民族衣裳 エプロン

2007.07.01.
民族衣装のスカートの上には、色鮮やかなエプロンを身に付けます。 夫の、母方の祖母(mormor) が使っていたものを、2種類いただきました。

folkcos8.jpg

白いエプロンはフォーマル用で、mormorの手により刺繍が施されています。 結婚式には、この白いエプロンを付けました。

folkcos9.jpg

通常身に付ける、カラフルなエプロンは、ハタオリ機で織ったもの。 こちらも mormor のお手製です。

folkcos10.jpg

エプロンのヒモの部分も、手織り

Mormor は若い頃、機織の工場で働いていて、機織が大好きだったそう。 特に、布のデザインに関る部分、糸のセッティングが得意だったとか。 それは一番難しく、根気がいる仕事なのに!

スモーランドのBさんのようなハタオリ機を、mormor もスモーランドのサマーハウスに持っていて、織るのを楽しみにしていたけれど、年を取って目が悪くなってからは機織が困難になり、それをとても悲しんでいたそうです。

Mormor は、私がスウェーデンに来る数年前に亡くなったので、会うことはありませんでした。 でもいつも、夫の家族から mormor の話を聞いて、手作りと自然が好きだった mormor に会って、いろんなことを教えていただきたかったなぁ、と思うのです。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
lemonさんへ
ありがとうございます。 それほど鳴り物入りで嫁入りしたわけでもないですが・・・ この民族衣装兼花嫁衣裳は、やはり貴重な宝物なので、lemonさんのお言葉は、本当に嬉しいです! 
lemonさんも手縫い派なんですね。 今度ぜひ作品を拝見したいです。 ブログにアップしてくださいな。 またlemonさんの花嫁衣裳はどうだったのでしょう?
これもすばらしい!
Chakyさんは  ご主人のご家族に 本当に心から歓迎されて 心待ちにされて お嫁入りされたのですね。すべて手作りの民族衣装 本当に素敵です。世界でただひとつの貴重な宝物ですね。私自身 ミシンでダーッと縫うより手間かかるけど 手縫いが好きなので この記事と画像は またまた感動的でした。まるで 好きな絵本に出会ったときの「ワクワク感」と同じ!心温まる記事でした。拍手!!
yukiさんへ
ネットが繋がって、良かった~! 
yukiさんのブログも更新されていて、嬉しいです。
yukiさんの機織の作品、素晴らしいですよ!
見せていただいたバックには、惚れ惚れいたしました。
yukiさんだったら、大きな機織でも綺麗に織れると思います。
縦糸を張る困難さを、私はクリアできるか分かりませんが、
私も挑戦してみたいな。 (と思うだけ終わりそう・・・)
機織の達人?
お久しぶりです。やっとネットが繋がりました!
私も機織やってましたよ。卓上機織ですけど。
機織で織った布でバック作りしてました。
縦糸を張るのがめんどくさいなぁと思うこともしばしば。
でも一度張れば、あとはスゥ~スゥ~って織るだけです。
おばあさんのエプロンのように綺麗な布を
私も作れるようになりたいな。

Setteさんへ
おばあさんは、「いつかまたみんな、天で会えるのよ」と言っていたそう。 だから、いつか私も会えるかなぁ。
海軍中尉さんへ
はじめまして。 お越しくださりありがとうございます。 
海軍中尉さんは、コロンビア在住ですか! 北欧などというヨーロッパの端っこに住んでいますと、南米は別世界です。 (こことの時差は、どれくらいなんでしょう?)
たまに涼みに?いらしてくださいね!
かわいいエプロン
きれいですね。おばあさんに会えないのは寂しいですね。きっと、色々な話をしてくださったと思うのに。
民族衣装
はじめまして。
北欧は未知の世界です。南米の民族衣装などはアジアに通じるところが感じられますが、北欧はやはり別の世界といった感じですね。
また時々、遊びにきます。

管理者にだけ表示を許可する