日本の雑誌

2007.02.02.
海外に暮らしていて、しかも欧州の、こんな辺鄙な田舎国に住んでいると、貰って嬉しいものは、一番に日本食。 しかし、同じくらい、本や雑誌もありがたい。 やっぱり、活字は紙の上で、手に取って、読みたいものです。

夫の通う学校の先生から、突然日本の雑誌をいただいたときには、狂喜してしまいました。 ぶ厚い文芸誌2冊に、雑誌2冊。 しかも最新号! 日本の大手出版社からサンプルとして受け取った本や雑誌のうち、自分に関係ないものでも、私が読むかもしれないと、くださったのです。

bok1.jpg

中に何故か、幼稚園雑誌の付録があった・・・ 

bok2.jpg

「プリキュア」のロケットペンと、文字の練習帳。 夫の日本語の勉強に、役立てよう。

文芸誌を読みふけっていると、東京週間ガイド誌を手に持った夫が、おずおずと、「これなあに?」と聞いてくる。 広げられたページを見て、私も、ギョ!

・・・と、目をむいた、その理由は、開かれたページに、実写版、体位(黒と白のタイツ着ている人達がやってるんだけど)のリストが一面に! よく読んでみると、それは新年号の開運占い特集のひとつ「SEX占い」。 「風角占算」で相性をみるというもの。

冷静を装い「あ、これは、占いなのよ」と教えると、「そうなの? この雑誌、東京のレストランとかお店とかのガイド誌なんだな~、と思って見ていたら、いきなり、こんなページが出てきて、なに~~ってビックリした」。

私も、子供が読んでもおかしくない雑誌に、こんな事細かな記事が載っていて、いいのだろうか・・・とビックリしました。 

後日、雑誌をくださった先生に、夫が「妻が喜んでおりました」とお礼を言ったら、先生は「ところで、あの、雑誌の1冊に、これこれあんなページがあったでしょ? あれは一体なんだったの?」と聞いてきたそう。

やっぱり先生も、驚いて、気になっていたのね・・・

スウェーデンのこと、フリーセックスな国というけれど、日本の方がよっぽど! と、思う出来事でした。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

図解 セムラの食べ方

2007.02.07.
スウェーデンの信仰がカトリックだった時代、復活祭前の40日間、節食や断食を行っていましたが、その前の3日間、fastlagssöndagen, bullamåndagen, fettisdagen に、ご馳走を食べる風習がありました。 セムラは、そのときのご馳走のひとつ。 プロテスタントになってから、断食はしなくなりましたが、セムラだけは食べ続けるスウェーデン人・・・

セムラ(Semla、複数形は semlor)が、スウェーデン全土で通用する一般的な名称ですが、ここスコーネでは、Fastlagsbulle(ファストラーグスブッレ)と呼ぶのが伝統的。

ところで、夫が通う学校のカフェテリアでは、Fettisdagen(今年は2月20日)までの毎週火曜日、手作りセムラが5krで食べられるというではありませんでか。 相場は20kr前後なので、安い! それに、ここのカフェの料理はおいしいので、早速行ってきました。

ところで、セムラって、どうやって食べるのでしょう? 最初にセムラを目にしたとき、生クリームがたっぶり挟まった丸いパンを前に、途方に暮れました。 そんなふうに困らないよう、正しいセムラの食べ方を伝授いたします。

まず、パンの上に乗っている帽子部分を、指でつまみ持ち上げ、そのとき、クリームを帽子にちょっとすくって乗せ、口に運び、一口食べます。

eatsemla1.jpg

また帽子部分で、クリームをすくい、食べます。 最初に帽子部分を食べ終えます。

eatsemla2.jpg

次に、パンを親指と中指で挟んで持ち(別にどの指を使おうと自由です。 自分の持ちやすい方法で)、口に持っていきます。

eatsemla3.jpg

口をなるべく大きく開け、パンとクリームと、その間のアーモンドペーストを、いっぺんに食べるようにします。 というのも、パン自体には味がなく、クリーム自体は甘くなく、アーモンドペーストは甘いので、3つ一緒に口に入れないと、おいしくありません。

eatsemla4.jpg

バランスが難しいので(?)、お上品に食べるより、ハグハグハグっ~と、一気に食べてしまいます。

スウェーデン北部出身の、クラスメートが食べていた方法。 深皿に牛乳を注ぎます。 レンジでちょっと暖めます。 その中にセムラを入れます。 つまり、セムラを牛乳に浸し、ぐじゅぐじゅを、スプーンで食べる・・・

北の方では、このような食べ方をするらしいのですが、南の人にとっては「ぐぇ~」と思う食べ方です。

関連ページ 『セムラの作り方』 『セムラ』
『デンマークのセムラ Fastelavnsbollr』
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク