ドイツ〜デンマーク フェリーに乗る電車

2015.10.08.
金曜の朝、コペンハーゲン中央駅、ドイツのハンブルクに向う9時43分発のICEが到着。

icedanmark1.jpg

その前に、まだ時間があったので中央駅に入っている有名でおいしいケーキ&ベーカリーのお店(lagkagehuset)で朝食を買ったら、子供には無料でぶどうパンのおまけをしてくれました。 こーゆーとこ、スウェーデンでは、なかなかない。

しかし、到着したICEを見てガックリ。 ドイツ鉄道(DB)ではなく、デンマーク鉄道(DSB)が運営する列車なのね〜。 DBのホームページで、子供向けサービスの確認をした私。 お子様は特典の付いた子供用切符が貰え、食堂車ではオモチャやチョコエッグも付いているチャイルドランチボックスが買えるというので、とても楽しみにしていたのに〜。(←子供ではなくて、私が。) そんな子供向けサービスは、デンマークの列車にはないのでした。

指定した座席はテーブルがついた4つの席が向かい合わせのところ。 座席は大きめですが、けっこう擦り切れボロッって感じ。 金曜だからか、ほぼ満席。 私たちのチケットは日時を指定しネットで購入しプリントアウトしたものですが、多くの乗客は周遊券のようなチケットを持っているよう。

コペンハーゲンからシェラン島を横断し、途中4つの駅に停まり、12時36分に Rødby に到着。 ここからフェリーに乗り、ドイツへ渡ります。

列車はフェリーの中に入り、乗客は全員降り、約45分間の船旅を楽しむこととなります。

icedanmark2.jpg

列車が丸ごと入るくらいなので、フェリーは相当大きいです。 幼少の頃、避暑で千葉の房総半島に行ったときに乗ったフェリーとは、規模が違います。 このデンマーク〜ドイツ間はひっきりなしにフェリーが行き来していますが、電車が乗ることができるのは1日6本ほどだとか。 なので、このルートの本数、あまり多くありません。

icedanmark3.jpg

向こう岸は、ドイツの Puttgarden。 12時42分、再び陸地を発車。 途中 Oldenburg(Holst)という駅で停車し、次はもう13時37分にはリューベックに到着。 約4時間の電車+船の旅でした。 この列車はこの後、ハンブルクへ向います。

私たちはリューベックからキールへ向う14時06分発のローカル列車に。 ガタンゴトンといくつもの駅に停まるのですが、このルートは湖と森が続き、けっこうな観光地のよう。 車窓からの景色も、とてもきれい。 15時15分、終点のキールに到着。

従妹が子供二人連れて、迎えに来てくれていました。

3泊4日を共に過ごし、月曜のお昼に、同じルートを逆方向で帰ります。 リューベックからは14時06分発のICEでコペンハーゲンへ。 

行きは始発でしたが、この列車はハンブルクの先、ベルリンが始発。 それゆえ、車内は既に満員、ゴミが散らかり汚い(臭う)、そして乗客の半数は難民として北欧へ向う人たち。 覚悟はしていましたが、案の定、私たちの予約席には先客がいて退くのをちょっとゴネたり。

列車はフェリーに乗り、私たちは船内でドイツソーセージの食事を取り、夫は免税店でちょっと買物(スウェーデンの半額)。 列車に戻り、船はデンマークに到着。

icedanmark4.jpg

そして、ここの駅で、デンマーク警察が乗って来ます。 全員のパスポートを調べるわけではなく、明らかに難民という風貌(主にシリアやアフガニスタンから)の人たちだけに、英語で「どこから来た? ナショナリティは? どこへ行く?」と聞いています。 ほとんどはスウェーデンに行くという答え。 (目的地がデンマークだった場合、ここで降りて難民としての手続きをしなくてはいけない。)

あきらかに北欧人とあきらかに東アジア人とあきらかにハーフの風貌の私たちには、ただニヤニヤと一瞥し通り過ぎようとしたけれど、夫が自ら「スウェーデンから来ました。 スウェーデンへ帰ります」とスウェーデン語で申告。

その後問題なく、列車は走り出し、定刻通り(18時13分)コペンハーゲンに着きました。 

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク