リトアニアの友人から

2011.03.16.
心配しているだろうから連絡しておこうと思った矢先、リトアニアの友人から、日本の地震を心配するメールが届いた。

リトアニアの友人とは、18歳の頃から文通している、長~い付き合い。 (私は1994年と2001年に、彼女をリトアニアに訪ね、彼女たち家族のとこに滞在した。) 普段の交流は密でなくても、心はしっかり繫がっている親友。

「でも、なんで日本なの。。。 聡明で礼儀正しい国民で、高い文化と深い伝統を持った国が、このような災害に合わなくちゃいけないなんて、とってもアンフェアだわ!!」

無事を知らせると、すぐに返事がきた。

「原発は大丈夫かしら。。。 私たちリトアニア人も日本の人たちの助けとなるため、積極的に赤十字に参加しているからね」

バルト三国のひとつリトアニアは、大国の支配と侵略で苦渋を舐めてきた国。 私の友人も、自分達の国や言葉を否定されたソ連時代に生まれ育ち、1986年のチェルノブイリ原発事故を身近に体験し、1990年にソ連と闘って独立を手にした苦労人。 (私生活でも苦労が絶えないのだが・・・)

日本ではあまり知名度の高くない小国(本当に国の面積は小さい)の人たちも、心から日本を気にかけてくれている。 市民レベルでの思いやりは世界中に溢れているんだと、彼女の応援メッセージから感じるのでした。

kaunus1.jpg
友人の住む Kaunus, Lithuania の教会・・・だったかな?

追記: なかなか時間がとれないので、コメント欄を閉じていることも多いのですが、拍手メッセージをくださった方々、ありがとうございます。
海外のメディアはショッキングな報道をしがちな面もありますが、日本に住んでいる人たちは、停電や物資不足に耐えながら普段どおりに働き、被災地の方々に思いを馳せ募金などの活動をしていらしゃる。 そのような日本の人たちもまた、素晴らしいです。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

リトアニアの心温まる動物(家畜)たち

2011.04.08.
リトアニアの友人からのメッセージについて書いたとき、リトアニアで撮影した古いデジカメ映像を引っ張り出し、懐かしくて見入ってしまった。 そんなに数はなく、観光っぽくもない写真ばかりなのですが・・・ 子供と遊んでいたから、子供たちの写真ばかりだったり。

また、友人の友人の農家に行ったときの写真とか。 だから、動物たちも出てきた。 でも、これを見てたら心がほわっとトロけてしまいました。

litdjur1.jpg

生まれたばかりの赤ちゃん猫! んごー(鼻息)。 この子猫ちゃんを抱いているのは、小さな子供の手なのです。 だからホントに小さいの。 ブタ小屋の中にいたのですが、このブタ小屋が文字通り鼻が曲がるほど臭くて、それでも可愛い猫見たさに、何回もブタ小屋に行ってしまった。 

小屋の主、ブタさん。

litdjur2.jpg
私もまだ、こんな状態・・・

ウサギさんも沢山飼っていた。 食用か、毛皮用。

litdjur3.jpg

放牧されている乳牛。 自然の中で手絞りです。 

litdjur4.jpg

自分たち家族が飲む分だけ絞る。

litdjur5.jpg
私もまだ、搾取されています・・・

高い所に巣を作るコウノトリ。 リトアニア(と、ドイツ)の国鳥である White Stock (和名はシュバシコウだが、いわゆるコウノトリ)は、ヨーロッパでは幸運や赤ん坊を運ぶと言われています。

litdjur6.jpg

かれこれ10年前の写真になるのね。 距離的にはスウェーデンから近いリトアニア。 なのに、友人を再訪するのもままならず、年月が過ぎてしまった。 でも、近い将来、会いたいね。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク