デスヴォィス

2013.03.03.
最近、気づいたのだが、うちの子が、積極的に、デス声を出している、、、

「パン、たべるー」と、可愛らしく言うときもあれば、
「パン、だべるー」と、ノドの奥から押しつぶした声を出しながら言うときもある。

あるいは、可愛らしく言った後でデス声、または、デス声の後で可愛らしく、と二回同じことを違う声で言ったりもする。

日本語でも、スウェーデン語でも、同じ要領でデス声を出している。

1日に、普通に喋るときと、デス声で喋るときと、等分である。

夫が保育園の先生に「うちの子の、二つの声知ってる?」と聞いたら、「知ってるかですって? そんなの一日中聞いてるわよ」と言われたそうで、家だけでなく保育園でもデス声を出していることが判明。

なぜなのか?は、不明。

夫は子供を「クラウザーさん」と呼び始めた。

タワーレコード限定 デトロイト・メタル・シティ メタルヨハネ・クラウザーII世 ストラップタワーレコード限定 デトロイト・メタル・シティ メタルヨハネ・クラウザーII世 ストラップ
()
不明

商品詳細を見る

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

セルビアのシュークリーム

2013.03.13.
日本の「洋菓子店」なら、シュークリームは必ずあると思う。 コンビニやスーパーにも、あるよねぇ。 でも、スウェーデンには、一般的に、シュークリームはない。 昔、スウェーデンに来た当時、ふと食べたくなったのが、シュークリームでした。 日本の国民的ケーキですよね、シュークリーム。

でも、今は、ときどきシュークリームを食べることができるのです。 買うのでもなく、自分で作るのでもなく、いただきもの。 ご近所のMさんが、手作りのものを初めて持って来てくれたときは、びっくり。 日本のように大きくはない、プチシュー。 お味は、正しくシュークリーム!

mkakor.jpg

もちろん、これはスウェーデンのお菓子ではなく、Mさんはスウェーデン人ではない。 フランス人でもないが。 旧ユーゴスラビアの国、セルビア人のMさんの出身地では、このプチシューは「お姫さまケーキ」と呼ばれているそう。 お得意のお菓子なのか、ときどき作ってお裾分けしてくださる。 セルビアの方から貰うお菓子だけど、私は日本を思い出してしまいます。

その他、珍しい(つまりスウェーデンっぽくない)手作りお菓子もくださり、ラッキーな私♪ これも、うちの子のおかげだな。 彼女と交流ができたのは、うちの子が生まれてからだし。

Mさんには、お孫さんが3人いるけれど、娘さん一家はウィーンに住み、息子さん一家は故郷のセルビアの田舎に住んでいらっしゃるそう。 だから、お孫さんと会えるのは、年に1、2回。 だからか、うちの子を可愛がってくださり、プレゼントなども、あれやこれやとくださる。

うちの子も、日本のジジババには滅多に会えないし、父方の祖父母とも月に1回会うかどうかなので、近所に親しく可愛がってもらえる大人がいるって、嬉しいな。 (Mさんは、まだ50代前半の若さなので、おばあちゃんっぽいわけではない。)

お正月に、セルビアからお孫さん二人と義理の娘さんがスウェーデンに遊びに来ていた。 7歳と12歳の男の子なので、うちのガキ連れてっても迷惑なだけだろと思い、でも帰国の前日にちょっとお邪魔して、びっくり。 ものすごくしっかりした子たちで、うちの子と一生懸命遊んでくれる! 

7歳の子は、まだちょっと恥ずかしがり屋な態度だったけど、お兄さんの方は、本当にうちの子を可愛がってくれ、そして私に対しては、礼儀正しい! 別の日に私が持って行った手作り菓子を褒めてくれたり、日本のことを聞いてくれたり、自分のことについて話したり、とにかくゲストである私を持て成そうとしてくれる。

こっち(スウェーデン)の子供達と大違いだ!! こっちの子ってさぁ、甘やかされ放題でさぁ、自己中心的で、自分たちがチヤホヤされるものという態度で、12歳とかティーンの入口な年齢になれば、ぶすっと愛想悪くなるものでしょー。 (皆がみんなってわけではないとは思いますが、身近な例がそうだったもんで。)

子供って、そーゆーものだと思っていたので、私は顎が外れるぐらい驚き、感激。

うちの子も、大きいお兄ちゃんたちに遊んでもらい、嬉しくって満身の笑み。 ああ、この子たちが近所に住んでいてくれたら、どんなにうちの子に良い影響を与えてくれたでしょう。

1年前、「今日は日本の震災の日から1年たった日だったのね」とMさんから声をかけられた。 「テレビでたくさん震災のこと報道していたわ」と。 彼女達はいつも衛星放送で祖国のチャンネルを見ているので、セルビアの番組でしょう。

そして、彼女の声には、本当に痛みがこもっていた。 日本が受けた震災を、自分たちのことのように感じているように。 実際、彼女達は旧ユーゴの紛争で、自分たちの生活や人生や親しい人たちが、どうしようもない力で握りつぶされ、瞬く間に全てを失う経験をしている。 祖国を離れ、異国での生活を余儀なくされている。

実際、あの日に日本にいなかった私より、ずっと強く身近に、遠い国で起きた震災を分かっていたと思う。 

あ、そうだ。 この前いただいたお菓子のお皿をまだ返していなかった。 空で返せないので、私も手作りケーキを乗せて返したり、何か作ったとき持って行ったり、するとまた、Mさんがうちのお皿を返してくれるときに何かくれたり、合戦状態になっています。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク