クリスマスの飾りつけ Julpynt

2007.11.26.
アドベントは来週の日曜だけど、時間のある今日のうちに、我が家のクリスマスの飾り付けも始めようかなと、物置から Julpynt と書かれた箱を取り出しました。 いやいや、久しぶり~。 今年もよろしく~。 と、箱の中から出てきた、トムテたちやキャンドル、星、藁細工など、細々した小物にご挨拶。

julpynt.jpg

Julpynt とは、スウェーデン語で、クリスマスデコレーションのこと。 11月になれば、お店などは早くもショーウィンドウをクリスマスっぽくしますし、11月も半ばには街中の広場にクリスマスツリーが立てられます。 クリスマスマーケットも始まり、最初のアドベント前には家庭でもクリスマスの飾りつけを済ませるでしょう。

朝はいつまでたっても日が昇らず、昼間の空は厚い雲に覆われ暗く、夕方はあっという間に暗くなるこの時期、家の中もクリスマスの小物でで明るく居心地よく飾るのは、大切な行事。

年に一度の Julpynt たちとの再会を果たし、どこにどれを置こうかな、とアレンジするのは楽しくてワクワクするひと時です。 (本当は、物置の奥から、この箱を探して引っ張り出すだけで疲れてしまうのだが・・・)
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
kanaさんへ
そうそう、10月からひしひしと迫ってきますよね~。 ここよりも2時間も暗いなんて、秋葉原だろうが、パプだろうが、とにかく電気ピカピカ付けないとやっていけません! うちでは電気の装飾は付けないので、ご近所さんの飾りを楽しませていただいていまーす。 見ていると綺麗で楽しくなりますよ♪
もうアドベントなんですねぇ
10月頃からひしひしと迫ってきた「冬」って言う感覚に、「あ~、あ~また冬ねぇ・・・」と思っていましたが、もうすぐアドベントなんですね。クリスマスが終わると、またどーんと暗い日々なので、日本に逃げます。

今年はツリーの飾り付けは余りしないつもりですが、なにせ暗さもスウェーデン南より2時間は長いこちらですから、ベランダには小さい電球の飾りつけをしました。近所の人は「綺麗ね」と言ってくれますが、私はどうしても日本の地元のフィリピン・パブを思い出してしまうのです(笑)
Liisaさんへ
も確かに、クリスマスが終わり、片付けてしまうと、一気に「赤色」が消えて、部屋の中が寂しくなってしまいます。 日曜の「サザエさん」を見終わったような、あのもの悲しい思い・・・ 
それでも、今は飾ってしまいます。 インテリアや街のイルミネーションが充実しているのはスウェーデン人の知恵ですねぇ。 とにかく朝も昼も夜も暗い毎日ですから・・・
kaori☆さんへ
こまごましたものが、たくさんあるだけですよ。 あっちこっち分散して置きますが、掃除でハタキかけるとき、飛ばしちゃったりして。
やはりクリスマスの時期は、本場ヨーロッパは盛り上がりますよー。 台湾の街は日本ほどクリスマスじゃないのでしょうか? でも、台北は1年中お祭のような気がします。 (屋台が出ているというだけで・・・)
阿瀬王さんへ
Ninniの庭でお世話になっております。 わざわざこちらのブログまでお越しいただき、ありがとうございます! (最近Ninniの庭を訪問していないので、更新が滞っています・・・)
北欧のクリスマスはキリスト教的なことより、もっと古くからの伝統が根付いていますね。 キリスト教色があまり感じられないのは、だからでしょうか。 日本の、いろいろな宗教が混ざった祝い方も、「懐が深い」国民と言うことで、それもいいかも・・・と思ったりします。 
他のヨーロッパの国々と比べたら、キリスト教の行事って盛大ではないのですよ、スウェーデンは。
トムテはスウェーデンの小人のことですが、クリスマスではサンタクロースの意味でも使われます。 こちらもちょっとスウェーデン独特です。
Setteさんへ
「クリスチャンじゃない」と言い張るスウェーデン人は多いけれど、皆クリスマスはしっかり祝います。 というか、スウェーデンのクリスマスは宗教とまったく関係ないから・・・
窓辺のキャンドル、譲り受けた年代モノのがあるのですが、電気のコードが届かない・・・
よやさんへ
あまり騒ぎすぎたり、飾りすぎたりすると、かえって興ざめですよね。 でも、ちょっとした雰囲気は楽しみたい。 相手のことやバランスを考え、ささやかに飾る、よやさんはえらいです! それこそ、クリスマス精神!?
もうそんな時期ですか(ため息)。いや、デコレーションは大好きなのでします。後片付けが大嫌いなんです(笑)・・・寂しいじゃないですか。相方は一切デコレーションしません、アイルランドの我が家でもドイツの実家でも。でもくらーいヨーロッパの冬だからこういう明るい色で家を飾るのは大事なんですよね、ストックホルム行った時にインテリアグッズの充実ぶりにふとそう思いましたよ~。
すごいたくさんの飾りですね~!
やはり欧米は本場という感じがして
うらやましいです(´ ▽`).。o

うちもデコレーションしたけれど
街がクリスマス!という感じではないので
なんだか寂しい感じです。
飾りつけ完成、ぜひみたいです~♪
初コメです
Chakyさんへ
こちらのブログへは初コメになります。
ninniお母様の綺麗なお庭”を楽しませて頂いております。

北欧スゥエーデンも、もちろんキリスト教圏”。
クリスマス自体が、本当は「イエス様の誕生日ではなくて、北欧の伝統的儀式から来ている」説がありますよね。
うちも毎年、クリスマス・ツリーとデコレーション、押入れから引っ張り出して来て飾っていますよ。でも日本って、この時期、キリスト教行事、仏教行事、神道行事が目白押しで、「一体、日本人って何教徒」状態です。こんな国、他国では見られませんよね。
スゥエーデンではやっぱりキリスト教”行事が一番盛大なのでしょうね。
ところでトムテって小人”の事ですか?
↑ 私も飾りません(汗)
相方が「クリスチャンじゃないから」って言い張るので(笑)
飾ったら写真アップしてくださいね~♪もしあったら、窓際のキャンドルの飾りも♪あれ大好きです。
いいなぁ!
ウチは、夫がドイツ人でありながら、クリスマスは好きじゃない、という人なので、クリスマスの飾りはないです。だけど、あの雰囲気が私は好きなので、ささやかながら、クリスマスマーケットで買ってきた飾りを窓にぶらさげることはしています。

管理者にだけ表示を許可する