ドイツ訪問記 第5日目 ショッピング

2006.04.27.
4月18日 曇のち晴れ。 復活祭関連の祝日も終わり、今日から普通の日。 この日を待って、大型スーパーへ買い物に。 ドイツのスーパーは、スウェーデンに比べ、品揃えが比べ物にならないほど多い。 スウェーデンでは手に入らないもの、スウェーデンより定価が安いものなどを、まとめ買い。 しかしユーロになってから、物価の安さはそれほど感じません。 物によっては、スウェーデンの方が安い場合もあります。

ドイツ滞在最後のディナーは、いつものようにマリアン伯母さんの家で。 今日はハーブとスパイスの効いた白ソーセージ、周りに小麦粉をまぶし焼いたもの。 付け合せはポテトピューレ(マッシュドポテトですが、ドイツでは滑らかなピューレ状)と、きのこソース。 カリカリのソーセジは香ばしく、食が進みます。 夫は3本半も食べていた・・・

cafe

午後、夫のドイツでの友人とカフェで待ち合わせ。 Erbach の中心にあるこのカフェに入るのは、今回が初めて。 おいしいという噂を聞き続けていた、念願の Schwarzwälder Kirschtorte (チョコレートのポンジケーキの間に、生クリームとリキュール漬けのサクランボが挟まったケーキ)を、ついに食べる日が! お昼を食べたばかりだけど・・・ デザートは別腹。 

友人に「こんなメルヒェンチックな街並みに住んでいると、毎日メルヒェ~ン、って気分?」と羨ましげに訊ねたら、一笑されました。 「裏路地の現実を知らないから(そんなこと言えるんだよ)」と。 そうだよね。 私たちは1年に1回、数日間訪ねて、皆にちやほやされ、おいしいもの食べ、きれいな景色を見ているだけ。 スウェーデンに住んでいる、と言うと羨ましがられることもありますが、ここだって裏路地に一歩入れば・・・ ああ、明日はその裏路地の現実に帰る日だわ・・・
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
でもメルヘンはメルヘン。 私はメルヘンな部分のみを見て生きていきたいです(笑)

管理者にだけ表示を許可する