いろいろなクリスマス市

2007.12.08.
Julmarknadクリスマスマーケット)が、あちこちで開かれています。 アドベント前からクリスマスまで毎日開かれているもの、週末だけのもの、テーマ別のもの・・・ 種類もいろいろ。

jul07m1.jpg

今日行ってきたのは、エコロジー・クリスマスマーケット。 農家の人達が自分たちで育てた有機野菜、肉類、魚やチーズ、ハチミツやジャム、ジュース、化粧水のたぐいまで、全て手作りエコロジーな商品が並んでいます。 「山羊のチーズ」と「ニシンの酢漬け」を購入いたしました。 ラズベリーのグレッグ ( glögg クリスマス用甘いワイン) も欲しかったんだけど、ちょっと高かったのよね・・・ 

そこから遠くないところの中庭では、別のクリスマスマーケットが開かれていたので、こちらも覗いてみました。 この大きな黄色い古い建物にはレストランやお店、カンファレンスに使われる会場などが入っています。 

jul07m2.jpg

中庭に並ぶお店のテーブルの上には、ハンドメイド製品の数々。 ああ、どれもかわいいっ。 買わないけれど、お値段がいいから。 こういうものは、見て楽しみ、アイデアを盗み、自分で作ってみよう! って、去年も同じこと考えていたなぁ・・・ (結局作ることなく、来年のクリスマスにも、同じ事を思う私がいるんだろうなぁ。)

jul07m3.jpg

クレープがおいしそうだったけど、朝食を食べてきておなかいっぱいだったのが、心残りです。

街のメインストリートを歩くと、真ん中に、小さなクリスマスのお店がたくさん並んでいます。 ここは毎日開いているマーケット。 

jul07m4.jpg

師走となるとバタバタ忙しく、また日が出ずに(曇りや雨の日も多いし)暗いので、疲れちゃったり気分が萎えちゃったり。 そんなときには、明るくて楽しいクリスマスマーケットに繰り出すと、気持ちも上向きに。 朝早めだったので、人込みも少なく(おじいちゃん、おばあちゃんが多いのよね・・・)、和むことができました。 
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

ちびっ子ルチア Lucia

2007.12.14.
Luciadagen (ルチア祭)は、子供たちも大活躍。 特に幼稚園児たちのルシアは、あちこちの職場や学校に招かれ、人気者です。

今年のルシア(12月13日)は、某学校(folkhögskolan と呼ばれる、高校と大学の中間みたいな成人教育機関。 特殊な学科が豊富にあり、今回お邪魔したのはコミック学科があるところ)のルシア祭に潜入(いえ、きちんと招かれて行きました)。

最初に、コミック学科の1年生二人が、ギターとピアノで自作曲の弾き語り。 それから会場(学校内のカフェ)が暗くなり、サンタ・ルチア♪の歌声と共に、いよいよルチアたちの登場です!

07lucia3.jpg

けっこう歩くの速いです・・・

07lucia2.jpg

女の子たちは、白いドレスに赤い帯を締め、頭には電気ロウソクを乗せています。 男の子たちは、茶色い衣装のペパカカグッペ(ジンジャーブレッドマン)や赤い衣装のトムテ(小人のサンタ)に扮しています。 

07lucia1.jpg

とまどいながらも(みんな、目が泳いでる・・・)、一生懸命クリスマスの歌を、次々に披露。 そのうち慣れてきたのか、元気よく歌い始めてくれましたが、けっこう調子ハズレで全然ハモってないところが、またかわいい♪

07lucia4.jpg

ルシア祭には、学校のカフェ手作りサフランブレッドのルセカット、ペパカカ(ジンジャーブレッド、スウェーデンのは紙のように薄いのが特徴)、ミカンが振舞われました。

おまけ:スウェーデンのクリスマス菓子パン、サフランブレッドの作り方
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク