Messmör  うっ、なに、この味・・・

2011.03.01.
スウェーデンに暮らし、ン年になりますが、まだまだ口にしたことのないスウェーデン製食品はたくさんあります。

最近の初めて出会った味は、messmör (メェーススモー)。

育児雑誌で、よくこの製品の広告を見て気になっていたが、何なのかさっぱり分からず。 ある日、お買い得品になっていたので、買ってみました。

messmor1.jpg

北欧らしいイラストと四角い形のパッケージが可愛い。 (チューブ入りもあります。)

私「ところで、messmör って、何?」
夫「知らない。 Smör (バター)だから、パンに塗って食べるんじゃない?」
私「食べたことないの? 家族の誰も食べたことないの?」
夫「ない。 それって北部の食べ物でしょ」

スウェーデン北部の食べ物だから、南部の人間には馴染みがないらしい。

フタを開けてみると、うっすらと茶色くて、バターよりは柔らかいけれど、ヨーグルトよりねっとりしている物質が入っています。

柔らかくて平べったい北部のパンに塗って食べてみることに。 どきどき。 一応、期待して買ったんだけど・・・

messmor3.jpg

うっ、なに、この味・・・!!

しょっぱい・・・ なのに、甘い。
むっとする臭いがある・・・ なのに、バニラ風味!

強いて言うなら、腐ってねっとりした塩プリン? (食べたことないので、本当の塩プリンがどのようなものか知りませんが。)

Messmör の主成分は、乳清。 乳清とは、チーズの生産過程でできる液体で、栄養価が高く、脂肪分も低い。 Messmör は脂肪分5%。 乳清に、バター、砂糖、バニラエッセンス、鉄分が加えられている。 加熱するときにキャラメル化するので、香ばしさと茶色が出るらしい。

ふむむ、これは素晴らしい食品なのではないか。 生産メーカーはスキー競技の金メダリストのスポンサーでもある。 最初、あまりの不味さに、パッケージの彼女を罵倒してしまったが、彼女が messmör が大好きな理由が分かったわ。 アスリートにとっては理想的な食品ね。 (彼女が被っている、パッケージと同じ柄の帽子が可愛いな。)

messmor2.jpg

もちろん、子供にとっても良い食品。 ネットで調べてみると、赤ちゃんがふんづまりのときに、messmör を与える・・・ という内容にたくさんヒットした。 便秘に効くのか、messmör。

しかし、うちの子に与えても、拒否して食べようとしない。 夫に勧めても、もちろん食べない。

不味くても、買ったものは全部食べる。 不味くても、安くて栄養価の高いものは積極的に食べる。 貧乏性の私は、結局一人で食べる。 どうしたら、おいしく食べれるかと、試行錯誤。

まず、messmör を塗ったパンの上に、輪切りにしたバナナを散らし、くるくる巻いて食べてみた。 んんっ、思ったとおり、なんとか食べられる。 バナナの甘みが messmör に勝ち、臭みが気にならない。

ネットでレシピを調べると、リンゴとの組み合わせがあった。 んんっ、これはリンゴがさっぱりとし、messmör が気にならない。 果物と組み合わせると、フルーツサンドっぽくなり、いけるかもしれない。

それでも、まだ半分しかなくなっていない、messmör。

栄養のある食品なのは分かったけど、なんで、味付けがこうなるのか・・・ やっぱりスウェーデン人に味覚はない。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

地震

2011.03.14.
日本で地震が起こったことを知ったのは、いつもチェックしている日本在住の方のブログ。 慌ててネットのニュースサイトを確認。 スウェーデンのサイトもチェックすると、やはり大きなトップニュース扱いとなっている。

首都圏でも被害があるようなので、友人、知人にネットを介して連絡してみると、すぐに連絡が取れた人たちも。 大きな被害は東北のようだが、関東でも相当怖い思いをしたんだ。

地震を知るきっかけとなったブロガーさんからは、奇しくも時を同じくしてメールをいただいた。 私の日本の家族を心配してくれている。 今電話がつながり難い状態だけど、大丈夫なことと存じます、と。 まぁ、私も横浜の実家は大丈夫だろうと思ってメールだけ送っておいたが、やっぱり心配になってきて、迷った末に電話してみた。 予想に反してすぐつながり、すぐ父が出て、無事を確認。 二言三言で電話を切ろうとしたら、必要もないのに母に代るから、どーでもいいことまで話し始めてるじゃない・・・ 非常時に無駄話はやめましょう。

夫のスウェーデンやドイツの親族や友人からも、私の日本の家族を心配し連絡をくれ、日本へのお見舞いの言葉をいただいた。

インターネットのおかげで、瞬時に日本の情報が手に入り、個人的に連絡とれるのは、ありがたい。

でも、最初に懸念したように、時が経つにつれ、被害状況が把握されるにつれ、痛ましい現実が目の当たりになるのは、本当にやりきれない。 日本に居たからとて何かできるわけではないが、遠く外国にいることを悲しく思ったりもする。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク