ドイツ訪問記 第3日目 復活祭の朝

2006.04.23.
4月16日 雨(土砂降り)。 今日はイースターサンデー、復活祭本番(?)の日。 ドイツ語で、 Frohe Ostern! (Happy Easter!) とご挨拶。 朝食のテーブルには、チョコレートのうさぎ、色のついた卵、うさちゃんの形をしたパンが、手作りジャムと一緒に並んでいて、賑やか。 Milka のチョコうさぎは、エッグスタンドになっているのですが、足の部分はサッカー選手。 そう、今年はドイツでワールドカップが開催されるからです!

usagichoko

うさちゃんのパンと卵は、エマ(60代)の近所に住むボーイフレンド(80代)が作ったもの。 この卵は、草花を卵に貼り付け、ストッキングで離れないよう覆い、玉葱と一緒に煮て、色を付けたそう。 草花の形が、写真のように卵の殻に付いています。 

egg1

今日のディナーはエマ伯母さんの家で。 夫の両親とマリアン伯母夫妻も招かれています。 昔ながらのディナーはスープから。 母親から受け継いだレシピで作る、ドイツ伝統とおふくろの味。 メインは子牛肉をオーブンで煮込んだものに、付け合せは、自分たちの庭で採ったインゲン豆と人参の煮物。 どれも素材の味がおいしく出て、サッパリしながらも深い味わい。 (スウェーデンにはない味わい!)

しかし昨夜、夫が嬉々として「明日のディナーは赤ちゃん牛の肉だよ~」と言ったとき、最初かわいい子牛が、モォーと頭に浮かび、次に「ドナドナ」の旋律が・・・ 
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント

管理者にだけ表示を許可する