コペンハーゲンガイドとグリュプトテーク

2007.07.04.
コペンハーゲンガイド』は、デンマーク観光局が発行しているワンダルフルコペンハーゲンオフィシャルガイドブックの日本語版。 コペンハーゲンの観光名所、土産屋などに置いてあり、観光に役立つ情報やおもしろい特集記事などが載っていて、新しい号を見つけると必ず手にします。

2006-2007年号には、「コペンハーゲンのお菓子屋数々」という特集があり、特にニュー・カールスベア美術館グリュプトテーク Ny Carlsberg Glyptotek に付属するウィンターカフェ(温室カフェ)、ヨーロッパチャンピオンの作ったケーキの写真を見て、ぜひ行きたくなりました。

「このカフェでは首都の喧騒を離れて、平和な雰囲気の中で、周囲の耳を気にすることなく、静かな会話を楽しむことができます」 (コペンハーゲンガイド 2006-2007 p50)

夫を誘うべく、ガイドブックに載っている説明文を訳して聞かせると、「あそこのカフェ、家族連れが多くてガキがうるさいんだよなー」。

無視して先を読みます。 「提供されるものはケーキ、ペースとリー、ブランチ、・・・」 (同)

へっ!? ペースとリー・・・ ペストリーなんだろうけど、なぜか「と」だけ、ひらがなになってる。 これじゃあ、ペース&リーの意味になっちゃうよー。 しばし笑った後、読み続けます。

「・・・ライトランチと全てホームメード」 (同) 

わざわざホームメードと明記する、その意味は? そして極めつけは、

「営業時間:
火~日曜: 10am – 4mp、日曜休館
美術館入場料:、但し水曜と日曜は無料」

ちょっとー、休館日は一体いつー?? 入場料は書いてないし。 それでも、この記事に大いに刺激され、無料入館日の水曜に、コペンハーゲンに行きました。

こちらがグリュプトテークです。 チボリ公園のすぐ隣。 そして、入り口に行って分かったこと・・・

glyptotek1.jpg

休館日は、日曜ではなく、月曜です。
入館料は、50DKK(デンマーククローネ)です。
無料入館日は、日曜です。

水曜は、無料じゃなかったのよーーー!!! (以前は水曜も無料だった。)

カフェだけ入ることも出来たと思うのですが、この日は、別の無料で入れる美術館&博物館に行くことにしました。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
陽子さんへ
このガイドブック全体の日本語が、どことな~く、微妙におかしなところがあり、うふふ、あはは、と笑ってしまうんですよ。 変換ミスとかもあるのかな。 でも、また味があって、いいかもしれませんね!
旅行へ行こう様へ
リンクありがとうございます!
こちらもリンクさせていただきました。
RENEさんへ
さすがRENEさん、目の付け所が違います。 「トイザらス」「ドラえもん」のような演出効果だったんですね、「ペースとリー」は。 (そんなわけない!?)
台湾に行ったとき、日本語の観光情報誌がたくさんありましたが、どれもスッゴイ日本語で、感心してしまいました。 パッケージにデザインの一部として使われている日本語も・・・ いや、日本で使われている英語も相当なものですが。
「コペンハーゲンガイド」の日本語版、意味もなく、ふと目を通したりしますが、癒し効果があるんですね! 疲れたときに読んでいるのかも・・・

ありがとうございます。 本当に義母たちの民族衣装は、伝統の素晴らしさ、手仕事の尊さを教えてくれます。
Setteさんへ
このガイドブックを読み、テンション上げて行ったので、門の前ではヘラヘラヘラ~と気が抜けたように笑ってしまいました。 「全てがおしい」という、この絶妙さ! なかなか技あり!?(のわけない・・・)
うふふ!
あはは、おかしいね!そういう外国のガイドを無理やり(?)日本語に直したものって、ところどころに、「ん?」と思えるような間違いがあってほほえましい(?)よね!いったいどういう人が訳すんだろう??
こんばんはー
リンクさせていただきました^^
もしよろしかったら相互リンクお願いします

http://tabi-002.seesaa.net/
旅行へいこう
うふふ、可笑しい
読み進める内に、クスクスと笑ってしまいました。
なんてユニークなガイドでしょう(笑)
アジアなどでは、ヘンテコリンな日本語の版を目にすること少なくないけれど、欧州では珍しいのでは?
「ペースとリー」は米のオモチャ店の和訳「トイザらス」を彷彿させてるような…もしや、これ狙ってのことかしら(笑)
こちらの記事、癒し効果大でした、ありがとう♪

フォーマルな民族衣装のご紹介、ゆっくりお写真眺めさせて頂きましたよ。
手仕事系の素晴らしさって、気持ちよいですね・・・ホント、お祖母様やお母様のお仕事、素晴らしい。
全てがおしい
おしすぎます。でもそんなに間違ってたら、情報誌の意味が……(汗)誰も読み直したりとかしなかったんですかね~(笑)

管理者にだけ表示を許可する