ファラフェル Falafel

2008.02.15.
スウェーデンに戻った翌日、久しぶりにスウェーデンの味が食べたいと、買いに走ったのは Falafel ファラフェル、ファラフェール)屋。 見た目ケバブの、中近東のファーストフードです。

falafel1.jpg

ケバブと違うのは、肉の代わりにヒヨコ豆のコロッケが入っていること。 なので、ベジタリアンにもピッタリ。 (注:私はベジタリアンではありませんが。) 丸くて平たいパンの上に、刻んだレタス、玉ネギ、トマト、きゅうりのピクルス等を敷き、まん丸のヒヨコ豆のコロッケを4~5個置き、赤くて辛いチリソースと白いニンニクソースをぴゅーとかけ、くるくるっと巻いて出来上がり。

falafel2.jpg

ひとつ15~20krと、安くて(ケバブより安い)おいしく(ケバブもおいしい)、栄養も(多分)良い。 スウェーデンでは、中近東系の移民が多い町や地域には、ファラフェルのお店がたくさんあります。 (ケバブも売っていますが、お店の名前に Falafel と付く場合が多いです。)

揚げたての豆のコロッケは、ほくほく香ばしく、本当においしいです。 それと、パンも、包む前に焼いてくれると暖かくパリパリして、おいしーい。 焼いてないパンは噛み切るのに力がいるし、味も半減。 

ただ、揚げてあるので、肉を使ってなくても、ケバブより胃にもたれることも・・・ ソースもかけ過ぎると、ピリピリ辛いだけだったり、ニンニクの味がいつまでも口に残るという難点が。 それでも、たまに、無性に食べたくなります。 こんな安くて、おいしく、腹持ちがよい食べ物、他にスウェーデンにはありませんもの。 唯一私が恋しくなる、スウェーデンの?味。

料理cosdinaさんのブログ『ギリシャな台所』に、ファラフェルの作り方ヒヨコマメで揚げ団子」が載っています! cosdinaさんのレシピでは、白ゴマがまぶしてあり、また練りゴマのディップもおいしそう。 ファラフェルに興味を持った方は、ぜひ手作りに挑戦してみてください♪

こちらは数年前、横浜で開かれた食の交流フェスティバルで発見した、ファラフェルの屋台です。

falafel3.jpg

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

2月の風物詩 BOKREA

2008.02.22.
クリスマスとポスク(復活祭、移動祝祭日で3月か4月)に挟まれた魔の月、2月。 1年で、もっとも寒くなる時期(しかし今年の北欧は例年に比べかなり暖かい)。 そんな月を乗り切るためにか、スウェーデンの2月には、スポーツ休暇(Sportlov)本の大バーゲンセール市(Bokrea)というイベントがあります。 (バレンタインデー alla hjärtansdag は、いまいち盛り上がりません。 アムールの国ではないからでしょうか。)

スポーツ休暇(Sportlov)は、子供たちがウィンタースポーツに馴染むようにと、学校が1週間ほど休みになります。 そして2月の最後の週あたりに、本の大バーゲンセール(Bokrea)が始まります。 今年は26日の火曜日が開催初日。

bokrea08.jpg

大手書店はこのように、セール対象品を集めたカタログを用意してあります。 毎年、安売りになる本は決まっていて、どこの本屋でも、ほとんど同じ商品、同じ価格なのですが・・・ でも通常の半額以下の値段になるので、見逃せない!

カタログを片手に、どの本を買おうかな~と物色するのは、冬の夜の楽しみでもあります。

大手書店では、Bokrea の初日、日付が変わる夜中0時にお店を開くところも。 (でも1晩中開いているわけでなく、2時頃いったん閉めて、また朝の7時に再び開けるんですが。) このイベントを楽しもうと、夜中に並ぶ人達も大勢。 私がそんなことしたら、凍死しちゃいますね・・・

Bokrea は1ヶ月ほど続きます。 この時期スウェーデンを旅行される方は、本屋を覗いてみると、お土産にぴったりな本も見つかるかもしれませんよ。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク