「おちゃ」と「おーちゃ」の違い

2012.08.12.
最初のうちは、日本語とスウェーデン語をごっちゃに口にしていた我が子。 そのうち、ママには日本語、パパにはスウェーデン語と、きちんと使い分けるようになった。 (そのうちまたごっちゃになったりして、まだムラがあるけど。)

あるとき、別の部屋から夫が「かえる、ゲコゲコ」と子供に言っている声が聞こえた。 しかし、子供は「groda」と素っ気なくスウェーデン語で返していた。 (日本語レベルが今のところ自分と同じ我が子に、やたら日本語を使いたがる夫だが、通用しないらしい。)

ある日、子供がママゴト用の小さなカップを私に持って来て「おちゃ、おちゃ」と言った。 本人はお茶を飲まないが、私たち親が緑茶を小さな湯のみで飲んでいるからかな。 微笑ましい。

今度は、そのカップを夫の方に持って行き「おーちゃ」。

あれ、なんか発音がおかしい、、、 さっきはきちんと「おちゃ」と発音してたのに。。。 

そこで思い当たったのは、もしかして「おちゃ」のスウェーデン語を知らなかったので、パパには「おーちゃ」とスウェーデン式の発音(アクセントとメロディ)で言っている!?

そういえば、一緒に乗り物の絵本を読んでいたとき、私がタイヤのことを「タイヤ(日本の発音)」と言っているのを聞いた義母が、マネしてタイヤの絵を指し「タイヤ」と言ったんだけど、その発音が「タイヤァ」と英語式だった。 すると子供は、私には「タイヤ」、義母には「タイヤァ」と違う発音で言うようになってしまった。 (スウェーデン語でタイヤは、däck なのだが。。。)

スウェーデン人同士の両親でも、ママはいわゆる標準語と言われるスウェーデン語を話すのだが、パパがスコーネ弁を話す家庭の5歳になる娘さんは、ママにはくせのないスウェーデン語の発音で、パパにはスコーネ弁の発音でと使い分けるのだそう。

本当に、発音は幼児のうちにが鍵なのね。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

そんな日本語、、、私が教えた

2012.08.21.
夫と子供がバスに乗っていたら、後ろの座席にお子様連れの日本人家族が座り、日本語で話していたそう。 うちの子は夫に、スウェーデン語でいろいろ言っていたけど、突然大きな声で「うんこ」。 (教えてくれるなら嬉しいのだが、何の脈拍もなく言ったり、路に落ちていたりすると口にする単語。)

それっきり、後ろの日本人家族は、黙ってしまったそうだ。。。

我が子はよく「クレヨンしんちゃん」の英語版(うちに1、2巻があり)、私に読めとせがむ。 2巻がお気に入りになようで、表紙の三輪車を「オートバイ」と言う。 (裏表紙には「SUGGESTED 13 UP」とあるのだが、いいのか!?)

Crayon ShinchanCrayon Shinchan
(2003/01)
Yoshito Usui、Sahe Kawahara 他

商品詳細を見る

ページを捲って適当に読んでいるが、いつしかしんちゃんと我が子がダブり、「しんちゃん、なんでこんなことするの!」「しんちゃーん、だめでしょ!」「おいこら、しーんちゃーん!!」と、声を荒立ててしまう。

ある日、夫と子供が電車に乗っていたら、突然子供が「しーんちゃん、しんちゃん!」と大声で言い始めたそうだ。 (思わず周りを見たが、日本人はいなかった。)

我が子の誕生祝いにいただいた、動物の絵が動く絵本。 一緒にその絵本を見ながら、その動物の絵に合う歌をうたってあげている。 中に鷲の絵があるんだけど、鷲の歌など知らなかったので、カラスということにして、『七つの子』をうたうことに。 

♪カラスなぜ鳴くの♪ しかし、全部うたうとなると、けっこう長いし、歌詞うろ覚えな箇所も。 なので、はしょって ♪カラスの勝ってでしょー♪ とうたってあげていた。

私と子供と駅で電車を待っていたときのこと、突然我が子が大声で ♪かぁーらーすー なぜなくのー からすのかってでしょー♪と歌いだすではないか。 (意味は分からないままでも、発音がしっかりしているのに驚き。 ♪ぶんぶんぶん、はちがとぶ♪ は、どうしても「はたちたぶー」になってしまうのに、、、)

ちょっと恥ずかしかったが、ここが日本の駅じゃなくて、良かった。。。 (母親の年代がバレるよねぇ。)



子供が赤ちゃんの頃、あやすのに、よくドリフの早口言葉も歌ってあげていました。 抱っこして揺すりながら、、、
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク