Ramlosa ラムローサ天然水

2007.07.14.
Ramlösa (正確な発音は、ラムレェーサ)は、今年2007年、生誕300年を迎えました。 
ramrosa19.jpg

ラムローサミネラルウォーターのラベルにも付いてる、この人、医師であった Johan Jacob Döbelius が、Ramlösa の水の効用に目を付け、1797年6月17日、時のスウェーデン王カール12世、25歳の誕生日に、ラムローサ保養地をオープンしたのです。
ramrosa18.jpg

Ramlösaは、スコーネ北西 Helsingborg 市の郊外にあり、誰でも訪れることができますが、今は一般の人たちが住んでる地域です。 (Ramlösaの駅に電車が停まり、駅から歩いて行けます。) ラムローサの水が湧き出る泉は、なだらかな谷間にあるので、上にある元ホテルや昔の豪邸、美しい庭園を見て回った後、下におりて行きました。
ramrosa8.jpg

小さなライオンの口が付いていますが、この岩間から出る水は鉄分が多いです。 (追記:ここの水は、湧き水ではなく、雨水が溜まったもの。 70年もの間の雨水が、岩や土を染みとおり濾過され、鉄分やミネラルが加えられ、地下の泉に蓄積される・・・という構造。)
ramrosa9.jpg

誰もが飲めるよう、ボトルを置いて水を貯め、コップも用意されていました。 ここの水は軟水なので、さらっとして飲みやすい。 鉄の味がしますが、それでもマイルド。 スウェーデンは水道水もクセがなくおいしいので、ミネラルウォーターを日常的に飲んでいなかったのですが、これから健康のために、ラムローサを飲むことにしようかなぁ。 (と思って、前出のボトルを購入した私・・・ 影響されやすい性質。 でも市販品は炭酸がキツい。)
ramrosa10.jpg

今年は、スウェーデンの植物学者リンネ生誕300年でもあり、リンネが訪れたスウェーデン国内33箇所が、”Linne was here” という企画に選ばれています。 そして、そのひとつが、ここ Ramlösa であります。

湧き水を飲んだ後、付近を散歩。 緑を太陽が照らす、美しいスウェーデンの夏日。 以前来たときは秋だったので、閑散として寒かったわ・・・ 
ramrosa11.jpg

ここは、filosofiska gången 哲学の道、と呼ばれています。 恋人たちが、そぞろ歩いた道。 しかし、コーヒーと水を飲んだ私は、哲学的な思考も、ロマンチックな感情もストップ。
ramrosa12.jpg

さっきの水飲み場で、かわいらしいトイレの表札を目にしてたので、来た道を戻り、建物の裏に周ったら、そこにあったもの・・・
ramrosa13.jpg

簡易トイレ。 ドアにはハートのシールに V.I.P. などと書かれていますが、ボットン(汲み取り)形式。 それほど暑い日でもなかったので、ハエが1匹いただけでした。 ふぅ。
ramrosa14.jpg
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Gunvaldさんへ
はじめまして!
私も、その青いボトルには日本で見覚えがあります!
スウェーデン料理レストランで薦められたミネラルウォーター、名前はすぐに忘れましたが、青くスラッとした瓶の形が印象的でした。
スウェーデンに来てから探したのですが見つからず、聞いてみたところ、それはRamrosaの昔のボトルで、輸出用のみだったのが人気が出、スウェーデン国内でも同じボトルで販売していたそうです。
でも瓶のモデルチェンジは頻繁にあるので、青いボトルはもうこちらにもないんですよ。 残念。
ラムローサ、日本でもまた販売してほしいですよね。
Ramrosaは
はじめまして。
Ramrosaは以前は明治屋が輸入しており日本でも入手できました。私も時折買っていました。
その頃のボトルはもっと青みがかった色でボトルも胴から口の部分までまっすぐな形をしていて、ラベルも華やかな色使いのものでした。
IKEAででも入れてくれないかと願っております。
Kanaさんへ
そうなんです、何気に飲んでるRamrosaには、こんな歴史があったのです。
Ramrosa保養所跡?に住んでいるのは、普通に家を購入した、ごくごく一般の人たち。 でも住むには規則など厳しいかと思います。 先日も、元風呂屋内の部屋が売りに出されていました。
夏は本当に素晴らしいけど、北欧の夏って、2,3ヶ月しかないじゃないですか。 暗く木枯らしが吹きすさぶと、寂しい所かも・・・
そういう歴史が・・・
RAMROSAにはあったのですね、勉強になりました!
ところで保養所のところに住む一般の人達っていうのは、どういう人たちなんでしょうか?普通に家を購入したって事かな?
それにしても、美しい場所。美味しい水に緑溢れる哲学の道、これこそスウェーデンらしい自然の美しさが味わえるわけですね!
yukiさんへ
夏のスウェーデンの自然は、世界一と思うほど美しいですが、1年のうち10ヶ月は冬ですから・・・ 今のうち満喫しなければっ。
私が湧き水採ろうとしてたら、係りの人がやってきて、コップに注いでくれました。 でも底の方に、ほんの少し。 やはり飲みすぎてはダメということかな。 市販のラムローサの瓶には「7才以下の子供は常飲しないように」と注意書きされています。 大人でも、気をつけなければいけませんね。

リンクの件、お願いいたします。
私もyukiさんのブログ、リンクいたしますね!
Setteさんへ
温水だと、もろ鉄棒の味ですよね! もぁ~と生ぬるくって鉄の味は、そりゃキツい。 私も最初、口に含み鉄の味がしたとき、うっと思ったのですが、湧き水は冷たかったからか、意外なことに気にならず、美味しいと感じたので、そのことにビックリしました。 
影響されやすい、私も。
自然がいっぱいですね。
天気も良くて、気持ちがよさそう!
夏のスウェーデンに行きたくなりました。
鉄の味がするミネラルウォーターは健康に良さそうだけど、
飲み過ぎると具合が悪くなりそうですね。
気をつけて。

さっき気がついたけど、Chakyさんのブログをリンクしていなかったんですね。
私のブログにリンクさせてもらってもいいですか?

ああ・・・・・・
利尿作用が(笑)健康的でいいですけどね(笑)
鉄分が多いのかぁ。鉄の味というと、飲める温泉を飲んだときのまるっきり鉄棒の味(って、鉄棒食べたことはないんですけど)が思い出されてちょっときついなぁ。でも、マイルドって事なので、美味しいのでしょうね。

管理者にだけ表示を許可する