悪人だけどイカ食いてぇ

2010.07.28.
友人が北欧旅行中に我が家へ寄ってくれ、膨大な量の本を寄贈してくださった。 海外生活では日本の文字、紙に印刷された活字に飢えるので、本当に嬉しい。 ありがとう~!

暑い夏の昼下がりは、麦茶片手に読書三昧。

中の一冊(文庫版だから上下2冊なんだけど)に『悪人 吉田修一』があった。 この小説は日本に里帰りしていたとき、当時某新聞に連載していたものを数週間分読んで、とても気になっていたもの。 そのことを知っていて、忍ばせてくれたんだ。 本当にありがとう~!

悪人(上) (朝日文庫)悪人(上) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る

もったいないからちょっとずつ読みたいと思うが、ページを捲る手は止まらない。 切なさを通り越したやるせなさが静かに心の中に沈んでくる。

悪人(下) (朝日文庫)悪人(下) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る

ふと、ページを捲る手が止まる。 ああ、この箇所を日本で読んだ。 そして、あのときも、同じことを思った・・・

「イカ食いてぇ」

主人公が、相思相愛になった女性を前に、自分が犯した罪を告白する。 場所は、海が見渡せるイカ料理の店。 白い皿に色鮮やかな海草とともに盛られた見事な生き造り。 のた打ち回るイカの脚が、殺人の独白にグロテスクさを醸し出す。

しかし私は、「脚やら残ったところは、あとで天ぷらか揚げにしますけんね」という給仕のおばさんのセリフに魅せられる。

「おいしそぅ」

私は、イカは刺身より焼いたり揚げたり干したりする方が好きかなぁ。 夫は、イカは特に刺身が好きみたいだけど、おつまみ系のイカはダメなんだよね。 臭いが耐えられないと。 

カルシウムと鉄分補給のため、私が「食べる煮干」を齧っていると飛び退るし。 やめられないとまらない某えびせんも、臭いが嫌だから食べられないことが判明。 (日本から送られて来る御菓子は仲良く半分こにしてるけど、これは私が独占できる!)

主人公達は、結局イカには手をつけず店を出る。 私の胸は重苦しくも、頭ではイカのことを考え、口には唾が湧く。

海外生活では常に日本の食べ物に飢えていますが、活字による描写はさらに想像力と食欲をかきたてられます。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

ゲイリー・ムーア R.I.P.

2011.02.06.
夫「がりーむーが亡くなったって・・・!」
私「えっ、誰?」
夫「Gary Moore
私「ああ、ゲイリー・ムーア! えっ、うそでしょ!?」

(カタカナで親しんだ人名は、英語発音で言われても咄嗟に分からない。)

スウェーデンの新聞のウェブサイトでは、トップ記事。 (ロニー・ジェイムス・ディオのときもそうだったけど、ロックミュージシャンの知名度はスウェーデンでは高く、取り扱いも大きい。) 

やはりHM&HR好きとしては、思い入れのある人でした。


(夜ヒットに出たことあるのね。 日本語訳詞が、すごいな・・・)
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク