室内ブーツ

2006.11.27.
スウェーデンに戻ってきました。 まだ、時差ぼけで、夜は9時ごろ眠くなり、朝は4時に目が覚めてしまいますが、8時ぐらいにならないと、外は明るくなりません。 しかも、今日は日中も霧がかかったまま。 うちのボロアパートは、部屋の中があまり暖かくなく、体も足から冷えてきます。

しかし、私を迎えてくれたのは、寒さと暗さだけではありません。 こんな大きな室内履きが、私の帰宅を待っていました!

boot.jpg

私が夫に頼んで、ホガナスのマーケットで買っておいてくれたもの。

全て天然ウール。 微かに、羊毛の脂っぽい匂いがします。 内側も外側もモコモコのフェルト地で、二重になっています。 底部分の外側は、革。 足をすっぽり包み込み、でも、ブーツの中で、足の指は自由に動かせるので、きつくなく、温か。 エスプレッソコーヒーのような、色合いと模様も、視覚的に暖かさを増してくれます。 

難点は・・・ 歩いていると、床に落ちている、細かなゴミを吸ってしまいそう。

お値段は・・・ プレゼントなので、秘密だそう。 けっこうな値段はすると思うのですが、勘繰るのは無粋なので、ありがたく履きましょう。

とか言って、最初のうちは、もったいなくて履けず、「なんで、まだ古い室内ブーツ履いているのさ」と、夫に言われた。

でも、一度履いたら、この暖かさ。 脱げない~。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク