マザリンの作り方

2008.04.20.
お土産~♪と、夫が手に帰ってきたのは、マサリン。 Konditori (ケーキ屋さん)で買ってきたという。 そのこころは・・・ 前回の「杏の種」味のショックを引きずっていたのは、私だけではなかったのね~。

mazarin3.jpg

こちらのマザリンは、アプリコットの種は使われておらず、アーモンドだけのようです。 念願の、スウェーデン伝統のマザリンを口にして思ったのは、「おいし~い♪と言うほどのものではないかな・・・」。 なんていうか、輪郭のはっきりしない、ぼやっとした味・・・ (それって、スウェーデンの料理全般に言えるし、スウェーデン人一般にも言えることですが。)

ケーキ屋さんによっても味が若干異なりますが、やっぱりDeliCatoのが一番おいしいかも。 レシピを見ると、手作りの方がいけそうです。

しかし私の興味は、前回いただいたコメントを読んでから和菓子へと移り、小豆を煮て大量の餡を作ってしまい、マザリンどころではありません。 レシピを載せておきますので、興味ある方は作ってみてください。

ところで、Mazarin という、このお菓子の名称ですが、17世紀フランスの政治家であり枢機卿のジュール・マザランJules Mazarin)から取られた、という説がスウェーデンにあります。 マザラン卿が好きなお菓子だったとか。 Mazarin の発音は、スウェーデンでは「マサリン」になります。

Mazarin マザリンのレシピ

材料 (18個分)
タルト地
小麦粉 3dl (300ml)
ベーキングパウダー 小さじ1/2
マーガリン、またはバター 100g
砂糖 1/2dl (50ml)
卵 1/2

フィリング
アーモンド 150g (ミルで細かく砕くのですが、困難な場合は粉になった状態のものを)
マーガリン、またはバター 75g
卵 3個
砂糖 1と 1/2 dl (150ml)

アイシング
粉砂糖 2dl (200ml)
水 適量

用意するもの
マザリン用の型 (タルトを作るときの小さめの型など)
オーブンの温度は、175度に設定

1. 小麦粉、ベーキングパウダー、マーガリン(バター)砂糖をよく混ぜ、こねる。 マーガリン(またはバター、分量外)を塗った型に、押し付けるように生地を敷く。

2. アーモンドをミルで粉状にし、マーガリンを混ぜる。 卵を泡立て、砂糖を加え、先程のアーモンドの粉とマーガリンを混ぜたものも加え、よく混ぜる

3. タルト生地を敷いた型の上に、3の生地をつめる。

4. 175度のオーブンで15分

5. 粉砂糖と水を溶かして作ったアイシングを、冷めたマザリンの上に塗る。 好みで、アイシングの代わりに、粉砂糖をふるだけでもよい。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
RENEさんへ
最近の食料の値上がりや不足は世界的ですね。 それでも、こっちではバターはまだ店頭から消えることはありませんが。 スウェーデンのお菓子って、バターの使用量が多く、私自身は、あまりスウェーデン菓子って作りません・・・

そうそう、以前Gundvaldさんとも話題になったのですが、餡子入りのお餅を入れたお雑煮って、召し上がったことありますか? 最近、辛子入りのチョコ、日本では塩チョコなど流行っているようですが(←もう、ブームは過ぎた?)、そんなのは大丈夫ですか?

この場でのご連絡で失礼しますが、RENEさんのミルフィーユの記事、TBさせていただきました!
Gunvaldさんへ あんパン
豆はサラダとしても、よく使われますよね。 大豆のような豆ならまだしも、小豆や金時豆のような食感の豆料理は、どうしても口に合いませんね。

あんパンの秘訣リンク、ありがとうございます! (イラストであんパンの歴史が分かりやすい♪) 酒種を使うから、まろやかな風味なんですね。 やはり餡には饅頭のような生地が合うのでしょう。 あんパンは、奥深い。

米国や欧州のお茶ブームを見込み、ペットボトルの緑茶も世界進出とは。 あんパンも世界進出してほしいものです。
マザリン?お初です^^
小さくて何やら可愛らしいタルトケーキ♪
タルト生地は、いつもフードプロセッサーの力を借りてガーっと最後までお願いしちゃってます(笑)
アーモンドプードルも冷蔵庫にあるし、早速挑戦してみたいところではありますが、バターがね…こちらでは、スーパーの店頭から姿を消して久しく(オイル絡みで)、ちょっと手に入れてからでないとムリだなぁ、残念。

小豆を沢山煮て餡子を作られたとのこと、これまた美味しそう!
私は、甘いのもおかずとして頂く豆もどちらも好きです。
強いて言えば、甘すぎる甘納豆とかはあんまり好きでないかなぁ。
ただ、甘辛を同時にというのは考えただけで気持ち悪くなる方です(餡子入りのお餅を入れたお雑煮とか…)
あんパンの秘訣
やはりchakyさんもそうですか。
私も豆の入った料理はちと苦手です。(でも欧米では割と出会う機会の多い料理のような気がします)
やはり豆というと甘く煮た箸休め的なものが思い浮かぶからでしょうかね。(あと”甘納豆”ね)

いつかテレビで木村屋のことを取り上げている番組を観たときに
「当時の日本人の口にあうようにパン生地にも工夫した。」
という旨を言っていたように記憶しています。
と、いうことで
http://www.kimuraya-sohonten.co.jp/history1.html
パン生地に酒種が混ぜ込まれているようです。(これまたそちらでは入手困難なものでしょうねぇ)
旦那さんはなかなか鋭い味覚の持ち主のようですね。

続・日本食品世界進出情報
http://www.asahi.com/business/products/OSK200804220028.html
Masamiさんへ
洋菓子もいいけど、やっぱり和菓子!と思うことがありますよね。 
餡は小豆を煮ればできますが、お煎餅は作れない・・・

お餅も、日本では真空パックがありますが、こっちでは
「餅つき機」がなければ、口にすることができませんねー。 
ああ、お餅が食べたくなってきました。
にゃんこねんさんへ
ようやく明るくなったと喜んだのもつかの間、今度はカンカン照りで眩しい・・・ そちらは、もう23時まで明るいのですか!? こっちは日が落ちるのは20:30くらいかな、今現在。 紫外線が強いので、肌のダメージは大きいし、あまり長時間ギラギラされても、また困るんですよねぇ。 程よいことがない国だ、ここは。

小豆、売ってませんか? 「エコ」コーナーの商品に、色んな豆と並んで、その名も azuki がありました。 グラニュー糖で煮たので(こっちの砂糖って、グラニュー糖しかないよね)、コクや繊細な味はでないけど、できた餡でアンパン作りましたー♪ でも夫曰く「日本のアンパンは、パンがしっとりフワッと柔らかかった」。 そりゃー、スウェーデンの小麦粉の質が悪いせいだよ。 (なんでも悪いのは、すぐスウェーデンのせいにする。)

ううっ、小豆が手に入らず、煮豆でしのいでいるなんて(涙~)

でも、ハルヴァはあるのね。 うんうん、パラパラした味わいなので粉っぽいですね。 落雁とか。 一度に一口しか食べられない甘さですよね。

新しいURL、ありがとうございます。 sama が付いたんですね、様が。 また遊びに行かせていただきます♪
Gunvaldさんへ
わぁ、ムースだなんて、ステキ♪ しかし、ビローんって・・・ 
簡単なようで、ゼラチンは侮れません! 上手く溶けないと、後が大変ですが、透明なので、その時は分からないんですよね。

神学を専攻していたスウェーデンの知人が、卒業論文作成のため、初めて日本に行ったときのこと。 (仏教に関することで、京都に滞在。) 世話をしてくれた日本の方が、「今川焼き(大判焼き)」を買ってくださったのですが、一口食べて、中の餡がダメだったそうです。 受け付けなかったって。 

なんでしょう。 想像を超えた味だったのかな。 最初に、チョコレートか何か、別の知っている味を思い浮かべながら口にすると、あまりにも違う異質な代物なので、ショックを受けて拒否反応を示す・・・ という例も聞いたことがあります。

私はその反対で、「甘くない金時豆」に拒否反応を示しました。 初めてアメリカでメキシコ料理を食べたとき、ファヒータの具が金時豆を煮てつぶしたものだったのですが、甘くないんですよー。 日本人には受け入れられない味でした。 茶色い豆は甘い、と日本人にはインプットされているからか。
こんばんは~!

私も、和菓子が食べたくなってしまいました!
小豆も、餅も大好きです!
早速、明日、私も小豆を煮ようかな~(笑)

海外に住んでいると、無性に食べたくなる日本食って
たまに出てきますよね♪
まっさり−ん
chakyさん こんにちは!

ちよっとだけ 御無沙汰していました
毎日 日が長いので 今度はそっちでも苦労しています
こっちって 当然南部よりも日照時間が長いので 朝3時ころから明るくなり始め 夜23時頃までは暗くなんないんですよ
なんだかなぁ… です

あぁ マサリン
これに限らず お菓子も御飯類も ほぼ全滅に近いですよね スウェ−デンのモノって…
そうそう 人もですよね(苦笑)

小豆ですか?
イイなぁ こっちでは小豆は売ってません
金時豆もどきはありますが 硬いので作る度に失敗しています
今も 煮ていますが どうも硬い…
お菓子が食べたい時に悲しくなるので 煮豆食べてしのいでいますよ(涙〜)
昨日なんて コンビニで*あんパン*買い占めてる夢見てたのに 目覚し鳴って結局食べられずでした(涙〜)  
あんこ スコ−ネから送って欲しいくらいです(涙〜)

そうそう♪
先々週の土曜日 街で唯一の小さな小さな中東系のお店で ハルヴァを発見しました!
いやあ 見つけた時はビックリして 大声出したら店中の人がビックリしてましたよ(笑)
ん〜 実に甘かったですが なんか葛餅の粉みたいな味がしました
きな粉テイストでしたね はい
一度に沢山は食べられませんので 冷蔵庫にまだあります 

ええっとですね
私 ブログのアドレス変えました
設定等 色々と厄介かと思いますが お願い致します
これからも おヒマな時にでも 私の所に遊びに来て下さいね

http://njankkonen-sama.0x1.se/
餡子ものの評判は?
マザリンのレシピのご紹介をありがとうございます。
焼き菓子はうまくできるかなぁ?

以前、友人達を招いたときにメインの料理は誰かの伝で何処かの名産品を取り寄せたので、デザートくらいは作ろうと思い立ちムース菓子を作ったことがありました。
たまたま持っていた雑誌に作り方が載っていたのと、作り方がひたすら材料を攪拌し混ぜるといった単純な工程しかなかったので挑戦してみたのです。
材料によって温めながら攪拌したり、冷やしながら攪拌したりしているうちに何とかできたようで、器に入れて食べるまで冷蔵庫でしばしの休憩。
食卓に出してみたところ、皆が「美味しい。」と言って食べてくれていましたが、中の一人が「コレはなあに?」と口からビローんと取り出したものが。
溶けきらないうちに混ぜ込んでしまったゼラチン板でありました。

西洋人には餡子ものはいまひとつということをどこかで読んだ記憶があるのですが、餡子ものの評判はどんなものでしょうか?
sueさんへ
sueさんは甘党ではないのですね!? (そういえば、sueさんのブログではお菓子はあまりでてきませんね。) でも甘みを少なくナッツをたっぷり使った素朴なお菓子なら、お口に合うかも。
ああ、香港ですか! 今年の夏、上海ではない中国というので、てっきり北京か!?と思ってしまいました~。 でも楽しみですね。 特に食べ物が☆
おはようございます。
マザリンといっても色んなのがあるんですね♪
私はあまり甘いものを食べないんですけど、
こうしてシンプルなお菓子を見ると食べてみたいって
思うんですよね、、不思議と(笑)
ところで、私が中国大陸に行くのはオリンピックじゃないんですよ~。
友人が香港に赴任しているので、遊びにいくのです(笑)
kaigunchuiさんへ
コロンビア版マザリン、なんだかおいしそう~♪
(同じレシピでも作る国によって、異なってきますよね。)
いいですねぇ、作ってもらおう、だなんて。
作っていただいたら、またご報告くださいね。
Chakyさん
詳しいレシピありがとうございます。
お菓子類は私はだめなので、嫁さんにコロンビア版のマザリンを作ってもらおうと思います。
本当においしそうですね。

管理者にだけ表示を許可する