女王シナモンロール(??)

2013.10.01.
シナモンロールの日(10月4日)が近づいてきたから、というわけではありませんが、シナモンロールを焼きました。 去年作ったとき、おいしかったけれど、作るのに苦労したレシピ。

何に苦労したって、スウェーデンのレシピは量が多いので、捏ねて形成するのにものすごく時間がかかり、疲れた、、、 そして、形はめちゃくちゃに。 (おばあちゃんたちは、慣れているので、手際良くポイポイ作るのですよね。 しかし、年に1回挑戦するくらいの者にとっては、それだけで1年分の体力を使い果たしてしまうのでした。)

今年は助っ人(夫)を確保し、再挑戦。 Drottningbullar (女王バンズ)という名のシナモンロールで、フィリングが、通常より豪華です。

drottningbullar2.jpg

材料
(パン生地)
小麦粉 15dl
グラニュー糖 1dl
塩 小さじ3/4
カルダモン(粉末) 小さじ1
バター(マーガリン) 150g
牛乳 5dl
イースト 50g(粉末なら 小さじ2)

(フィリング)
バター(マーガリン) 50g (室温で柔らかくしておきましょう)
マンデルマッサ(アーモンドペースト) 500g
シナモン(粉末) 大さじ2
ジャム(アプリコットがおすすめ) 50g
卵(つや出し用) 1個

作り方
小麦粉、砂糖、イースト、カルダモン、バター、牛乳を混ぜ合わせ、5〜8分ほど捏ねる。

塩を加え、30分ほど寝かせる。

(うちは、ホームベーカリーに材料を全部いれ、パン生地を作ってしまう、、、 でも、やっぱり、手捏ねの方がおいしいです!)

フィリングの材料をよく混ぜ、なめらかにしておく。

生地を2等分にし、その上にフィリングを全体によく伸ばす。

drottningbullar1.jpg

くるくる丸めて、切る。 またはお好きな形に。 (本当は、もっと凝った形になるらしいのですが、、、 前回上手く焼けなかったので、単純な形にしてしまった、、、)

30分寝かせる。

溶き卵をシナモンロールの上にハケで塗り、200℃のオーブンで8〜10分焼いて、出来上がり。

パン生地は、けっこうすぐにパサついてしまうので、食べ切れない場合は、冷凍保存。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

『あなたの人生を変えるスウェーデン式歯みがき』

2013.10.16.
日本にいたとき、「スウェーデン式マッサージ」とか「スウェーデン式体操」などというものを聞いたことがありましたが、実際にスウェーデンに来てみると、そんなものはありませんでした。

というか、自国で自国名を付けることはしないか、、、 「日本式」といわれるものが、全然日本と関係なかったり、ただちょっと日本っぽかったりするだけのことがありますが、実際日本に存在するものもあり、でも日本ではわざわざ「日本式」などと言わないと同じで。

というのも、こんな本(書評)を見つけてしまった。

あなたの人生を変えるスウェーデン式歯みがき──1日3分・ワンタフトブラシでお口から全身が健康になる! 【特別付録:歯科医院専用ワンタフトブラシ】 (JK MOOK)あなたの人生を変えるスウェーデン式歯みがき──1日3分・ワンタフトブラシでお口から全身が健康になる! 【特別付録:歯科医院専用ワンタフトブラシ】 (JK MOOK)
(2013/08/22)
梅田 龍弘

商品詳細を見る

でも、私、こんな歯ブラシ見たことないよー、ないよーねー!? と夫に聞くと、「以前、持っていた」というではありませんか!

では、この「スウェーデン式歯みがき」なるものは、存在するのね! 「当時、歯医者に勧められて購入したけど、まだ実家にあると思う」というので、かなり昔のことですな。 

私は見たことないと騒いでいたら、翌日には薬局で買って来てくださいました。

swedishtoothbrush1.jpg

歯ブラシの先っぽが取り付け、取り替え可能となっています。

swedishtoothbrush2.jpg

早速使い始めました。 確かに小さな細いブラシなので、歯と歯茎の隅々まで磨くことができます。 特に、親知らずまで届き、きれいに磨けるので、感動。

しかし、鏡を見ながら、大きく口を開けて、歯の一本一本を磨いていくので、時間がかかる、、、 夜寝る前に主に使うようにしよう。 そして、時間がないときは、普通の歯ブラシで、、、 なんて「スウェーデン式歯みがき」を使用し、すでに数週間が経ちました。 こころなしか、きれいに歯垢が取れているような気がしまーす。

でも、本当に、スウェーデンは子供たちが小さいうちから虫歯予防に力を入れていますね。 夫も、義兄も、虫歯は一本もありません。 彼らが子供の頃は、学校で「マウスウォッシュ」をる時間があったとか。 保健の先生が、洗口液が入った小さなコップを持って来てくれ、それでお口くちゅくちゅ。

各家庭や個人に依存するのではなく、自治体や学校が率先して虫歯予防にあたるのは素晴らしい。 歯は一生ものです。 子供の頃から虫歯に苦労し、いまでも治療した歯のメンテナンスに泣いている私は、心から思います。

さて、これで、私の人生も変わるか、、、
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク