幼児連れで飛行機 スカンジナビア航空

2011.05.29.
出発前、スカンジナビア航空のコールセンターに、コペンハーゲン~成田間でベビーフードのオーダーをしてみたところ、私たちがチケットを取った格安航空券サイトとSASのシステムは違うから、SASのコンピューターでは手配できない、代理店の方に要請しろ、とのことでした。 

だめもとで、格安航空券サイトにメールで問い合わせをしてみたら、出発の前日にもかかわらず返事が来て、この代理店では149krでベビー用パック(座席とベビーフード)を用意しているが、それを今回特別に無料で手配してくれるという! SASからはまだ返事がないので確かではありませんが、今後もご贔屓にしてくださるよう、私どもからのサービスです、と。 おお、こんなこともあるのね!

果たして、SASの対応は・・・

成田への路線では、座席が直前に変更されていて、私たちはベビーパシネットが使える前方が壁になっている座席でした。 うちの子はもう1才過ぎているし、身長も80cm以上あるので使うのは無理だろと思ったが、「大丈夫よ」と設置してくれたところ、ギリギリ。

sas1.jpg

寝返りができず起き出したりするので、ここでグッスリ寝てもらうのは無理だったが、親の荷物置き場にもなるので重宝。

しかし、ベビーフードは出ず、おもちゃも何もくれなかった。

そうそう、コペンハーゲンから成田行きのフライトって、必ず遅延がありますが、今回はオンタイム! と思ったら、搭乗が終わってから45分も待たされた。 しかも、空調の調子が悪く、離陸するまで使用できないと、機内は蒸し風呂のように暑くなり、子供を抱えているのに勘弁してくれー、でした。 (この日は夏のように暑かったしね。)

帰路のコペンハーゲン行きでは、成田のチェックインのカウンターで「ベビーフードをご用意しております」と言われ、座席も行きと同じところ(テーブル出すとこがちょっと壊れていて汚い)で、パシネット付き。

離陸から大分経ってから、フライトアテンダントが小さなヌイグルミを持って来て、子供の顔の前で振ったりして、あやしてくれたんだけど・・・ このとき、私は子供に授乳中。 しかも、このアテンダントは男性だった。 なんで、今、ここに、わざわざ来たのだ? (夫は「どんなおっぱいか見に来たのかなぁ」と、冗談半分ちょっと不信そう。 もしかして、あの人は Gunvaldさんだったとか!?

sas2.jpg

さて、親達の食事は終わったが、赤ん坊の食事は一向に出てこない。 聞いてみたところ「そうなんですかぁ。 見てきますね」って、全然連絡いってないのか、要領得ていない応対。

「こんなものなんですけど」と持って来てくれたのは、離乳食の小瓶4個。 しかも「5ヶ月から」というペースト状のもの。 1才過ぎて歯も生えてきているので、これはもう食べたがらないだろ・・・ 

sas3.jpg

あとは(大人に出す)スナック用のパンをくれ、結局それを食べ、それだけじゃあ栄養がないので、瓶詰めの離乳食も口に押し込んで食べさせた。

ベビーフードは、紙の箱に入れて持ってきてくれたんだけど、夫がその中からつまみ出したのは「割り箸」。 これで食べさせろって?と思案気味の夫。 (その箱は、後で出る軽食用の紙容器だったので、付属品が入っていたのね。)

149kr(約2千円)支払って(私たちは払ってないけど)、このサービスって、どーなんでしょ。

それに、言えば行きの便でもベビーフード出してくれたのかも。 また、オーダーしなくても聞けばくれたのかも。 あまり意味なかったような。 でも、座席はありがたかったかな。

ちなみに、SASのホームページ(日本語版もスウェーデン語版も)を見ると、「ヨーロッパ路線・大陸間長距離路線のビジネスクラスまたはエコノミーエクストラをご予約頂いた場合、出発の24時間前までベビーミール/チャイルドミールのオーダーができます。」とあったのでした。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

2歳児と飛行機

2012.07.18.
おもちゃの飛行機で遊ぶのは好きだから、実際に飛行機に乗ったら喜ぶんじゃないかと思ったのは、浅はかであった。 0歳でドイツ(短距離)、1歳で日本(長距離)まで行ったときは特に問題なかったが、それはママの膝に乗っていたからであった。

2歳になると、ヨーロッパ線では子供料金を払い、座席を一つ確保することになる。 2歳になると、ここに一人で座らなくてはいけない。

座らせようとしたら、ものすごく抵抗して泣き叫び、夫と二人で必死にイスに押さえつけ、子供の叫びは機内中に響き渡り。。。 ようやくシートベルト解除のサインがでて、抱っこするとケロっとしたが。

しかし、2時間弱で着陸。 シートベルトのサインがでる。 CAに、抱っこしたままでもいいかと聞いたら、「2歳ならダメよ。 規則で決まっているから、シートに一人で座らせなさい」。

それが出来るなら、苦労しないよ。 再び、ぎゃーぎゃーわめき騒ぐ子供を夫と二人で座席に押さえつけるが、両手をバンザイ状態で突っぱね、両足ももピンと突っぱね、シートベルトはないも同然、イスからもするすると滑り落ちるのを、床に落ちないように大人が二人掛かりで支えよともがいている状態の方が、十分危険だと思うが。

lufthansa2012.jpg

帰りの便では、夫が行きでの状況をCAに説明すると、「そうねぇ。 だったら抱っこの方がいいかしら」と、あっさりベビー用シートベルトを渡してくれた。 (友人も言っていたが、客室乗務員によって、対応は異なるらしい。 絶対ダメと言う人と、臨機応変にしてくれる人。)

ママの膝に座って、パクパクお菓子を食べ、すっかりくつろぐ子供を見て、夫曰く「ママの膝の上が、この子にとってのファーストクラスだね」。

しっかし、疲れたー。 もう2歳児と一緒には、どこにも行かない! 観光なんて、まだ分からなくて楽しめず、しかし赤ちゃんの頃と違って動き回るは自己主張はするは、親にとっては日常より世話がかかる。 飛行機も、次に乗れるのは、いつになることやら。 日本へは当分行けないな。。。 
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク