「おちゃ」と「おーちゃ」の違い

2012.08.12.
最初のうちは、日本語とスウェーデン語をごっちゃに口にしていた我が子。 そのうち、ママには日本語、パパにはスウェーデン語と、きちんと使い分けるようになった。 (そのうちまたごっちゃになったりして、まだムラがあるけど。)

あるとき、別の部屋から夫が「かえる、ゲコゲコ」と子供に言っている声が聞こえた。 しかし、子供は「groda」と素っ気なくスウェーデン語で返していた。 (日本語レベルが今のところ自分と同じ我が子に、やたら日本語を使いたがる夫だが、通用しないらしい。)

ある日、子供がママゴト用の小さなカップを私に持って来て「おちゃ、おちゃ」と言った。 本人はお茶を飲まないが、私たち親が緑茶を小さな湯のみで飲んでいるからかな。 微笑ましい。

今度は、そのカップを夫の方に持って行き「おーちゃ」。

あれ、なんか発音がおかしい、、、 さっきはきちんと「おちゃ」と発音してたのに。。。 

そこで思い当たったのは、もしかして「おちゃ」のスウェーデン語を知らなかったので、パパには「おーちゃ」とスウェーデン式の発音(アクセントとメロディ)で言っている!?

そういえば、一緒に乗り物の絵本を読んでいたとき、私がタイヤのことを「タイヤ(日本の発音)」と言っているのを聞いた義母が、マネしてタイヤの絵を指し「タイヤ」と言ったんだけど、その発音が「タイヤァ」と英語式だった。 すると子供は、私には「タイヤ」、義母には「タイヤァ」と違う発音で言うようになってしまった。 (スウェーデン語でタイヤは、däck なのだが。。。)

スウェーデン人同士の両親でも、ママはいわゆる標準語と言われるスウェーデン語を話すのだが、パパがスコーネ弁を話す家庭の5歳になる娘さんは、ママにはくせのないスウェーデン語の発音で、パパにはスコーネ弁の発音でと使い分けるのだそう。

本当に、発音は幼児のうちにが鍵なのね。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク