民族衣装 アクセサリー、ボディス、スカート

2007.06.30.
民族衣裳に身に付けるアクセサリーは、通常シルバー。 この銀細工のブローチとカフスボタンは、 夫の(母方の)祖母の形見です。 私の花嫁衣裳である民族衣装に付けるよう、結婚の前の年に、クリスマスプレゼントとしていただきました。 ブローチは襟元で留めます。 この襟も、お祖母さんが作ったハンドメイド。

folkcos6.jpg

民族衣装の上に着るチョッキは、「ボディス(胴着)」と呼ばれます。 通常、絹の錦で、柄や模様は色々。 これは義母のお古を仕立て直しました。 元々の形が間違えていたからと、ほどいて、正しい形に作り直して。 (義母は胸が豊満なので、私のために仕立て直すのに、生地はタップリあった。)

「スカート」はフェルト地。 もうスウェーデンでは、このような生地は作っていないので、ハンガリーからの輸入品だとか。 これが高いのよ~! まぁ、たっぷりギャザーをよせたスカート一着分のフェルト地だから、そのだけの値段がして当たり前ですが。 (義母がヘソクリで購入してくださいました。 ああ、私は本当にお世話になりっぱなしのスネかじりです。)

folkcos7.jpg

また、このスカートが、重い・・・ ボディスとスカートはフックで留められています。 もちろん、スカートもボディスも手縫いです。 生地が厚いので、縫うのは大変だと思います。 (私が手伝うまでもなく、義母がどんどん縫い進めていって、夫は「そんなに早く結婚させたいのか?」と焦り、私が「こういうもの貰ってしまうと、もう結婚キャンセルできないねー」と言うと、「えっ、結婚したくないの!?」と慌てていた。)

全体像はこちら。 どちらもヴェルベットで、縁取りがされています。

これらの民族衣装は、昔、農家の人たちが着用していたもの。 工業化が進むにつれ、 スウェーデンの各地から姿を消してしまいました。 また民族衣装の様式は、「村落」により異なりますが、昔スウェーデン全土は、約300の村落に分かれていたそう。 私達の民族衣装は、 スコーネ地方でも北西に位置する "Luggude" と呼ばれる地域のものです。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Setteさんへ
重いうえに、夏は暑いですよね~、このスカート。 これ着てどうしたら踊れるんでしょ。 私は着ているだけで疲れました。
はい、私にはもったいない素晴らしい義母です。 
Kanaさんへ
すごーい! Kanaさんはズボンの裾上げからカーテンまで、ご自分で縫われるんですね。 うちはミシンがないので、義母のところに持って行きます。 すると・・・全部縫ってくれる。 恥ずかしい~。

普段民族衣装のスカートのひだ部分など目にしませんが、こう見ると本当に細かく美しいですね。 これを縫うとなると気が遠くなりますが。
私がこの衣裳を再び身に付ける日は、果たしてくるのだろうか!?
フエルトの生地
重たそうですね、スカートって結構生地いりますもんね。隙間なく、しかもぶ厚くあるんですもんね。手作り、本当にいいなぁ。お義母様、いい方ですね~。
貴重な衣装
見れば見るほど、手が込んでいて美しいですね。今の時代、スウェーデンで正式な民族衣装を持っている人なんて、そうなると余りいないんじゃない?スカートのひだのところなんて、芸術品ですね。

スウェーデンに来て、久しぶりにミシンを触るようになりましたが(日本じゃ、面倒くさくて、ズボンのすそ上げも業者やお店に頼んでいたし)、やっぱり針仕事は面倒くさい!!カーテンなんて、1週間もかかったよ~!
Chakyさんが、今度この衣装を着るのはいつ??

管理者にだけ表示を許可する