サマープディング

2009.08.01.
今回、夏にイギリスへ行き、長年憧れていたお相手と初めてご対面。 口にすることができました。 つまり、その相手は、食べ物だったわけですが。

偶然見つけることができたのは、ロンドン最古の薬草園、Chelsea Physic Garden (←ご興味がある方は、こちらの記事も)のカフェで。 そのときは胸が高鳴りました!

ここの庭園に行ってみたいとは思っていたが、どちらかというと、ここのカフェの方に興味があったりしたのですが、シーズン中ゆえか、ティータイム時ゆえか、とっても込んでいて、品切れになりはしないかとハラハラ。 ようやく、ようやく注文をすることができ、手にしたときの喜び。

Summer Pudding (サマー・プディング)です。

summerpudding22.jpg

プリン型に薄切りの食パンを敷き詰め、中にブルーベリーなどの夏のベリー類を詰め込み、上(というか底になる部分)にパンを置いてフタをし、果汁をたっぷり含ませ、冷やしていただく夏のデザート。

summerpudding11.jpg

これをずぅーっと、食べてみた~いと思っていたの♪ で、お味の方は、

妹「うん、周りはパンだね」。

・・・それを言っちゃあ、ミもフタもないけど、確かに周りはジュースが染み込んだ食パンですわ。 もっとサッパリしているのかと思ったら、かなり甘い。 (イギリス人も甘~いのが好みなのだろうか。) でも、おいしいです♪ ベリーとパンだけの、シンプルな夏のお菓子。

スウェーデンも、ベリー類は豊富でたくさん食べるけど、このような食べ方はしないなぁ。 (イギリスのような食パンがないから?)

一緒に頼んだ、フレッシュ無花果のケーキも、無花果がジューシーでおいしかった♪ 

summerpudding3.jpg

飲み物は、もちろん紅茶。 大きなポットには、たっぷり8杯分の紅茶が・・・ 喉が渇いていたせいもあり、二人で飲み切る。

ところで、サマープディングを知ったのは、こちらの本で。

イギリスを食べつくすイギリスを食べつくす
(1996/03)
斎藤 理子

商品詳細を見る

イギリス料理を軽快に楽しく紹介しています。 イギリス本の類は数多くあれど、その多くが読むに耐えない内容であるなかで、この本は一味違う。 著者のユーモアが効いた軽妙な語り口と、清々しいイギリスの自然をバックにした豊富な美しい写真が、なんとも食欲と笑いをそそる、絶品なイギリス料理ガイドです。 

今から15年ほど前に出版されたもので、妹が買ったもの。 今でも里帰りすると、妹の本棚から取り出して眺める(笑)。 で、一番そそられたのが、著者が絶賛する、このサマープティングだったのよね。 (あと、ピムズPimm's のカクテルも作ったねー。)

そう、このサマープティング、かれこれ15年も恋焦がれていたお相手だったのでした。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

ハンプトンコートパレス外観だけ

2009.08.11.
(しばらくブログを書いてなかったけど、ロンドン旅行記はまだ続く・・・)

過去に何回かロンドンを訪れている妹が、今回ぜひ行きたいというのが Hampton Court Palace。 テムズ川のほとりにある庭園(迷路園が有名)と宮殿。

この日はその前に、ロンドン郊外に住む知人と Kingston で会うことに。

久しぶりに会う友人とは、以前はスウェーデンに住んでいたので、思い出話やロンドンでの生活、イギリスとスウェーデン社会の違いなどに話しの花が咲く。

お昼はパブでご馳走になったのだが、そこはアイリッシュ系のパブで、私たちもアイルランド料理を頼むことに。 私は羊肉のアイリッシュシチュー。 妹はアイリッシュポット?だったか、グラタンのようなスープみたいなので、チキンとアイルランド風のマッシュポテトが入っているのが、それが濃厚でとってもおいしい。 友人が頼んだのも、風味豊かなソーセージと、このマッシュポテトの一品。

友人曰く、「イギリス料理では、なんでもチップス(フライドポテト)が付いてくるのよ。 もう辟易しちゃって。 スウェーデン料理も添え物はじゃがいもだけど、茹でてあるかマッシュポテトじゃない? ここはチップスばっかり。 だからイギリス人、スウェーデン人より肥満体が多いのよ」。

Kingston は郊外といっても、デパートやらお店やら何でも揃っていて、ショッピングにもってこい。 ロンドンの街中を走り回るより、ここでお土産をそつなく揃えることができる。

さて、友人と別れ、私たちはバスで Hampton Court へ。 (テムズ川を遊覧船に乗ってでも行けます。)

hamputoncourt3.jpg

しかし、せっかく着いたハンプトンコート宮殿だが、私たちは、既に疲れていた・・・ しかも、両手には買い込んでしまったお土産が・・・

ハンプトンコート宮殿の入場料は£13。

hamputoncourt1.jpg

それで結局、外の料金のかからない庭園を散歩して、荷物もあることだし、ひとまず宿へ戻ることに。

hamputoncourt2.jpg

途中の駅で、突然パイを買う妹。 パイといっても甘いお菓子ではなく、手のひらよりも大きい、中にポテトや肉や野菜が詰った食事になりうるボリュームのやつ。 2個も。 冷めちゃったらおいしくないよと、宿のダイニングでお茶を入れて食べることに。

この時点で夕方。 今日の夕食はインド料理を食べに行くことにしてたんだけど、ちょっとパイでお腹いっパイ。 

インド料理は明日にし、でも時間はあるのでちょっくらロンドン探索に出かけ、夜にホテルへ戻って来たときには再びお腹が空いたので、最寄り駅でチップスとベークドポテトを購入。 宿の部屋でもそもそ食べ、疲れていたので、すぐにベットに横になる。 横になって、寝返りを打ったとたん・・・

うっ・・・!」

実は、食べているときから、お腹は空いているけど、胃がぐるぐる。 眠気と疲労でふらふらという状態だった。 でも、食い意地がはっているから食べ続けたのね。 こんなことになろうとは・・・ (やっぱり寝る前に揚げ物なんて食べちゃダメよぉ~。)

私たちの部屋は屋根裏の狭いとこなんだけど、何故か入り口が重たい二重ドアになっていて、しかも部屋の電気のスイッチが、そのドアとドアの間にある。 

バスルームの電気のスイッチは、バスルームの中だし。 真っ暗な中、手探りで、口を押さえながら何とか辿りつくことができ、間一髪! ふぅ~。

この瞬間が、(スウェーデン教会の宿ではなく)トイレ付きの部屋をとって良かった!と感謝したときでした。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク