Flickorna Lundgren スウェーデンで一番有名なカフェ

2007.08.04.
Kullaberg の麓には、小さな村が点在し、古い家が残っていますが、現在このような辺鄙な地域はサマーハウスとして使われているのがほとんど。
lundgren1.jpg

そんな場所に、スウェーデンでもっとも有名なカフェのひとつ、Flickorna Lundgren があります。 (スウェーデンの高級レストラン、有名カフェというものは、都市部ではなく、車がないと行けないような、辺鄙な田舎の絶景の場所にあるものなのです。)
lundgren2.jpg

Flickorna (フリッコナ)とは「女の子たち」という意味。 Lundgren (ルンドグレン)はスウェーデン人の苗字です。 ルンドグレン家の姉妹が、自分たちが住んでいた大きな古い農家(1732年に建てられたもの)を売り出す代わりに、カフェを始めたところ、たちまち人気が人気を呼ぶカフェになりました。 1938年のことです。
lundgren3.jpg

Kullaberg の地域は、古くからの避暑地だったので、そんなお金持ちのお客さんが多かったのでしょう。 実際私たちが行ったときも、お金に余裕のある中年の人たちや、昔を懐かしむお年寄りがほとんどでした。 また、このカフェを有名にしている理由ひとつは、前スウェーデン国王(現国王の祖父) Gustav VI Adolf 王が、避暑地であるソフィエロー城 (Sofiero) に滞在中は、毎年このカフェに何度か足を運び、一般の人たちに混じってフィーカ(コーヒータイム)を満喫してたというエピソード。 Gustav VI Adolf 王は、スウェーデン国民に深く愛された国王でした。

カフェコッテージ(スウェーデン語で、Kaffestuga と言います)は、建て増しされたり、一度火事にもあっているようですが、すぐに修復されました。 夏はお花も咲き乱れていて、かわいらしい!
lundgren4.jpg

コーヒーポットは昔ながらのブリキ製。 茶色いお皿やミルクポット等は、伝統的な形と模様の焼き物です。 昔、農家の人たちが使っていた一般的な食器。 このカフェの名物でもある、バニラハート (vaniljhjärtan) は、Gustav VI Adolf 王のお気に入りでもあったそう。 ちなみに、ここのコーヒーは高いです。 普通のカフェに比べたら、桁違いに高いです。 (私が支払ったわけではないので、実際いくらか知りませんが。)
lundgren5.jpg

敷地は広く、温室カフェがあり、動物たちもいます。 裏には立派なヤギも。 絵になっていますなぁ~。 大人たちがコーヒーとお喋りを楽しんでいる間、子供たちは動物たちに触れ合い、遊べるようにとの配慮から。
lundgren6.jpg

カフェが空いているのは、夏の間、4月末から9月はじめまで。 でもクリスマス期間には、特別開かれ、伝統的なクリスマスのお菓子が出されるそう。 何よりも伝統的な田舎のクリスマスの雰囲気が楽しめそうで、ぜひ行ってみたいものです。
lundgren8.jpg

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

手芸と手作りケーキ Landskorna Citadell にて

2008.08.01.
Landskrona (ランドスクローナ)にあるCitadell(城、とりで)の、外堀に架かる橋を渡ると、目の前には黄色い家があり、矢印の札が道案内。 

citadelcafe1.jpg

城の周りの堀では、魚釣りをすることもできます(有料)。

citadelcafe2.jpg

Citadell の敷地内には、古い大きな家も点在し、オフィスなどに使われているよう。 この家の前は、ピンクのバラがかわいらしく、わぁ~と近づくと、犬に吠えられる! すっごく吠える犬がいるのよ~。 ドアがちょっと開いていて、すのこ(?)が立てかけてある、その上から、顔出しているでしょ~。

citadelcafe8.jpg

ハーブや花を育てているガーデンもあり、その向こうに見える家は、ハンドメイドのお店兼カフェ。  

citadelcafe3.jpg

Hemslöjdsbutiken (手芸のお店)という、ハンドクラフトの同好会が開いているお店で、普段は手芸品の販売のみですが、夏の間はカフェも開き、手作りのケーキやクッキーでフィーカを楽しめます。

citadelcafe4.jpg

この日のケーキは、スポンジケーキの上にラズベリーのジャムを塗り、バターと砂糖で固めたオートミールを上に散らしたもの。 シンプルでおいしい!

citadelcafe5.jpg

窓の外のシンプルな風景にも、心から寛げます。

citadelcafe6.jpg

敷地内には、山羊や羊も飼育されていて、動物と戯れることも。 ただ、柵の外に生えている葉っぱをむしって、柵の外からあげるだけだけど。 でも、喜んで寄って来てくれるので、ひたすら、むしってあげるを、繰り返すのでした。

citadelcafe7.jpg

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク