Ramlosa ラムローサ保養地

2007.07.11.
Ramlösa (正確な発音は、ラムレェーサ)は、スウェーデンでもっとも有名なミネラルウォーターであり、その水が湧き出る場所の名であります。 スコーネ北西 Helsingborg 市の郊外にあり、昔は保養地、サナトリウムでした。 現在は、保養所としては機能してなく、一般の人たちが住んでいますが、昔の建物はそのままで、誰でも訪れることができます。

こちらが入り口。 
ramrosa1.jpg

右の小さな建物の中には、昔の写真や古いラムロサの瓶が展示されています。 この係員は人形。 (中に入るのに、料金を払う必要はありません。)
ramrosa2.jpg

Varmbadhuset (湯治場) 1880年に建てられ、1919に増築されたもので、内部には色々な種類の健康風呂がありました。 現在は個人の住まい。
ramrosa3.jpg

Brunnshotellet (泉ホテル) 1879年に建てられ、1907年に増築。 保養地を訪れる人たちが泊まるホテルであり、上流階級の人たちが集うサロンあり。 現在はホテルではなく、会社のオフィスやカンファレンス会場として使われています。
ramrosa4.jpg

横のテラスでは、夏の間カフェが開いているので、ここで fika (フィーカ、コーヒーブレイク)することに。
ramrosa5.jpg

シナモンロールと愛のケーキ(Love Cake という名だった)を頼みました。
ramrosa7.jpg

テラスからは、野外ステージが見れます。
ramrosa6.jpg

ラムローサ内には、1800年ごろ建てられた家が幾つか現存しており、そのような家の前にはプレートの説明が建てられています。 でも今は一般の人たちが住んでいるので、観光客が自分の家の周りウロウロしたりジロジロ見たりしたら、どんな気分だろう?
ramrosa15.jpg

これから、ラムローサの水が出るところに行きます。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
悩む三十路さんへ part2
意外なところで、文化や常識の違いに戸惑うものですが、相手が恋人だと、なおさらショックですよね。 スウェーデン人って、欧米人と言っても、アメリカや大陸ヨーロッパとは、ちょっと違う常識や価値観を持っている面もあるし。 私だって、最初のうちは、「なんで? ひどいっ! そんな冷たい人とは思わなかったわっ」なんてこと、年中ありました。
また何かありましたら、コメントにでもメールにでも、残してくださいね。
初コメントが重くて長いものになってしまってすみませんでした。
なるほど。ありがとうございました。
彼は私の反応にビックリしたみたいです。
これからもこんな事がちょくちょくあるかとは思うけど、相手の価値観を尊重しながら、うまくやっていきたいと思います。
でも、私の誕生日にバカンスにいっちゃう彼はまだ理解できないけど。。。また、あそびにきます。よろしくお願いします。
悩む三十路さんへ
誕生日の重要性や祝い方は、個人によって異なるかと思います。 確かに、大人になったら気にしない人も、多いかも・・・ 
でも、30歳、40歳など節目の年には、大々的に誕生日パーティーをする場合が多いです。 しかし、その場合、パーティーを催すのは、誕生日を迎える本人! 自分でケーキ買って食事用意して、あるいはレストランを貸し切って、親族や友人を招待します。 自腹ですよ~。 それって寂しいじゃない、悲しいじゃない、ふつー周りの人が誕生日を迎える人のために、お膳立てするものじゃない?と日本人なら思いますが。 スウェーデン人は、自分に関することは一生懸命やるけど、他人に対して無関心だからか・・・

文化の違いも大きいですが、価値観の違いは、一緒にいる期間が長くなるにつれ、相手の価値観もお互い受け入れられるようになると思いますよ。
教えてください。
こんにちは。初めてコメントします。ブログの内容と全く関係なくて申し訳ないのですが、教えてください。
実は先日、スウェーデン人の彼に(ガールフレンドの)誕生日なんて大切じゃないって言われました。誕生日は子供の時だけ祝うものだって。今まで彼女の誕生日を祝ったことないんですって。私たちは付き合って4ヶ月になるけど、まだお互いの誕生日って経験したことがないんです。もちろん、私の誕生日なんて覚えてないし(2回教えた)、30歳過ぎた人の誕生日なんて祝っても。ってことなのかな。でも、私にとってはいくつになってもパートナーや家族の誕生日って大切なもので、忘れるなんてありえない。というか、"not important"なんて思えないです。これが文化の違いなのか。。。。お互い言葉も文化も違う環境で育ってきたから意見の相違はあるとしても、これが単純に価値観の違いだったら、一緒にいるのは無理かもしれません。スウェーデン人は、誕生日を祝うのは子供のうちだけですか。

すみません、長くなってしまいました。
Setteさんへ
住んでいる人たちも、観光客が来ることを分かっていますし、中には「見て見て!」と思う人たちも? でも、どちらかというと、ここに住む人たちは都会から離れた自然の中で静かに暮らしたい系かも。 この前、この昔湯治場だった家が、売りに出されていたんですよ! 
難しいですね
観光客としては思い切り見学したいけど、家の人のこと考えちゃうとなかなか。
きれいなところですね。水が美味しそうだわっ。

管理者にだけ表示を許可する