地図帳のスウェーデン人

2009.01.31.
中学か高校の頃使っていた地図帳を、今だ愛用しています。 現在の地図には存在しない国名ばかりだろうが、国境が異なっていようが、いーんです、地形までは変わってないので。 (上には上がいて、義母なんて世界地図というと、彼女が小学校で使っていた地図帳を持ち出してきます。)

スウェーデンくんだりまで持ってきたこの地図帳、地図だけでなくいろいろな資料も付いていて、ペラペラめくっていたとき、ふと目に入ったのは・・・

世界の人々
写真に民族名と国名が記されているのですが、

karta1.jpg

インド・パキスタン人(インド)
中国人(中国)
ヌバ族(スーダン)
クルド人(イラク)
エスキモー(アラスカ)
ピグミー(ザイール)
スウェーデン人(スウェーデン)
インディオ(ペルー)
アボリジニー(ニューヘブリデス)

写して書くのもはばかれる、今では使用されていない名称の羅列。 そして、注目はもちろん、スウェーデン人(スウェーデン)

何故にスウェーデン人は、このリストに入ってしまったのか。 誰が何を基準にスウェーデン人を選び地図帳に載せたのか。

夫「もちろん、メジャーな民族だからでしょ」
私「どこがっ、ここに載ってるのマイナー民族ばかりじゃん」
夫「中国人はマイナーじゃないよ」

スウェーデン人がこんなとこに載っているのは、私にとって、まったく笑いの種でしかありません。

夫「この写真は、それぞれの民族の特徴を捉えているわけね。 中国人は集団で手を叩き、インディオは道端で物を売り、スウェーデン人は民族衣装着て・・・ なんで民族衣装を・・・(声が情けなくなる)」

karta2.jpg

私「外でフィーカ(※)してるよ! まったく特徴捉えているね(笑いが止まらない)。」
(※ fika コーヒー飲んでお茶菓子食べること。 このフィーカなくしてスウェーデン人は1日を過ごせません。)

私「お義母さんのアルバムに貼ってありそうな写真だね。 (彼の家族はフォークダンスをしていたので、民族衣装姿の写真がたくさんある。) もしかして、この菓子食ってるガキ、キミじゃありませんか?」
夫「この本が出版された頃は、まだ生まれてませんでした!」(←生まれています!)

しかし、このンン~年前の日本の地図帳に載っているスウェーデン人、どなたですか? 

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

民族衣裳 エプロン

2007.07.01.
民族衣装のスカートの上には、色鮮やかなエプロンを身に付けます。 夫の、母方の祖母(mormor) が使っていたものを、2種類いただきました。

folkcos8.jpg

白いエプロンはフォーマル用で、mormorの手により刺繍が施されています。 結婚式には、この白いエプロンを付けました。

folkcos9.jpg

通常身に付ける、カラフルなエプロンは、ハタオリ機で織ったもの。 こちらも mormor のお手製です。

folkcos10.jpg

エプロンのヒモの部分も、手織り

Mormor は若い頃、機織の工場で働いていて、機織が大好きだったそう。 特に、布のデザインに関る部分、糸のセッティングが得意だったとか。 それは一番難しく、根気がいる仕事なのに!

スモーランドのBさんのようなハタオリ機を、mormor もスモーランドのサマーハウスに持っていて、織るのを楽しみにしていたけれど、年を取って目が悪くなってからは機織が困難になり、それをとても悲しんでいたそうです。

Mormor は、私がスウェーデンに来る数年前に亡くなったので、会うことはありませんでした。 でもいつも、夫の家族から mormor の話を聞いて、手作りと自然が好きだった mormor に会って、いろんなことを教えていただきたかったなぁ、と思うのです。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク