伝統的な機織マット trasmatta

2007.06.01.
Bさんのお家、2階の1室に、ハタオリ機があります。 部屋全体を占めるほど大きなもの。 これでBさんが織るのは、床に敷くマット。 伝統的なスウェーデンのマットです。

vislan7.jpg

材料は、使い古しのシーツなどを、細く紐状に裂いたもの。 大きな布は、一部が傷んで使えなくなっても捨てるのはもったいない。 こうして再利用し、ステキなマットに生まれ変わります。

vislan8.jpg

Bさんは私たちのために、機織りを実演してくださいました。 でも、この機械を使いこなすのは大変そう! まず、縦に糸を張らなくてはいけません。 それが一番難しく根気が要るようです。 そこに横糸(シーツを裂いた紐)を渡します。 そして棒(機械の一部)を手で思いっきり下に引き、ガンガンと打ち付けます。 また、これが体力いると思うのです。 これで一列できました。 それから足で操作し縦糸を交差させる。 そう、足も使うのです! 体全体を使う体力仕事ですね。

vislan9.jpg

色のバランスや模様も考えながら織ると思うので、センスもものを言います。 でもBさんは、くったくなく作業を続けています。 趣味にしては、もう職人技!

こうしてBさんが作ったハンドメイドのマットは、教会のバザーで売るそう。 収益は教会での活動費用になるとのこと。

このようなマット、スウェーデンの家ではよく見かけます。 部屋のあちこちに、何枚かずつ敷いてあります。 手織りではなく機械織りのもの、ビニール製のものなども。

ボロ布で作ったマットは、trasmatta (トラースマッタ)と呼ばれています。 Tras とは、スウェーデン語で「ぼろきれ」の意味です。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

デンマークvs. スウェーデン

2007.06.03.
UEFA EURO 2008(サッカーの欧州選手権)の予選が、ただいま行われています。 昨夜(6月2日)は、コペンハーゲンにて、デンマーク対スウェーデンの試合が行われました。 (私はテレビ観戦です。)

やはり隣国同士ですと宿敵、あるいは愛憎関係にあるようで、サポーター同士の小競り合いも心配されましたが、試合前は和やかなムードのようでした。 しかし・・・

試合が始まると、前半30分に立て続けスウェーデンが3ゴール! ええっ~、ちょっと~(私はスウェーデンをサポートしない主義)と思っていると、今度はデンマークが3点入れ同点に追いつく。

この日はデンマークのラフプレーが目立ち、デンマークの監督は前回の試合でレッドカードを貰っていたので、試合に出れず。 ホームにしてはデンマークはお粗末でしたが、このまま同点かと思った残り時間1分で・・・

ペナルティエリア内で、デンマークの選手が突如スウェーデンの選手に暴力を振るった! もちろん、レッド退場でペナルティキック。 と、そこに・・・

デンマークのサポーターが乱入し、審判に襲い掛かった! (大事に至りませんでしたが。)

そこで試合は中止。 デンマークの3点は剥奪され、試合結果は0-3でスウェーデンの勝利。

なんというか・・・ 後味も悪く、唖然とした試合内容になってしまいました。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク