です。
ペルシャンとかロシアンは、デンマーク、スウェーデン、ノルウェイの北欧でのみ販売しているもようです。
ストックホルムでみたのは、オーレンスシティ?という、
デパートっぽいところの食品売り場だったと思います
はんころりんさんへ
トワイニングのフレーバーティーを見つけたのは、スーパーなどのお店で? まだ売っているかなぁ。 今度、確かめてみます!

でもスウェーデンは、圧倒的にコーヒー派・・・ 若い人、健康志向の人にお茶は広まっているようですが、まだ少数派で、特に年齢が上がるにつれお茶を飲む人はいませんね。 年配の人の家に、紅茶など置いてありません!
めたるさんへ
私は、乳を入れない紅茶の方が信じられない! 緑茶には煎餅だけど、西洋の甘いお菓子にも合うんですよね。 緑茶は万能。
このようなお店に行くと、生活を楽しくできそうな知恵がごろごろ♪ でも、実践しようとすると上手くいかないのは、何故?
こんにちは

画面、なにも説明なく見せられたら、まちがいなく
英国のお茶屋さんですね。

以前、ストックホルムで、トワイニングのすごく珍しい
フレーバーティーを見たことがあります。

「ロシアン・アールグレイ」と「ペルシャン・アールグレイ」。
英国でもあまり見かけませんでした。
なんでたくさん買ってこなかったのかと後悔しきりです。

スウェーデンのお菓子はお茶にもあうから、
紅茶がはやるんでしょうね、きっと。
大好きミルクティー
 私はミルクティー大好き人間です!私の友人は紅茶に乳を入れるのが信じられないって言うんですけどね。でも甘い物を食べた後に飲むのは口の中がさっぱりとする緑茶ですね。
 小さなお茶会。日常にそういったものを取り入れたら毎日の生活がきっと楽しくなるだろうな。
アリスさんへ
初めまして! コメントありがとうございます。
(またアリスさんのブログを知ることが出来、感謝です。 アメリカの生活や興味深いお話も多いので。 ゆっくり拝読し、今度コメントさせていただきますね。)

いいですよね、こういうお店♪ 乙女心がくすぐられ、入らずにはいられない☆ フレーバーグリーンティーは、私も正しく邪道だと思い、驚きました。 でも、日本の緑茶とは別物だと考えれば、まったくOK。 海外生活では、このような発想の転換?が必要ですよね。 それはそれで受け止めれば自分の(味覚の)世界も広がります。

スウェーデンの秋・・・ 暗い。
初めまして、Chakyさん。
時折楽しく拝見させていただいていました。北欧はどの国もまだ訪ねたことがないのですが、ぜひ行きたい場所のひとつです。
うふふ、こういうお店私も大好きです。憩う場所には外観や内装も大切ですよね。
私はアメリカのネブラスカ州に在住しているのですが、こちらでもフレーバーグリーンティーが人気なようでどこの喫茶店にも大抵置いてあるので驚きました!緑茶として考えると初めは「邪道!」と思いましたが、これはこれでよいものですね。
こちらもすっかり涼しくなり秋の風です。
スウェーデンの秋も素敵でしょうね。

管理者にだけ表示を許可する