ルバーブのジュースとコンポートとケーキ

2011.08.15.
ルバーブ(英語: Rhubarb, スウェーデン語: rabarber)を大量にいただいた。 大きな赤い蕗みたいな植物。 世話しなくても簡単に育つので、よく家庭菜園などで見かけるけど、増え過ぎて困っていたらしい。 お店ではあまり出回らないので、嬉しいー。

rabarber1.jpg

フキみたいだけど、おかずの煮物にはならない。 とっても酸っぱいので、大量に砂糖を使って調理りし、苺と組み合わせたり、デザートとなります。 早速、義母に聞くと、いろいろなレシピが出てきました。

義母はルバーブが大好きだという。 でも、義父は大嫌い。 だから、結婚してからは、あまり口にすることもなくなったそうで・・・

義母「息子達のどっちかも、嫌いだったはずだけど」
私「あ、うちの方」
義母「確か一人は大好きで、一人は大嫌いだったはずと思ったのよね」

ルバーブは好き嫌いが分かれるらしい。 私も夫が嫌いだから、興味はあっても口にする機会はあまりなかった。

でも、こうして大量に手に入ったので、早速作るぞー(と意気込んでいたが、時間がなくて一週間ほったらかしにしてしまった)。

スウェーデンでは、ルバーブのサフト(シロップを水で薄めて飲むスカッシュやコーディアルのこと)が人気あるし、一度自分でも作って見たいと思っていたので、まずはサフト。 そのレシピもいろいろあったけど、一番おいしそうだったのが、これ。

Rabarbersaft (ルバーブのコーディアル)の作り方


材料(と、下準備)
ルバーブ 1kg (洗って、数センチに切る)
ヴァニラ・ビーンズ 一本 (中の種は取り除いておく)
水 3リットル
砂糖 400g
レモン 3個(輪切りにする)

下準備をすませた材料を、大きな鍋に入れ、沸騰させた後、弱火で5分煮る。
火から話、20~25分置く。
漉し器(あるいは、きれいな木綿の布など)で漉す。
瓶に詰めて、冷凍しておけば、長持ちします。
飲むときは、水で薄めて。

rabarber2.jpg

そして、義母が一番好きだというコンポートは、基本であり超簡単。

Rabarberkompott (ルバーブのコンポート)

材料
ルバーブ 750g
砂糖 1と1/2 デシリットル

洗ったルバーブを数センチに切り、大きめの鍋に入れ、上から砂糖をかける。
弱火で5~10分ほど、ルバーブが柔らかく、かつ崩れない程度に煮る。
(これだけ。 ルバーブは水分を多く含むので、水を加える必要なし。)

rabarber3.jpg

コーディアルは、ルバーブの酸味、レモンの爽やかさ、バニラの甘い香りの三重奏で、とてもさっぱりとおいしい! (でも、ちょっと苦味が舌に残った。) コンポートは、ルバーブがしゃきしゃきとして、これはシンプルなおいしさ! ほんのり赤く色づくのが、見た目も美しいです。

うーん、私はルバーブ好きだなぁ! 夫もルバーブは嫌いだ、苦手だと言っていたが、どちらもおいしいと喜んで食べていた。 特にコンポートがおいしいと。

最後に、パイを作りたいと思っていたのだが、思ったよりルバーブを使い切ってしまったので、ちょっと残った分で、簡単なケーキを。

Snabbkaka med rabarber (簡単なルバーブケーキ)

材料
ルバーブ 150g (数センチに切る)
オートミール 1デシリットル
小麦粉 2デシリットル
ベーキングパウダー 小さじ1
砂糖 75g
バターまたはマーガリン 75g
牛乳 1 1/2 デシリットル

粉類を全て混ぜ、そこにバター(マーガリン)を溶かさないで混ぜ、牛乳を加えて混ぜる。
平たいケーキ皿かパイ皿に生地を流しいれ、ルバーブを上に散らしてのせて、ぎゅうぎゅうと生地に押し込み、分量外の砂糖(大さじ1)をふりかけ、バター(大さじ2)をちぎって散らす。
225度のオーブンの中段で約20分焼く。

rabarber4.jpg

こちらも甘酸っぱいルバーブがしゃきしゃきして、おいしー! でも、ケーキ部は、甘過ぎクド過ぎ、私にとってイマイチなので、砂糖とバターの分量を減らすか、超簡単ケーキの生地で作った方がおいしんじゃないかと思う。

ジュースとコンポートは冷凍保存したので、後でまた楽しんだり、義母にお裾分けです。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

小さな夏休み

2011.08.26.
5月に日本へ行ったので、特に夏休みがなかった我が家。 でも、ちょっとした夏休み気分を味わうため、週末を利用し夫の実家へ。 (夫は週末に仕事が入っていることがあり、また自分の実家に帰ってもバカンス気分にはならないそうなので、私と子供だけ。)

2,3日滞在する分には、相手にもさほど迷惑がかからず(義両親とは互いの生活には干渉せず、ほどよい距離や礼儀を保っています。 また、そういう義両親だからこそ私もラクで、本当にありがたい)、こっちもそれほど負担じゃないくらい、子供も大きくなったことだし。 (でも、電車の中で大泣きし、汗だくになったりもした・・・)

何よりも、祖父母と孫の交流を大切にしてもらいたい。 お互い一緒に沢山遊んで、多くの思い出を作ってもらいたい。

そうして、おじいちゃんと子供が庭を散歩している間・・・

litensommar1.jpg

私は庭のテラスのブランコ椅子に寝そべりながら、コーヒーと甘いものに舌鼓。

litensommar2.jpg
(思い立って、メロンパンを初めて作って持って行きました。)

それから、海じゃ、海ーー! 海があれば、私にとって、それはインスタントに夏休み!

litensommar3.jpg

しかし・・・ 7月の初頭は「まだ泳ぐには水は冷たすぎる」というアドバイスを受けて、水着を持っていかなかったら、充分水に入れる暑さだった。 今度こそ、と行った週末は、土砂降りだった。 これがこの夏最後、と行った週末は、やはり海水浴日和ではなかった。 (ああ、今年の夏は雨が多く、気温も低めだった。)

水にどっぷり浸からなきゃ、海に来たとは言えないんだよなぁ、私にとって。 仕方ないので、足だけ浸かって我慢する。

litensommar4.jpg
(写真に写っているのは、私じゃなくておばあちゃん。)

子供も自然の中、大はしゃぎ。 普段なかなか会えなくて、人見知りしていたおじいちゃん・おばあちゃんとも沢山遊べたしね。

こうして楽しい夏休みも終わり、新学期。 うちの子にとって(親にとっても)試練の保育園生活が始まりました。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク