レモン風味の Kladdkaka (簡単ケーキレシピ)

2016.02.04.
スウェーデンに来て、最初に教えてもらい作ったスウェーデンのケーキといえば、Kladdkaka (クラッドカーカ)。 中が半焼けの状態の、平べったい、チョコレート風味のケーキ。 フランスのフォンダント•ショコラとか、アメリカのグーイ•バター•ケーキのような感じ。 誰でも失敗せずに簡単に作れ、みんなが大好きな、スウェーデン代表ケーキ。

しかし、バターと砂糖の量におののき、私は作らないようになってしまいましたが、他人(お客さま)に出すならいーかと、簡単で誰もが好きだし、久しぶりに作りました。

Kladdkakor の作り方(義母からもらったレシピ)

材料:
小麦粉 1,5 dl(約90g)
砂糖(グラニュー糖) 2,5 dl(約212g)
(私は、どうしても、砂糖の量は減らします。 あまり減らすとおいしくなくなってしまいますが、170gにしても、充分甘いです。)
塩 少々
製菓用ココア 大さじ3
バター 100g
卵 2個
バニラシュガー 小さじ1(風味付けのため)

作り方:
直径20cm位のケーキ型を用意し、オーブンは170℃に温めておく。
ボールに卵を割り砂糖を加え泡立てて、鍋で溶かしたバター(湯煎などということはしない)、小麦粉、塩、ココア、バニラシュガーを加え混ぜる。
型に流し込み、オーブンで約20分焼く。
中は半焼け状態がベスト。

kladdkakamuffin.jpg

今回は、カップケーキの型に入れて焼きました。 気をつけなくてはいけなかったのは、温度をもうちょっと低めに、そして焼き時間も短めにすべきだったこと。 じゃないと、焼きすぎて中が半焼け状態にならなかった。

また今回は、 新聞か雑誌に載っていて、いつか作ってみたいと思いレシピを切り抜き取っておいた、「レモン風味の kladdkakan」にも挑戦。

材料:
小麦粉 1,5 dl(約90g)
砂糖(グラニュー糖) 2,5 dl(約212g)
(私は、どうしても、砂糖の量は減らします。 あまり減らすとおいしくなくなってしまいますが、170gにしても、充分甘いです。)
バター 150g (100gにして作りました。)
卵 2個
バニラシュガー 小さじ1(風味付けのため)
レモン 1個

直径20cm位のケーキ型を用意し、オーブンは150℃に温めておく。
レモンをきれに洗い拭いて、皮は擦り下ろし、中身は搾っておく。
ボールに卵を割り砂糖を加え泡立てる。 次に、バニラシュガー、すり下ろしたレモンの皮、搾ったレモン汁を加えて掻き混ぜる。 鍋で溶かしたバター(少々冷ましておく )、小麦粉を加え混ぜてから型に流す。
オーブンで約30分焼く。

このレモン風味のケーキは、ちょっと酸っぱくって、甘くって、絶妙なバランスが、とってもおいしい! チョコ風味のようにクドくない爽やかさが、チョコが苦手な人にも好評でした。

砂糖とバターの量は変わらないので、カロリーは同じですが。。。

そして、このケーキにはホイップクリームを添えるのが、定番です。


FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

移動保育園

2016.02.24.
うちの子が通う保育園は、バス。 毎日、特別仕様の保育園バスに乗って出掛け、1日を自然の中(森や海辺、または動物園、屋外博物館など)で過ごすという方針。

この特別なバスには、キッチン•トイレ•ロッカー•靴入れ等が完備。 座席は2席ずつテーブルを囲んで向き合う形になっており、もちろん子供用の座席。 天気が悪い日などは、バスの中でご飯を食べ(毎朝給食センターから持ち出す)、工作などをして遊べます。 バス自体が保育園(の教室)となっているのです。 あ、テレビとDVDも完備。

児童数20人につき、保育士は運転手も含め4人。 しかも、保育園の先生というと圧倒的に女の人が多い中、このクラスは男性3人+女性1人という構成。

レゴで再現した、バスの保育園。

kindergartenbus.jpg

バスの屋根からはシェードが出されるようになっており、日よけ雨よけになります。 その下で、のんびりランチを食べたり、寛いだり、昼寝している図。  海辺での1日。

保育士の一人は音楽教師の資格を持っていてプロの音楽家としても活躍する人で、この先生がギターをかき鳴らせば、アフリカ出身でアフリカンダンスの指導もしていた先生はアフリカの太鼓をリズミカルに叩きます。

って、こんな毎日がバカンスな保育園、羨まし過ぎる、私も通いたいぞ。 しかし、この子たちが保育園を卒業し、学校生活に入るとき、果たして1日中教室に座って勉強できるのか? 自然に帰りたくなるのではないか、ハイジのように夢遊病になってしまうのではないかと危惧しております。 

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク