スウェーデン、スコーネ地方の民族衣装

2007.06.25.
メイポール (majstången) の下で、民族衣装を着た人々がフォークダンスを踊っている・・・ 典型的なスウェーデンの夏至祭前夜 (Midsommarafton)の光景です。 (その様子は、昨年の記事「Midsommar」、および『北欧ガーデン』の「夏至祭」でも。)

夏至祭で夫の実家に行ったとき、押入れをごそごそ。 (いつも夫が使っていた部屋に泊まるので、そこのガードロープには私の私物も置いてある。) 取り出しましたのは、じゃーん、私のスウェーデン、正確にはスコーネ地方の、民族衣装です! 正式には、スカートの上に長いエプロンを付けます。

folkcos1.jpg

実は、私の花嫁衣裳であります。 義母による手縫いのハンドメイド品。 夫の家族は、昔フォークダンスを長いことしていたので、それぞれ民族衣装を持っていますし、義母は今では数少ない、民族衣装の仕立てができる人。

スウェーデンの教会で挙げた結婚式には、白いウェディングドレスではなく、ぜひ民族衣装を着たいという私の希望で、義母が一式縫ってくれたものです。 新しい布地から、伝統的な製法(つまり手縫い)で作るとなると、一式30万~50万円はします。 (私の場合仕立て料は無料で、布地もスカート以外はリフォーム。) こちらは裏側。

folkcos2.jpg

民族衣装なら、結婚式のときだけなく、一生着れるから・・・ と思ったのですが、結婚式以来着ていないなぁ。 だいたい取り出したら、重くて重くて、これ着てダンスなんて踊れません! (スカートは、フェルト地。)

でもせっかくなので、このスコーネ地方の民族衣装について、ちょっとご紹介したいと思います。

追記
日本の着物と同様に、スウェーデンで民族衣装は、正式な、公式な場で着れる正装となります。

スウェーデンの王妃や女王が着ている、またお土産としても売られている、青と黄色(スウェーデンの国旗の色)に白い花の刺繍が付いている民族衣装。 あれはスウェーデン全土の国民が着れるようにと、でっちあげ・・・ もとい、後に作られたもので、伝統的な民族衣装ではありません。

本物の民族衣装は、地域ごとに特色があり、異なります。 また、全て手縫いでないと、正式な伝統的な民族衣装と認められないそう。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

民族衣装 シフトドレス

2007.06.27.
民族衣装の一番下に身につけるのは、ブラウスとスカート下の部分が一緒になった「シフトドレス」。 リネン(亜麻布)製。 布地の質も大切で、必ず100%麻、綿、毛、絹でないといけませんし、ナイロン等が混じった糸を使うことも禁じられています。

folkcos3.jpg

シフトドレスの胸の部分には、3文字のイニシャルと年号が刺繍されます。 左から「服の持ち主のイニシャル」、「その父親のイニシャル」、DかS。 D なら娘 (dotter) で、S なら息子 (son) という意味になります。 年号は、その服が縫われた年。

folkcos4.jpg

全て手縫い。 縫い方、刺繍の仕方にはそれぞれ名があり、正式な方法で縫わないといけません。

folkcos5.jpg

縫い目も飾りの一部なので、細かく真直ぐ、見た目きれいに縫わなくてはいけません。 私も真直ぐ縫うだけの、一番簡単な部分は自分で縫いましたが・・・ ひだを寄せたり、布の糸目を数えて縫い絞ったりは、義母の手によるものです。 本当に細かい手作業!

もちろん、ミシンで縫えば早いし、ミシン縫いで仕立てた民族衣装も多く出回っているよう。 そのようなものは値段が安いです。 新聞の「売ります」欄で、ときどき民族衣装も売りに出されていますが、値段で正式なものか否かが分かります。 義母は頼まれ、中古の民族衣装の見積もりもしますが、形がちょっとでも違ったり、一部でもミシンが使われていると、価値がなくなってしまうとか。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク