春 花粉

2015.03.10.
この冬は、雪が積もったのは2回だけ(しかも、すぐに消えた)。 日中0℃以下になることも少なく、暖冬だなぁと思っているうちに、2月の中旬にはスノードロップやクロッカスなど、春の訪れを告げる花が咲き出し、えっ、早っと驚いているうちに、本当に春になってしまったらしい。 

spring2015.jpg

冬をしっかり体験しないと、なんだか物足りないものですね。 それに、春って喜ばしいことばかりじゃありませんよね。 そう、魔の花粉の季節、、、 ここスウェーデンでもです。 日本のように杉花粉は飛んでいないのですが、まず最初に舞うのは Hassel (ハシバミ)、続いて Al (ハンノキ)。

春から初夏にかけては、Björk(カバノキ)、Sälg/Vide (ヤナギ)、Alm(エルム)、Asp(ヤマナラシ)、Ek(ナラ)。

夏の間は、Gräs(イネ科)、Gråbo (モグサの一種)。

秋には、日本でも要注意とされている Malörtsambrosia(ブタクサ)。

以上が南スウェーデンで問題となる花粉だそう。 夫も早速、薬を服用し始めました。 私は、ちょっと鼻水がでるくらいかな。

今日みたいに、朝にしっとり雨が降っていたものの、徐々に気温があがって正午には晴れてしまうと、ぶわっと花粉が舞うんですよね。 良いお天気を喜べないなんて、うらめし花粉。


FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

それとは知らずに日蝕観測

2015.03.22.
金曜日(3月23日)は、前日と打って変わり寒く、朝から曇りで日中は雨も降るらしいお天気。 日本から妹が来ており、この日は保育園を休ませた子供と一緒に3人で買物。

午前11時頃、広い公園の敷地内を足早に歩いていると、子供が空を見上げ指を指すので、私も顔を上げて見てみると、、、

「あー、月が出ているね! 大きな三日月ねぇ。」

そして、またさっさと歩き出す私たち。 その前に、さぁーと暗くなることがあり、「急に暗くなってきたね。 雨降ってくるのかなぁ」なんて言ってた私。

今日が何の日か知ったのは、夫が帰宅し「日蝕みた? こぉーんなになっていたね!」と言ったとき。

ヨーロッパでは部分日蝕が見られる日だったのです。 妹も、「ええぇ、そうだったんだぁ! だから、公園で大人に連れられた子供達の集団が空を見上げていたんだぁ。」 私も、「ええぇ、それと知らずに、見たよぉ! 月だと思ってたよぉ」

、、、すごいバカ。

曇っていたけど、暗い空に、白くて大きな「月」が、「太った三日月」みたいな形をしているのが、はっきり見えたのです。 とても神秘的だったけど、急いでいたので、それ以上気にしなかったのが悔やまれます。 

その前の土曜日に、一人でロンドン行って日本から来た妹と待ち合わせてコンサート観て3泊して、それから妹と一緒にスウェーデンの我が家に帰って、、、とバタバタしていたので、ニュースや新聞などにも目を通していませんでした。 ああ、もったいないことをした。

ここに写真をアップ出来ないのが、残念です。
(でも、脳裏にははっきり焼き付いています。 それほど「太った三日月」は印象的でした。)



FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク